【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

バリ島ダイビングのベストシーズンって何時?

目次

年間を通してダイビングを楽しめるのが、バリ島ダイビングの魅力

bali diving sites map

せっかくダイビングに行くなら「バリ島のベストシーズン」でダイビングを楽しみたいですよね!

バリの魅力は全てのダイビングポイントで、一年中ダイビングを楽しむことができること。

季節によって、気温、水温、水中の特徴も変わってきます。
なので、バリのベストシーズンは個人の興味によっても変わってきますね

バリ島は大きく分けて、乾季(4月~10月)と雨季(11月~3月)の2シーズン

乾季と雨季、それぞれ違った特徴があるので見てみましょう!

乾季(4月~10月)

ヌサペニダでマンボウが見られる季節です。

どのダイビングスポットも大波の影響を受けなければ透明度がアップし、ワイド系が楽しい季節です!

ただし、水温がかなり下がるダイビングスポットもあります。
水温はダイブサイトによってかなりのバラつきがあるので事前にチェックして下さい(20度前後~29度)。

また、風の影響を受けるダイビングスポットもあります。

水温がかなり下がるダイビングポイントの代表はヌサペニダ周辺にあるクリスタルベイ、ブルーコーナー、マンタポイントです。水温が20度を下回る時もあるので水中での防寒対策が必要です。
ギリ・テペコン&ミンパンやパダンバイも日によって水温が下りいます。

この時期でも比較的水温が安定して高めなのがトランベン、アメッド、ヌサペニダの北側(ダイビングスポットSDやPED)、ムンジャンガン、プリジャティです。ただし、8月、9月辺りのムンジャンガン、プリジャティは風の影響を受けやすくなります。

【バリの主なダイビング・スポット】

雨季(11月~3月)

幼魚の季節!透明度は若干下がりますが、水温アップし水中は穏やか。じっくり楽しめます!

雨季は透明度は若干さがりますが、風が少なく海は穏やかです。水温もどこも平均して28度~30度と上がってきます

★ バリ島はオールシーズン、マクロもワイドも楽しめまが、雨季の真っ最中(1月~3月)は幼魚の季節で幼魚系のマクロが楽しめます。注意点としては、毎年1月後半から2月のアメッド(マクロサイト)は波が高くなる場合もあります。

バリ島ダイビング「おススメ穴場シーズン」

マンボウ狙いのダイバーでなければ、日本のゴールデンウィーク前か直後がねらい目で穴場のシーズンだと思います。
この時期はバリ島のどのダイビングスポットも海峡が良く安定しています。季節の変わり目で、ワイドもマクロも楽しめます。そして、航空券が安い!

バリ島で大人気「マンボウ・ダイビング」シーズン

マンボウ バリ

バリ島の「マンボウ」シーズンは乾季7月~10月
この時期は世界中からダイバー達が集まってきます!

マンボウの遭遇率が高いのがヌサペニダ周辺。特にクリスタル、ブルーコーナーです。また、テペコンもマンボウ遭遇率の比較的高いダイビングポイントです。

マンボウが現れる確率が高いのは水温が低く(20度以下になる場合もあります)、大潮周辺日と言われます。

「マンタ」が見たい!

バリ島 ヌサペニダ マンタポイント

バリ島、ヌサペニダにはマンタのクリーニングポイントがあり、オールシーズン「マンタ」を見ることが出来ます。

 

目次
閉じる