バリ島でレスキュー・ダイバー・コースに挑戦!

レスキュー・ダイバー・コースは「挑戦」と「やりがい」がつまってる!

アドバンス・ダイバー(AOW)だけど、ダイビングの経験本数が少ない。それでも、意識高いダイバーの方ならレスキュー・ダイバー・コースを受講する価値は十分あります!

レスキュー・ダイバー・コース(RED)はダイビングのプロを目指す人のみならず、ダイバー全員に大切なコースだからです

このコースを受講することで、自分自信の安全意識と、他のダイバーを気遣う気持ちが高まるでしょう。

そして何より、

ダイバーとして大きな自信がつくでしょう!

今回参加されたNさんのように・・・

バリ島レスキューダイバーコース

それでは、以下の内容と、今回コースに参加されたNさんの細かな講習内容を紹介します!

レスキューコースの参加前条件 

コースで学ぶこと 

EFR+レスキュー・ダイバー・コース(3日間)の詳細

レスキュー・ダイバーコースに参加するには:

  • レスキュー・ダイバー・コースはPADIアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー(AOW)以上
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)プログラムを修了している

◊EFRプログラムに関しては、ほとんどの方が修了していないので、レスキュー・ダイバー・コースとセットで受講します。

◊PADI参加基準以外に大切なのが中性浮力です。(中性浮力に不安のある方はお問い合わせ下さい)

 

レスキュー・ダイバー・コースでは大きく以下の知識とスキルを習得していきます:

  • トラブルを未然に防ぐ能力
  • チョットしたトラブルが発生しても直ぐに対処できる知識とスキル
  • 万が一アクシデントが発生した時の為の対応方法を見に付ける

√EFRプログラム+REDコース(3日間):今回参加されたNさんの例をご紹介:

Day 1:終日MAX DIVEのクラスルームでEFRプログラムとレスキューコースの学科

初日からやることが盛りだくさんあるので、初日はクラスルームで長~い1日になります!

① EFRプログラム

まずは、ビデオを見て実践

② レスキュー・ダイバー・コース

コースのビデオを見る

③ 知識開発&テスト

事前学習したナレッジリビューのおさらいとテスト

バリ島EFRコース
バリ島EFRコース

EFRプログラム

EFRプログラムでは、①一次ケア(CPR)で生命に関わる緊急事態に対応するための手順と技術を学びます。②二次ケアでは生命にかかわるような状態でない患者の応急処置を施す方法を学びます。

まずはビデオを見て、以下(一次ケアと二次ケアの内容)を実際の現場を想定したシナリオを作りデモンストレーションします。

一次ケア(CPR)の内容

一次ケア: 実際の現場を想定したシナリオを作り、以下の内容を学びデモンストレーション

  • 現場の評価(事故現場での対応法)
  • バリアの使用法(手袋、マスクなど)
  • 患者の意識の確認方法
  • 反応のある患者の対応方
  • 反応はないが正常に呼吸をしている患者への対応法
  • 反応がなく正常に呼吸をしていない患者への対応法
  • 正常に呼吸をしていない患者に対しては、デモの人形を使い、CPR(心拍蘇生法・胸部圧迫)の仕方をレスキュー呼吸と合わせて練習
  • AEDの使用方法
  • 軌道が閉塞した患者を助ける方法
  • 緊急時における酸素の使い方

二次ケアの内容

二次ケア:実際にケガや気分が悪い人と遭遇したと現場を想定したシナリオを作り、以下の内容を学びでモンストレーション

  • ケガの評価
  • 病気の評価
  • 包帯の使い方
  • 骨折と脱臼の場合のふ副木の使い方

レスキュー・ダイバー・コース学課

EFRプログラム終了後、レスキューコースの学科に進みます。

まずは、コースのビデオを見て、明日からオープン・ウォーターで練習するスキルの説明を聞きます。
その後、学科部分のナレッジリビュー(事前学習)の部分を見直し、ファイナルテストです。

Nさんの場合、完璧に事前学習をこなし、ファイナルテストも一発で合格
とってもヤル気があり、前向き!

こうなると、こちらもトレーニングにも力が入ります!

今日は朝9時頃から開始し、途中休憩やランチタイムを挟みながら、スムーズに進んで修了したのは午後6時頃。
初日はクラスルームで缶詰。大変だったけど、実りある一日だったと思います。

Day 2:レスキュー・コース|サヌールのビギナーズポイントでスキルトレーニング

太陽の日差しがギンギンのサヌール、スマワンビーチ。

ビギナーズポイントまではジュクン(バリの伝統的な木製ボート)で10分程度。

アグン山(バリで一番高い山)も見えました!

ポイントに到着すると、近くでダイビング・インストラクターを目指(IDC)メンバー達がレスキューの練習をしてた~。

海で以下の課題に挑戦!体力も気力もMAX

セルフレスキュー:足のつりを直したり、バックアップ空気源の使用を復習。

疲労ダイバー:水面でパニックは起こしていないが、疲れてしまっているダイバーをアシスト。

ひや~、だんだん流れがでてきた~

流れの中、疲労ダイバーをボートまで曳航するのは、かなりの体力を消耗するよ。

Nさん、見た感じ余裕でしたたが、本人はかなり必死だった見たいです。

パニック・ダイバー:水面でパニックを起こしているダイバーをアシストする。

パニックダイバー役は「これでもか!」と言うぐらい思いっきり役を演じてましたが、Nさん、かなり落ち着いて対処できてました。

水中でトラブルに遭遇しているダイバー:疲労ダイバーの対応や、エア切れダイバー対処(エアを分け合い、一緒にコントロールしんがら浮上)
1分間に18メートル以下の速度で浮上し、レギュレーターはくわえたままにし、絶対に息を止めない

ストレスのかかった講習中に行うのは、簡単ではない。

水中で反応のないダイバーを浮上させる:コントロールされたプラス浮力を利用して、反応のないダイバー(事故者)を浮上させる。

難しいスキルですが、浮上速度も良く、一発でパス。本人は楽々できてしまったので、「これでいいのかな?」って思っていたようです。

ここまできたら、さらに流れが強くなってきたので、今日のトレーニングはここまで。

バリ島レスキューダイバーコース
バリ島レスキューダイバーコース

ビーチに戻り、ランチを食べて修了!
なんだか、清々しい気分

Day3: レスキューコース|パダンバイでレスキュートレーニングとシナリオの練習

3日目はMAX DIVEがあるサヌールから車で約1時間の場所にあるパダンバイへ行ってきました。

ここはバリでは珍しく、水底が白砂。

太陽の光が差し込むととってもキレイなんです。

今日のパダンバイ、コンディション最高です!

まずは、

陸でコンパスの練習と、ビーチでトラブルを起こしているダイバーを浜へ引き上げるスキルの練習

 

②水面で反応がないダイバーにアプローチ:

  • 浮力を確保しながら助けを呼び、ダイバーを仰向けにする
  • ダイバーのマスクとレギュレーターを外し、気道を確保して呼吸を確認する
  • マウス・トゥ・ポケットマスクでレスキュー呼吸
  • レスキュー呼吸を続けながら、事故者と自分の器材を取り外しながら、ボートへ向かってダイバーを曳行

思いっきりフィンキックをして、事故者の顔が水中に沈まないように注意しながらレスキュー呼吸だよ~。

これだけでも、結構きつい。

その上、器材を外しながら、曳航。

Nさん、ボートまでの距離を数回往復。

行方不明ダイバーの捜索と事故者ダイバーを浮上させる水中でコンパスを使用して、行方不明ダイバーを捜索し、反応のない事故者ダイバーをコントロールされたプラス浮力を利用して浮上させる。

昨日は上手くできたのに、今日は浮上速度を考え過ぎてしまい、少し手こずってしまいました。

(でも、ゆっくり浮上させていることは大切で、最悪なのは急浮上してしまうことです。)

そして、もう一度、水面でレスキュー呼吸をしながら事故者を曳航

Nさん(救助者)のフィンのストラップが外れそうになってしましました

こうなったら、まず自分のフィンをしっかり装着しなおし、引き続き曳航しましょう

仮に救助者のフィンが外れてしまあったら、事故者を曳航するどころではなくなってしまいますかなね。

④ボートに着いたら、反応のない事故者をボートまで引き上げます。
体力のあるNさん、お見事でした!

バリ島レスキューダイバーコース

コース修了後は、少しだけファンダイブ

パダンバイのダイビングスポット、ジュプンの水底には小さな船が沈んでいたり、仏像が置いてあったりするんです。

そして水中には、ミツボシスズメダイ、大きなウツボムスジコショウダイヤッコエイ、丸まったイソギンチャクの上にハナビラクマノミ、ダイバー達のアイドル、カクレクマノミ(ニモ)などなど・・・・水中はとってもカラフルでした!

バリ島レスキューダイバーコース

祝・レスキューダイバー!

全てのコースを通し、Nさんのダイビングに対する真剣な思いと、前向きな姿勢に感銘しました。
普段忙しいく、なかなかダイビングへ行く機会もないようですが、一本一本意識しながらダイビングをされている様子がよく伝わってきました。

 ただ単に本数だけ多く、サンゴをフィンでバシバシ蹴っ飛ばしているダイバー達をたまに見かける 中、Nさんのように、器材の取り扱い、潜行、中性浮力、浮上速度など、毎ダイブ意識しながらダイビングすることの大切さを改めて感じました。

Nさん、コースを通しスキルもメンタルも一歩前進しましたね。
ご家族でダイビングを楽しみ日が楽しみですね!
また遊びに来て下さい!

レスキュー・ダイバー・コースに挑戦してみませんか!

バリ島PADIアドバンス・ダイバーコース

アドバンスダイバーになろう!

PADIオープン・ウォーターダイバーコースでダイビングを安全に楽しむ為の基本知識とスキルを学び、その後、ファンダイビングに参加すると、「もっと水中世界を探検してみたいって」思いますよね。

他のタイバー達と一緒に水深18メートル以上の世界を探検してみたい。
中性浮力をとって水中を自由自在に動いて見たい!
水中カメラも使って見たい・・・などなど・・・

アドバンス・ダイバーコースは『もっと自由にダイビングを楽しみたい!』ダイバーに必要不可欠のコースです。

アドバンス・ダイバーになるメリット

アドバンスダイバーになる最大のメリットは、世界中にあるほぼ全てのダイビングスポットでダイビングを楽しむことが出来るようになること。

オープン・ウォーターダイバーだと、最大深度18メートルまでと制限されますが、アドバンスダイバーになると最大深度30メートルまでの水中世界を楽しむことが出来るようになります。

通常、『ファンダイブ』というと18メートルより深く潜る場合が多い為、アドバンス・ダイバーになると、深度制限なくファンダイビングを楽しむことが出来ます

また、ダイビングスポットによっては、ファンダイビング参加時に「アドバンス・ライセンス以上~」と制限がある場合もあります。例えば、バリ島で人気のマンボウ・ダイビングはアドバンス・ダイバー以上。且つ、最低でも50本以上経験がありスムーズな潜行と中性浮力に問題のないダイバーの方からの参加となります。

アドバンスコースを終了したからって、直ぐに理想のダイビングが出来るようになるかは個人差がありますが、PADIアドバンス・オープン・ウォーターライセンスは、これから先、世界のいろいろな海でダイビングを楽しみたいダイバーの最強のパスポートとなることは間違いありません!

水中を自由自在に泳ぎまわったり、水中写真をとったり、気持ち良く流れに乗ってダイビングを楽しんで見たいですよね!

バリ島でアドバンス・ダイバーになる!

楽しみながら取得できるのが、アドバンス・ダイバーコースいいところ。

コースでは、①ディープ・ダイブ(必)、②水中ナビゲーション(必)の他に24種類あるアドベンチャーから3つのアドベンチャーダイブを選択し、2日間に分けて、5ダイブ行います。

今回バリ島でアドバンスコースに参加されたお2人は、ディープ・ダイブ水中ナビゲーションの他に、レック・ダイブPPB(中性浮力)ボートダイビングを選択。

初日は、パダンバイで講習
陸上で水中・ナビゲーションの練習。同じことを水中で練習する予定が、浅場の透明度が悪過ぎて(5m以下)断念。
アドバンス・コース初日はボート・ダイブ、ディープ・ダイブ、PPBの練習。

透明度が悪く、流れもあったので、かなり過酷な条件で練習する事になってしまいましが、はぐれる事なく、落ち着いてコースを勧める事ができました。

穏やかで透明度も良い海で講習するは楽しいけど、今日みたいな悪条件での講習は、講習内容以上に学ぶ事が沢山あったのでないかと思います。

2日目はトランベンで講習
トランベンでは、レック・ダイブ、水中ナビゲーション、そして引き続きPPB(中性浮力)の練習。
レック(沈船)ダイビングの楽しみ方や注意点などを学んだら、いざダビング!
トランベンにはバリ島を代表するレック・ポイント(沈船ポイント)があるんです!

バリ島PADIアドバンスコース

沈没船、リバティー号の周りや中を探検します。

全長120メートルあるリバティー号は形さえ崩れてしまってますが、所々にハンドルやアンカーなどを見る事が出来ます。

バリ島トランベン沈船
バリ島トランべ、ツバメウオ

50年以上トランベンの海に沈んでいるリバティー号の周りはソフトコーラルで埋め尽くされ、沢山の魚達の住みかになっているんですよ。

バリ島PADIアドバンスコース

中性浮力はダイビングで一番大切と言っても過言ではないです。
アドバンスコース中は、何度でも繰り返し練習します。

バリ島PADIアドバンスコース,水中ナビゲーション

水中ナビゲーション。透明度が悪く、かなり悪条件での練習となってしまいましが、陸上で練習した通りしっかり出来ました。

バリ島とらんべん、タテジマキンチャクダイ,emperor angelfish

水中ナビゲーションの練習の後は、中性浮力を意識しながら、ドロップオフでダイビング。

中性浮力の練習はアドバンスコースを通して、何度でも練習します。

中性浮力が取れるようになると、ダイビングが100倍以上楽しくなるんです。
また、サンゴを蹴らない、砂を巻き上げない、など、環境に優しいダイバーになる為に最重要なスキルでもあります。

この2日間、1つ1つのスキルや水中環境を意識しながらダイビングする事で、ダイバーとして大きな変化があったと思います

フィートファーストで潜行した時に、水底で尻もちをついたり、フィンでサンゴを蹴ったりする事もなくなりました。
ダイビングの最後の方で浮き気味になってしまうのも解決。流れがある中でも上手く潜ることができました。

2日間とも、悪環境での講習となってしまいましたが、従来のコース以上の収穫はあったかと思います。

バリ島アドバンスダイバーコース
バリ島アドバンスダイバーコース

お疲れ様でした!これから先もいろいろな場所でダイビングを楽しんで下さい!

バリ島タコのサテ

トランベンの帰りはタコのサテ!美味しい!