「ミミックオクトパス」すごすぎる進化と常識を超えた擬態の謎

ミミックオクトパスの進化を探ると、そのすごさが分かる!

「擬態の達人」として知られている「ミミックオクトパス/ Thaumoctopus mimicus 」

マダコの種類で1988年にインドネシアのスラベシ島沖で発見されました。
現在、分かっているだけでも、15種類以上の生物(主に毒性の高い)に擬態します。

この驚くべき能力! ミミックオクトパスはどのようにこの能力を適応していったのでしょうか? 

考えたことありますか?

この謎を探ってみましょう!

  1. ミミックオクトパスの防衛策「自分を目立たせて身を守る」
  2. ミミックオクトパスの変身技
  3. ミミックオクトパスの仲間
  4. ミミックオクトパスとワンダーパスの見分け方
  5. 変身ダコとの思いで

ミミックオクトパスの防衛策「自分を目立たせて身を守る」

基本的にタコは頭が良く、体の色を周囲の環境に合わせ捕食者から身を守ります。

ようするに、目立たなくするんです

だが、ミミックオクトパス」は違う。

身を隠すどころか、より目立つように大胆な配色でコントラストの強い色パターンに体の色を変ます。そして、毒性の高いヒラメ、ミノカサゴ、ウミヘビなどに擬態します

一見、向こう見ずな行動とも思われますが、こうする事で敵を混乱させたり、脅かせて身を守っているんです

動物がこのようなハイリスクな防衛戦略をとるのは、比較的マレな行動パターンらしいです。

カリフォルニア化学アカデミーとコンサベーション・インターナショナル・インドネシアはミミックオクトパスとその親類に関するDNA遺伝子研究を実施し、「なぜ、この様な行動を促進し、進化したのか?」を研究しました。

その結果、

ミミックオクトパスは3つの重要な特性を進化させたことが分かりました。

①まず初めに、ミミックオクトパスは従来の擬態の殻を破り、二次防衛策とし、捕食者を驚かせるような「茶色と白」の大胆なガラを進化させました。

②次に、ヒラメのように泳ぐ技と、長い足を進化させ、

③最後にヒラメ(擬態する時)になりすます時に大胆ゼブラの様なガラを表しはじめた。

 

普通のマダコだって、体の色を変えることで、十分に捕食者から身を守っています。

「ミミックオクトパス」は先祖から伝わる擬態能力を打ち破り、その先の先まで進化して行った感じですね。

スゴイですよね!

ミミックオクトパスの変身技

それでは、ミミックオクトパスの変身技の一部を見てみよう!

クイズ番組で使用された弊社のミミックオクトパスの動画。
ヒラメやカサゴに変身する姿がよくわかります。

ミミックオクトパス、ウミヘビに変身,バリ島シークレットベイ

ミミックオクトパスが砂地から顔を出し、ウミヘビに擬態してます。
個人的には、ミミックオクトパスがウミヘビに擬態している時に発見するパターンも多いです。

この時、慌てて近づいたりすると、直ぐに引っ込んでしまうので、根気がいります。

ミミックオクトパス,変身前、茶色、バリ島シークレットベイ

ミミックオクトパスが、砂地から体を出してきた。

この時の体の色は茶色の単色

ヒラメに変身!
体の色が「茶色と白」のゼブラに変わりました!

ミミックオクトパス,ミノカサゴに変身,バリ島シークレットベイ

次はカサゴに変身

ミミックオクトパス,イカに擬態,バリ島シークレットベイ

イカに変身

バリ島トランベン,小さな ミミックオクトパス

まだ小さなミミックオクトパス
小さくても、一生懸命に変身してました!

ミミックオクトパスの仲間

ミミックオクトパスに似たような種に「ワンダーパス/Wunderpus photogenicus」や
ホワイトVオクトパス/ Abdopus sp」がいます。

ワンダーパスは1980年代に発見され、2006年に科学者により正式な学名が付けられました。

ワンダーパスオクトパス/Wunderpus Octopus

バリ島ワンダーパス・オクトパス  wunderpus octopus

ホワイトVオクトパス/White V Octopus

ホワイトVオクトパスがヒラメに変身、トランベンバリ島

ミミックオクトパスとワンダーパスの見分け方

ミミックオクトパスとワンダーパスの見分け方は難しくありません。

目の上の触覚

目の上の触角が細く長く伸びているのがミミックオクトパス。三角錐のような形になっているがワンダーパスです。

目の大きさ

ミミックの方が丸くて大きな目です。

体の大きさ

ミミックははワンダーパスに比べて大きく、筋肉質になる傾向があります

模様

ミミックはゼブラのような縞(シマ)模様を消して、茶色またはまだらになる変えることがあります。ワンダーパスは色の濃さを変化させますが、常にはっきりとした縞(シマ)模様が見えます。

「変身ダコ」との思い出

忘れもしない、私が初めてミミックオクトパスに遭遇したのは15年以上前のこと。
スラベシ島のレンベです。あの頃のレンベは本当に何もなかった。
ダイビングリゾートはクンクンガン・ベイの一件だけ。

初日の3本目、ボートに上がる寸前にガイドが「ミミックオクトパス」を見つけました。
ダイバー達は興奮の渦!

えっ!タコが変身する!

「変身ダコ!」

聞いてはいたものの、目の前で見るのは初めて。

この奇妙なほど驚くべきタコを見た時の感動は忘れませんね~!

あれから随分と時が立ち、バリで何度か遭遇してますが、何度見ても「興奮」します。

毎ダイブ、必ず遭遇できる水中生物ではありまん。
もし、水中でミミックオクトパスに遭遇したら、慎重に観察してくださいね。

バリ島では主にシークレットベイアメッドトランベン周辺で見かけることがあります。

 

MAX DIVEバリ島、Youtube:
バリ島シークレットベイ:迫力満点ミミックオクトパス②
バリ島で見た!ホワイトVオクトパス!

 

参考資料:
Science Daily Octopus mimics flatfish and flaunts it

 

シェアー