バリ島マンボウの秘密に迫る!

バリ島で大人気「マンボウ」ダイビング!

バリでマンボウに会いたい!

バリ島のマンボウシーズンは7月~10月!

この時期、ヌサペニダ南東モンスーンの影響を受け、湧昇流(ゆうしょうりゅう)が発生します。
冷たい水が深海から流れこむ、この時期、普段は深場にいるマンボウが浅場に来るんです。

そこで待ち構えているのが、ハタタテダイ達。
彼らはマンボウの体についている多数の寄生虫をお掃除するんです。

大きくって、愛くるしい顔のマンボウが、気持ちよさそうにクリーニングされている姿。
欧米人ダイバーの間では、この姿を見るのが、Bucket List(死ぬまでにしたいことのリスト)の1つだと聞きます。

 

現在、バリで遭遇率が高いダイブサイトとコンディションは:

  • 遭遇率が高いのはペニダ島周辺テペコン・ミンパン周辺比較的中級者以上のポイント
  • 水温が低い方が遭遇率が高いといわれ、水温が20度を切る場合もある。
  • 比較的浅場で見られる場合もありますが、ダイバーにとっての深場で遭遇する確率の方が高い。  

 

それでは、どれだけマンボウの秘密を事をご存じですか?
マンボウの
生態行動は、いまだ分からないことが多く、不思議がいっぱい

いろいろ知って、バリで「マンボウダイビング」をもっと楽しみましょう!

  1. マンボウの種類とバリ島で見られるマンボウ
  2. マンボウの変わった生態(体の各部分の働き、内臓、赤ちゃん、何を食べてるの?)
  3. マンボウは本当に深場と冷たい水が好き?
  4. マンボウに付く沢山の寄生虫たち
  5. マンボウダイビングの行動規範(code of conduct)

【マンボウの種類】

バリ島マンボウの種類

バリ島で会えるのは「ウシマンボウ」

「マンボウ」はフグ目マンボウ科マンボウ属に分類される魚類

一言にマンボウと言っても、以下の3種類が認められてます。
そのうち、バリ島で会えるのは「Mola alexandrini・ウシマンボウ」

  1. Bumphead sunfish :学名:Mola alexandrini:和名:ウシマンボウ
  2. Ocean sunfish or Common Mola:学名 Mola Mola :マンボウ
  3. Hoodwinker ocean sunfish :学名 Mola tecta和名:カクレマンボウ   

2014年時点ではバリ島で見られるマンボウはSunfish Resarchの研究者によりMola Ramseyと人認識されました。
その後、2017年に研究者達は「この種のマンボウは1839年に既に存在し、Mola Alexandriniとう学名がある」ことが分かり、現在はMola Ramsayiではなく、Mola alexandrnir(ウシマンボウ)と正しく識別されました。

しかしながら、

バリ島では長い間「Mola Mola/モラモラと呼ばれており、この学名は今でもバリ島全体の一般的な名前としても使用されています。

マンボウシーズンにヌサペニダに行くと、ボートの上でボートキャプテンやダイバー達が大きな声で「モラモラ/Mola Mola」って言ってるのを耳にしますよ!

マンボウの生態はとってもユニーク

バリ島マンボウの体の部分

マンボウの体のパーツを見てみよう!

マンボウの特徴は大きな体、長く伸びたヒレと小さな口

長いヒレ

  • とっても大きな背びれと、長い尻びれ。マンボウはこれらを左右同時に振って泳ぐんです
  • 後ろに短い尻尾みたいなのが、舵ヒレマンボウの尾ビれは生まれた時から大きくならず、大人になるにつれて避け。尾びれという尾びれが無いんです
  • 小さな胸鰭(pectoral fin)

 

:フグみたいな口で、ずっと開きっぱなしなんです。
:丸い目の周りにしっかり筋肉がついているので、マンボウは瞬きができるんです。顔の横に目があるので、全体を見渡すことが出来ません。モラの上には行かないように。
鰓(エラ):sunfish は胸ビレの近くにエラ(鰓)があります

「ウシマンボウ」と「マンボウ」の違いは?

①ウシマンボウの舵ビレは丸みを帯びているのに対し、マンボウの尾びれはギザギザしているんです。
②ウシマンボウは英語でbump-head sunfish」とう名前通り、頭の部分がコブっぽい出っ張りがあります。

マンボウの臓器

マンボウの臓器

マンボウの内臓はココナッツ形

マンボウの面白いのは、内臓部分がココナッツみたいな形をしていているので、一部の科学者の間で、オーシャンココナッツって呼ばれているそうです。

内臓は体の前方部分にあり、体全体の1/3を占めているんです。

興味深いのは、とっても薄い皮膚の下にあるコラーゲンの厚い層。この組織の機能は臓器の保護として想定されていて、まだ誰も確信していないそうです。

マンボウの骨格

尾びれ、肋骨(ろっこつ)、脊椎(せぼね)が無く。
くちばしのような口は永久に開いたまま。

写真は:File:Mola mola-Skelett, Naturhistorisches Museum Wien.jpg

マンボウの赤ちゃん

マンボウの赤ちゃん

ピン先サイズから重さ1000キロ+++まで成長!

ハッチアウトした時の生まれたてのマンボウ

雌のマンボウは、一度に300以上の卵を出産すると言われてます。
マンボウは脊椎動物(せきつい)の中でも一度に一番多くの卵を産むんです
でも、その中で生き残れるのは数少ないとか。

人間の世界と違い、水中世界はかなりサバイバル。

ハッチアウトしたマンボウは星みたいな形で、ピン先ぐらいのサイズ

それがなんと!

クラゲを食べて成長し元の重さの600万倍まで大きく成長するんです

平均的な大人のマンボウの体重は1000キロと言われてますが、中には2300キロまで成長する巨大マンボウもいるそうですよ~。

バリ島マンボウ,モラモラ、mola mola

マンボウは何を食べてるの?

マンボウの好物は、深場や浅場にいるクラゲ、クモヒトデやクラゲ類の有櫛動物。

マンボウはとってもユニークな水の吸い方と吐き方があり。
水を吐き出して獲物を攻撃し、沢山のクラゲ類を食べるんです。
大好物のクラゲでは栄養不足になるので、ものすごい量を食べるみたいです。

マンボウは冷たい水と深場が好き?

現状では、マンボウは冷たい水と深場を好むと言われてます。

バリの7月~10月は、冷たい湧昇流(ゆうしょうりゅう)がインド洋から上がってきます。
その時マンボウは、体に付いた寄生虫をクリーニングしにダイバーが遭遇できる深度までやってくると言われてます。

この時期、ペニダ島周辺のマンボウの遭遇率の高いダイブサイト(クリスタルベイ、ブルーコーナー、マンタポイントは)水温が20度を切る場合が多く。昨年は16度の日もありました。

ただ、

マンボウシーズン中でも比較的水温が高い(24度~28度程度)ペニダ島の北側でもダイバーによって観測されています。

Sunfish Researchが、バリで4匹のマンボウ(former Mola Ramse)にポップオフ・サテライト(衛星)タグをつけ、その行動を調査。
2016年に発表されたレポートによると、彼らが付けた衛星タグの温度範囲は10度~27.5度と広く。
ほとんどの場合、水深250メールより上に生息。(50%が50m~250m、45%が50mより上)。
400mでのデータ観測もありました。

バリ島マンボウ,ヌサペニダ

マンボウに付く50種類の寄生虫

マンボウの体の中や表面には約50種類の寄生虫がついている

その沢山の寄生虫たちをお掃除してくれるのが、ハタタテダイ達。
体に付いた寄生虫を振り払うために猛スピードで水中を移動し、水面へ飛び跳ねることもあるんです。

バリで見たことはありませんが、カモメもマンボウに付いたの寄生虫をお掃除するみたいです。
カモメがマンボウをクリーニングしている姿、見てみたいですね。

no

マンボウダイビングの行動規範:Code of Conduct

  • ゆっくりアプローチ
  • クリーニングステーションに入った直後はクリーニングがはじまるまで近づかない
  • クリーニングステーション内にいる時は、3mは距離をおく
  • クリーニング中ではないが、マンボウがリーフの方へ近づこうとしている時は、10mは距離を置く
  • 触れない。餌付けはしない
  • マンボウが驚くので、マンボウの後方では泳がない
  • マンボウの下で泳がない。ダイバーの廃棄の泡がマンボウを邪魔してしまいます。
  • マンボウの泳ぐ方向を妨げない(ブロックしない)
  • 写真を撮る時はフラッシュは使用しない
  • 他のダイバーのことを配慮して写真をとる。マンボウを独占しない
  • ガイドの支持にしたがう
  • 上記が理解できているダイビングショップのみとダイビングを行う

マンボウって本当に秘密と不思議多き生き物ですね。

かわいくて、秘密多きマンボウ。だからこそ、人気が高いのかな?

少しでも、マンボウについて知ってると、出会った時の感動も100倍に膨らむでしょう!

参考:

 

シェアー