PADIeラーニングがもっと充実かつ快適になった!

自宅にいながら、夢に一歩近づいててみませんか?

今年の夏は静かな夏。海に行く計画をしていたのに、断念せざる追えなかったり。
ダイビングのライセンスを取りたくても、どうするべきか迷っている方も多いかと思います。

「今だかこそ出来ること・・・」
たとえ今すぐに夢が叶わなくても、将来に備えて置くことはできるし、それこそが大切な事ではないでしょうか。

ダイビングでは、コロナ禍での学習法の1つとし、9月末まで限定インストラクターと生徒さん間でのスカイプやzoomなどのツールを使って各コースの「知識開発部門」を行うのが人気を集めてます。

以前からあるeラーニング(オンライン・コース)に限って言うと、日本語で学習できるコース数も増え、さらに使い勝手がよくユーザーフレンドリーになりました!

コースのお申込み方法、始め方、進め方等、詳しくは:PADIeラーニング・コースのページをご覧ください

padi アドヴァンス

PADIeラーニング

【日本語OK! 新しく加わったコース】

  • アドヴァンスド・オープンウォーター
  • レスキューダイバー
  • フリーダイバー
  • eRDP ML

 

【日本語OK! 以前からあるコース】

  • オープンウォーターダイバーコース
  • エンリッチド・エア・ダイバー
  • ダイブマスター
  • ダイブセオリー

 

【そして年内には、以下のコースもスタート!】

  • EFR
  • 各種スペシャリティー(ナイト、PPB、S&R、U/Wナビ、ディープ)
  • ReActivate     

 

各PADIコースの説明はこちら

padi レスキュー

新しくなったeラーニングはここが違う

全てのコースがより便利に簡単に利用できるようになりました!

①オンラインでもオフラインでも両方で利用可能:
インターネットブラウザを利用すれば、パソコンでもスマホでも同じ画面を見ることが出来ます。また、PADIトレーニング・アプリ(google play/apple storeから無料でダウンロード)を使えば、オフラインでの学習も可能です。オフラインで学習した部分は、ネット環境で自動的にアップデートされます。

 

②便利なチェックマーク:
学習内容の進捗が分かるよう、チェックマークが入ります。完了済み部分と未完了部分が一目でわかります。

 

③多言語にアクセスが可能:
オープン・ウォーター・ダイバーコースは26言語。アドヴァンスド・オープン・ウォーターは11言語にアクセス可能。初めに言語を選びますが、途中英語に切り替えたりして学習することが出来るようになりました。

 

④登録から修了書まで:
PADI各コースの申請→登録→知識開発部門の学習→最終テスト→修了書まで全て完結できます。

PADI「Cカード」から「eカード/eCard」へ 

今までは、PADIコースを修了すると、Cカードというプラスチックの認定カードが届きました。
新しくPADIコースに参加される方は、「Cカード」から「eカード/eCard」に変わります。

「eカード/eCard」はスマホにPADIアプリをダウンロードすることで、何時でも確認できるのでとっても便利です。そして、何と言ってもエコ! 

もちろん、従来型の「Cカード」をご希望される方は、別途料金がかかりますが「eカード/eCard」に合わせてCカードの発行も可能です。

padi オンライン・コース eラーニング

今、世界中がニューノーマルに突入し、「新しい形での生活の仕方や楽しみ方」が求められてます。
産業とはず、以前よりもっとフレキシブルに、上手にスマホやパソコンを活用し、安全に生活の質を上げていく方向に進んでますね。

『何時でも、何処でも、好きな時間、好きな場所で学習できる』のがオンラインの良いところ。

将来に備え、今、行動を起こして見ませんか?

PADIeラーニング・コースの始め方から全て、詳しく説明!

シェアー