【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

ダイブマスター– PADIプロフェッショナルの第一歩を踏み出そう! –

ダイブマスターはPADIプロフェッショナルへの第一歩

ダイビングのプロになって、海の素晴らしさ、ダイビングの楽しさを沢山の人達に伝えませんか!

参加前条件

  • PADIアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーおよびPADIレスキュー・ダイバー認定
  • 18歳以上
  • ログに記録されたダイブ本数40本
  • 過去24 ヶ月以内にEFR一次および二次ケア・トレーニングを修了
  • 過去12 ヶ月以内に医師による健康診断を受け、ダイビング許可を得ている

コース内容

ダイブマスター・コースは①『知識開発』②『水中スキル』③『実践応用』の3部門で構成されてます。

知識開発

「ダイブマスターとしての役割と資質」を実施

  • PADIダイブマスターの役割と資質
  • 認定ダイバーの監督
  • 生徒ダイバーのアシスト
  • ダイバーの安全とリスク・マネージメント
  • ダイブマスターが実施できるプログラム
  • 特殊スキルと活動
  • ダイビングビジネスとキャリア
  • ダイビング環境への意識
  • 潜水理論の復習
  • 最後にファイナルエグザム

水中スキル

水中スキル、ダイバーレスキュー,ダイビングスキルを実施

水中スキル・スタミナ

  • 400メートル水泳
  • 15分間立ち泳ぎ
  • 800メートルシュノーケル
  • 100メートル疲労ダイバー曳行
  • 水中での器材交換

ダイバーレスキュー

  • レスキュースキルをデモンストレーションレベルで行う

ダイブスキル

  • ダイビングで必要な24のスキルをデモンストレーションレベルまで高める

実践応用

実践スキル

  • ダイビングポイントでのセットアップと管理
  • 水中地図の作成
  • ブリーフィング
  • サーチ&リカバリーのシナリオ
  • ディープダイビングのシナリオ

ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップ

  • ReActivateプログラム
  • スキン・ダイバー・コースとスノーケリングの監督
  • 限定水域でのディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラム

ダイブマスターになるとできること

  • PADIダイブセンターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができる。
  • PADIインストラクターと一緒にお客様のアシストができる。
  • PADIスキンダイバーコースを単独で実施し、認定ができる。
  • PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる。
  • 認定オープン・ウォーター・ダイバー以上の認定ダイバーのPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施できる。
  • PADIディスカバー・ローカル・ダイブ・エクスペリエンス・プログラムを実施できる。
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンスコースを実施できる。
  • PADIディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーの資格がある場合は、単独でプールもしくは限定水域でディスカバー・スクーバ・ダイビングを実施できる。

コース日数と料金

日数:講習時間は、候補生によって異なります
コース料金:
教材費:
PADI登録申請料(PADIへ直接支払う費用):220AUS