【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

エンリッチド・エア(ナイトロックス)コース– エンリッチドエア(ナイトロックス) –

バリ島で人気!
ナイトロックス|エンリッチド・エア・ダイバーコース

エンリッチド・エア(ナイトロックス)コースは数あるPADIスペシャリティーの中で最も人気があるコースです。

PADIエンリッチド・エア・ダイバー・コース

エンリッチド・エア(ナイトロックス)とは、「酸素の割合が多い空気」のことです

エンリッチド・エア(ナイトロックス)
エンリッチドエア(ナイトロックス)

エンリッチド・エア(ナイトロックス)と通常のエアの違い

通常の空気は酸素21%、窒素78%、その他のガス1%で構成されています。
ダイバーが普通使用しているタンクもこれと同じ構成です。

ナイトロックス(エンリッチド・エア)では酸素の割合を通常の空気の21%より高めて⇒32%又は36%に設定します
酸素密度を32%にする事により、通常のタンクを使用するより体内に溜まる窒素のスピードを遅らせることができます

エンリッチド・エア(ナイトロックス)コースが人気の理由

エンリッチド・エア(ナイトロックス)でダイビングをすることで、通常の空気使用と同じ深度・時間で比較した場合

  • 体内に溜まる窒素の量を抑えることができ、減圧症のリスクが軽されます
  • 減圧不要限界を延長させる事ができます

どんなダイバーに向いてるのかな?

ナイトロックス(エンリッチド・エア)はダイバー全員におススメです。

特にお勧めしたいダイバーさんは

  • リゾートなので1日数回、連続して潜る人
  • 水深15m~30mでじっくり魚の観察や写真を撮りたいダイバーに向いています。

エンリッチド・エア使用するデメリットってありますか?

エンリッチ・エア(ナイトロックス)使用の注意点

エンリッチド・エア(ナイトロックス)の許容範囲より深いダイビングをした場合、酸素中毒を起こす可能性が高まります。

エンリッチド・エア(ナイトロックスコース)内容

エンリッチド・エア(ナイトロックス)はダイバーにとってメリットもありますが、注意しなければなりな点もあります。
しっかり理解し、ルールを守って使用しましょう!

エンリッチド・エアーダイバー・コース参加条件

  • PADIオープン・ウォーター・ダイバー以上またはPADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー以上。
  • 12才以上の方であれば参加できます。

エンリッチド・エア・ダイバー・コース内容

  • クラスルームで知識開発セクション(+DVD)で理論の学習をします。酸素と窒素の計算、エンリッチド・エアに対応したダイブコンピューターの使いかたなど。
  • エンリッチド・エア・ダイバー・スペシャリティ・ーコースはファイナルエグザムを含め1日で終了します。
  • お忙しい方には便利なe-ラーニングコースもあります。

スペシャルオファー

エンリッチド・エア・ダイバーコースと以下を組み合わせることで、断然お得な価格設定をさせていただきます。

  • エンリッチド・エア・ダイバー(ナイトロックス) + オープン・ウォーター
  • エンリッチド・エア・ダイバー (ナイトロックス)+ ファンダイブ2日以上参加