レスキュー・ダイバー・コース

レスキュー・ダイバー・コース

ダイビングは楽しい!でもダイビングは自然相手のレジャーであるため、時として予想外のアクシデント(事故)に遭遇する場合もあります。 落ち着いて対処すればすぐに解消できる小さなトラブルでも、一瞬にしてストレスから不安、パニックへと拡大していってしまいます。

こうしたトラブルが発生してもすぐに対処できる知識を備えるとともに、 事故を未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万が一の事故の際の救命方法までを学ぶのが、レスキュー・ダイバー・コースです。

バリ島レスキューダイバーコース

「やりがい」と「価値」がつまってます

レスキュー・ダイバー・コース参加条件

 ●12歳以上
注意:12〜14歳のダイバーはジュニア・レスキュー・ダイバー認定を取得できる
●PADIアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー以上、または、他団体で同等の認定を受けている方

●過去24 ヶ月以内にEFR一次および二次ケアのトレーニングを受けている
(EFRはレスキュー・ダイバー・コースと一緒に修了することができます)

バリ島レスキューダイバーコース

レスキュー・ダイバー・コースの内容

①知識開発 ②レスキュー課題 ③レスキューシナリオの3部門で構成

知識開発/クラスルーム
  • ナレッジリビューとレスキュー・ダイバー・エグザムを含めて、5つの知識開発セグメントを修了
  • ※e-ラーニング(オンライン)で修了することも出来ます
    バリ島レスキューダイバーコース
レスキュー課題/オープン・ウォーター
  • セルフレスキュー・リビュー
  • 疲労ダイバー・疲労していて(パニックは起こしていない)反応のあるダイバーを水面でアシスト
  • パニック・ダイバーのレスキュー法
  • 浜、ボート、桟橋からの対応(反応があるダイバー)トラブルを起こしていて反応があるダイバーをアシスト
  • 水中でトラブルに遭遇しているダイバーした時の対応
  • 行方不明ダイバーの捜索発見
  • 反応がないダイバーを浮上させる
  • 水面で反応がないダイバー
  • 反応のないダイバーのエキジット
  • 圧力関連事故のファーストエイドと酸素供給
  • 水面で反応のない(呼吸していない)ダイバーに浜/ボートから対応
レスキューシナリオ/オープン・ウォーター
  • 事故の想定し、対処法をデモンストレーションする
  • 水中で反応のないダイバー/行方不明ダイバーを捜索して発見する。
  • 水面で反応がないダイバー/反応がなく呼吸をしていないダイバーに効果的に対応する。

日数と料金

日数:最低2日(EFRコースを含めると3日)

料金:料金リストをご覧ください