【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

PADIレスキューダイバーコース– 『やりがい』と『価値』がつまってます –

 PADI レスキューダイバーコース

自分の為、バディの為、「トラブルを未然に防げる」ダイバーになる!

ダイビングは楽しい!でもダイビングは自然相手のレジャーであるため、時として予想外のアクシデント(事故)に遭遇する場合もあります。 落ち着いて対処すればすぐに解消できる小さなトラブルでも、一瞬にしてストレスから不安、パニックへと拡大していってしまいます。
こうしたトラブルが発生してもすぐに対処できる知識を備えるとともに、 事故を未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万が一の事故の際の救命方法までを学ぶのが、レスキュー・ダイバー・コースです。

参加前条件

  •  12歳以上
  • 注意:12〜14歳のダイバーはジュニア・レスキュー・ダイバー認定を取得できる
  • PADIアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー以上、または、他団体で同等の認定を受けている方
  • 過去24 ヶ月以内にEFR一次および二次ケアのトレーニングを受けている
    (EFRはレスキュー・ダイバー・コースと一緒に修了することができます)

コース内容

レスキューダイバーコースは①知識開発 ②レスキュー課題 ③レスキューシナリオの3部門で構成されてます

知識開発

  • ナレッジリビューとレスキューダイバー・エグザムをむくめて5つの知識開発セグメントを終了
  • eラーニングで完結する事もできます

レスキュー課題
(オープン・ウォーター)

  • セルフレスキュー・リビュー
    疲労ダイバー/反応のあるダイバーを水面でアシスト
  • パニックダイバーのレスキュー方
  • 浜、ボート、桟橋からの対応方
  • 水中でトラブルに遭遇しているダイバーの対応方
  • 行方不明ダイバーの捜索方
  • 反応のないダイバーを浮上させる
  • 水面で反応のないダイバー
  • 反応のないダイバーのエギジット方
  • 圧力関係事故のファーストエイドと酸素供給方
  • 水面で反応のないダイバーの対応方

レスキューシナリオ
(オープン・ウォーター)

  • 事故を想定し、対処方をデモンストレーションする
  • 水中で反応のないダイバー/行方不明ダイバーを捜索して発見(デモンストレーション)
  • 水面で反応のないダイバーに効率的に対応する(デモンストレーション)

講習日数

バリ島でレスキューダイバーになった:ブログ