【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

バリ島トランベンでマクロダイビング|3ダイブで21種類以上のウミウシに遭遇

センヒメウミウシ

トランベンでマクロダイビングを満喫。
ウミウシが沢山!
小さくて可愛い生物達をじっくり観察してきました。

初めて見たウミウシから良く見るウミウシまで、全部で21種類以上。
ここでは、今回見た主なウミウシ21種類を4つのカタゴリーに分けてご紹介します!

  • 初めて見たウミウシ
  • 久しぶりに見たウミウシ
  • トランベンのマクロポイントで比較的よく見るウミウシ
  • よく見るウミウシ

(※ウミウシ意外は次のブログに続きます)

目次

初めて見たウミウシ|フリソデミドリガイ、マツゲメリベ

フリソデミドリガイ:Lobiger viridis/souverbii

嚢舌類/目(のうぜつるい)/ナギサノツユ科/フリソデミドリガイ属

フリソデミドリガイ, lobiger viridis, 嚢舌類,   光合成ウミウシ
フリソデミドリガイ, lobiger viridis, 嚢舌類,   光合成ウミウシ

なんとも不思議な形をしたナギサノツユ科のウミウシ。

初めて見たので調べてみました。

はじめに、ウミウシは8つの分類に分かれています。
フリソデミドリガイ嚢舌類/目(のうぜつるい)に属するウミウシ。

いきなり難しい言葉ですが、

嚢舌類(のうぜつるい)とは、摂食器官(せっしょくきかん)の形態によって区別される腹足綱(巻貝)のグループ
二枚貝状の貝殻を持つ種や巻貝状の貝殻をもつ種、無殻の種があるようです。(世界のウミウシ
嚢舌類(のうぜつるい)に属するウミウシは歯舌(しぜつ)と言う食べる時に使う器官を持ちます。
歯舌(しぜつ)を使って海藻などを食べ、使わないときは嚢舌(のうぜつ)という袋状の器官にしまっておくようです。

中には、フリソデミドリガイや後で紹介するコノハミドリガイのように、餌として食べた藻類から葉緑体を取り込み、光合成により栄養を得ているスゴイのもいます。まさにハイブリッドなウミウシ達です。
参考:(盗葉緑体により光合成する嚢舌目ウミウシ

見た目の特徴は、①チューブみたいな触覚を持つ ②2枚貝の片側だけの貝殻を背負っている ③4つある側足のうち、前の二つが長い ※動画はこちら

久しぶりの再会|センヒメウミウシ、アカコソデウミウシ、ゴクラクミドリガイ、クボミウミウシなど

マツゲメリベウミウシ:Melibe engeli

裸鰓類/目(らさいるい)/ムカデメリベ科/メリベウミウシ属

マツゲメリベウミウシ,Melibe engeli ,
バリ島トランベン
マツゲメリベウミウシ

ムカデメリベウミウシ同様、アメッド・トランベンのマクロポンとで見かけます。

センヒメウミウシ:Aegires villous

裸鰓類/目(らさいるい)/センニンウミウシ科/センヒメウミウシ属

センヒメウミウシ, Aegires villous, バリ島トランベン
センヒメウミウシ

1cm弱のとっても小さくて可愛いウミウシ。色のコンビネーションが綺麗ですよね。
※動画はこちら

アカコソデウミウシ(チョビヒゲウミウシ) : Polycera sp7

裸鰓類/目(らさいるい)/フジタウミウシ科/フジタウミウシ属

アカコソデウミウシ,チョビヒゲウミウシ), Polycera sp7,バリ島トランベン
アカコソデウミウシ

体調1㎝ぐらいの小さなウミウシ。
頭部の前縁に短い突起が並んでいるのが特徴。
これが「チョビヒゲ」に見えるから、「チョビヒゲウミウシ」と呼ばれているのかな?
※動画はこちら

ゴクラクミドリガイ属の一種13: Elysia sp 13

嚢舌類/目(のぜつるい)/チドリミドリガイ科ゴクラクミドリガイ属

ゴクラクミドリガイ属の一種13,Elysia sp 13,バリ島トランベン
ゴクラクミドリガイ属の一種13

2019年4月「トランベン周辺ウミウシ・ツアー」以来、約3年ぶりの再会。

クボミイロウミウシ:Hypselodoris lacuna

裸鰓類/目(らさいるい)/イロウミウシ科/アオウミウシ属

クボミイロウミウシ,Hypselodoris lacuna,バリ島トランベン
クボミイロウミウシ

体にくぼんだ部分があるので、クボミと名付けられたのかな?

ムロトミノウミウシ:Phyllodesmium macphersonae

裸鰓類/目(らさいるい)/クセニアウミウシ科/クセニアウミウシ属

ムロトミノウミウシ
ムロトミノウミウシ
ムロトミノウミウシ
ムロトミノウミウシ

バックにスイートジェリーミドリガイが丸くなっていました!

ヒラツヅレウミウシ:Discodoris boholiensis

裸鰓類/目(らさいるい)/ツヅレウミウシ科/ツヅレウミウシ属

一見、ヒラムシのように見えますが、ウミウシなんですね。
ウミウシが呼吸するのに使う二次鰓がしっかりあいます。
インスタグラムに投稿した動画を見て下さい!二次鰓がしっかり写ってます。外套膜をヒラヒラさせている綺麗です。

ヒラツヅレウミウシ,Discodoris boholiensis,バリ島ダイビング
ヒラツヅレウミウシ

比較的よく見るウミウシ|ドーナツマツカサ、ミナミアオモ、マトミノウミウシ

ここからは、トランベン・アメッド周辺のマクロポイントで比較的よくみかけるウミウシ達です。

ドーナツマツカサウミウシ:Doto greenamyeri

裸鰓類/目(らさいるい)/マツカサウミウシ科/マツカサウミウシ属

ドーナツマツカサウミウシ, Doto greenamyeri, バリ島トランベン
ドーナツマツカサウミウシ

下向きの写真で残念ですが、卵をつけてます。
※動画はこちら

ミナミアオモウミウシ:Costasiella sp. 5

嚢舌類/目(のうぜつ)/オオアリモウミウシ科/オオアリモウミウシ属

ミナミアオモウミウシ, Costasiella sp. 5, バリ島トランベン
ミナミアオモウミウシ

トランベンやアメッド周辺には、砂地にコテングノハウチワが沢山生えているダイビングポイントがあります。
ミナミアオモウミウシをはじめ、コテングノハウチワを住処とするクサイロモ、テングモ、ウサギモやホオベニなど、よく見かけます。

Youtueにアップしてる「ミナミアオモウミウシの不思議な行動
も見てみてね!

マトミノウミウシ:Eubranchus ocellatus

裸鰓類/目(らさいるい)/ホソミノウミウシ科/ホソミノウミウシ属

マトミノウミウシ,Eubranchus ocellatus,バリ島トランベン
マトミノウミウシ

スイートジェリーミドリガイ:Thuridilla albopustulosa

嚢舌類/目(のうぜつ)/チドリミドリガイ科/アデヤカミドリガイ属

1cmにも満たない小さなウミウシ。色違いで2種類いました。

スイートジェリーミドリガイ
スイートジェリーミドリガイ
スイートジェリーミドリガイ
スイートジェリーミドリガイ

カンナツノザヤウミウシ:Thecacera sp.1

裸鰓類/目(らさいるい)/フジタウミウシ科/ミズタマウミウシ属

カンナツノザヤウミウシ, Thecacera sp. 1
カンナツノザヤウミウシ

ミズタマウミウシ属の中で一番よく見る。もはや、必ずいるかも。

コナユキツバメガイ:Chelidonura amoena 

頭楯目(とうじゅんもく)/カノコキセワタガイ科/ニシキツバメガイ属

コナユキツバメガイ, Chelidonura amoena, バリ島トランベン
コナユキツバメガイ

コノハミドリガイ:Elysia marginata

嚢舌類/目(のうぜつ)/チドリミドリガイ科/ゴクラクミドリガイ属

コノハミドリガイ, Elysia marginata, 嚢舌類, 光合成ウミウシ, バリ島トランベン
コノハミドリガイ

嚢舌類(のうぜつ)、光合成するウミウシの中で一番ポピュラー。
昨年、奈良女子大が「大規模な自切と再生を発見」という研究結果を発表し、一躍注目を浴びましたよね。

「自分で自分の体を切断し、再生させる」ものすごい能力を持つウミウシなんですね。

※ゴクラクミドリガイ属の一種17(Elysia sp. 17)と似てますが、こちらはバリ島のシークレットベイでしかまだ見たことがありません。

サンドラミノウミウシ:Unidentia sandramillenae Korshunova

ユニデンティデ科/ユニデンティア属

サンドラミノウミウシ:Unidentia sandramillenae
サンドラミノウミウシ:Unidentia sandramillenae
サンドラミノウミウシ:Unidentia sandramillenae
サンドラミノウミウシ:Unidentia sandramillenae

上から見ると、背面正中線上に線があるのが分かりますか?

ヒブサミノウミウシ:Caloria indica

裸鰓類/目(らさいるい)/ ヨツスジミノウミウシ科/ヒブサミノウミウシ属

ヒブサミノウミウシ, Caloria indica
ヒブサミノウミウシ

ムカデミノウミウシPteraeolidia semperi

裸鰓類/目(らさいるい)/ヨツスジミノウミウシ科/ムカデミノウミウシ属

ムカデイロウミウシ

よく見るウミウシ

トランベン・アメッド周辺意外でもよく見かけるウミウシ達です。

クチナシイロウミウシ:Hypselodoris whitei

裸鰓類/目(らさいるい)/イロウミウシ科/アオウミウシ属

クチナシイロウミウシ, Hypselodoris whitei
クチナシイロウミウシ

マダライロウミウシとヒュプセロド―リス・プルケッラ:
Hypselodoris tryoni とHypselodoris pulchella

裸鰓類/目(らさいるい)/イロウミウシ科/アオウミウシ属

マダライロウミウシとヒュプセロド―リス・プルケッラ,  
Hypselodoris tryoni とHypselodoris pulchella
マダライロウミウシとヒュプセロド―リス・プルケッラ

有名なウミウシ図鑑にもこのペアで登場してますね。

ヨカゼイロウミウシ:Hypselodoris zephyra

裸鰓類/目(らさいるい)/イロウミウシ科/アオウミウシ属

ソヨカゼウミウシ, Hypselodoris zephyra

のんびり、じっくり、一本一本が充実したダイビング

トランベン・アメッド周辺にはマクロ派・フォト派ダイバーに嬉しい「マックダイビング」を楽しめるポイントが多々あります。

トランベンの朝日

今回は2日に分け、トランベンのムラスティ(Melasti)で1ダイブ。
バトゥリンギット(Batu Ringgit)で2ダイブしました。
のんびり、じっくり、ダイビングする事で、一本一本がとても充実したものになりましたね

この辺りは毎年、中国旧正月前後に波が高くなるポイントもありますが、波の影響を受けずに水中写真に集中できました。

※ウミウシ意外には、小さなカエルアンコウ、エビカニ類など、沢山見てきました。
次のブログに続きます。

目次
閉じる