【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

トランベン周辺でウミウシ・ツアー

バリ島トランベン,マクロツアー

「ウミウシ大好き」なダイバー夫婦さんと、トランベン周辺でマクロダイビング!

昨年、奥様はお友達と一緒にMAX DIVEのマンボウツアーに参加してくれました。

今回は、トランベン泊1泊2日のダイブサファリ。
のんびりウミウシ小さな生物達を探すツアーです。

ダイブサファリツアーのスケジュールと初日のスラヤで見た主な生物達をご紹介あします。
初めて見たウミウシもいました!

目次

1泊2日ダイブサファリツアースケジュール

  • 初日:サヌールからトランベンへ移動(トランベンのホテルにチェックイン)
    マクロポイント:スラヤ (Seraya) でダイビング
  • 2日目:ムラスティ(Melasti) でダイビング後、サヌールへ移動

バリ島トランベン周辺はマクロの宝庫:スラヤで見た生物達をご紹介

トランベンと言えば、沈船リバティーポイントが有名ですが、トランベン周辺にはいくつものマクロポイントがあります。
スラヤもマクロ派ダイバーに人気の高いダイビングスポットの1つです。

バリ島ダイビングポイント, スラヤ
ダイビングポイント:スラヤ
バリ島ダイビングポイント, スラヤ
ダイビングポイント:スラヤ

ウミウシ

マツカサウミウシ属の一種

初めの写真はマツカサウミウシ属の一種6かな?とも思ったのですが、多分フサマツカサウミウシでしょう。
(ゲストさんのお写真です)

白いフサマツカサウミウシの横に卵があります。

フサマツカサウミウシ
フサマツカサウミウシ
フサマツカサウミウシ
フサマツカサウミウシ

こちらは小さすぎて区別できません。

ゴクラクミドリガイの一種13は初めて見ました。

マツカサウミウシ属の一種
マツカサウミウシの一種
ゴクラクミドリガイの一種13
ゴクラクミドリガイの一種13

サンドドラミノウミウシ、写真に背中の線が写ってないのが残念。

ミズタマウミウシは結構みかけます。
長い黒の触角がフワフワ揺れていて、とっても可愛かったので動画もとりました

サンドラミノウミウシ
サンドラミノウミウシ
ミズタマウミウシ属の一種5
ミズタマウミウシ属の一種5

クチナシイロウミウシは大量発生してました。

とっても小さなシフォプテロン・フラヴォリネアトゥム。ウミコチョウの仲間です。

クチナシイロウミウシ, Hypselodoris whitei
クチナシイロウミウシ Hypselodoris whitei
シフォプテロン・フラヴォリネアトゥム , Siphopteron flavolineatum
シフォプテロン・フラヴォリネアトゥム Siphopteron flavolineatum

その他、シラタマツガルウミウシ、ミノウミウシ属の仲間達、トモエミノウミウシ属の一種、ソヨカゼイロウミウシなど・・
を見ることが出来ました。

ウミウシ以外

フリソデエビ
フリソデエビ
ナガサキスズメダイ
ナガサキスズメダイ
ニシキフウライウオ
ニシキフウライウオ
ロングクロウシュリンプ
ロングクロウシュリンプ

とっても小さなトゲツノメエビ

バリ島トランベン,タイガーシュリンプ・トゲツノメエビ
トゲツノメエビの子供

2本目から波が出てきてしまい、エントリー&エギジットに若干苦戦しました。
浅瀬だけ濁っていて、透明度はいまいちでしたが、マクロにはあまり問題なかったです。

大満足していただけ、こちらも嬉しかったです!
ディナーもウミウシの話しで盛り上がりました!

明日は、ムラスティでダイビングです。

目次
閉じる