【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

カミソリウオ科5種類ご紹介|擬態上手は謎多き生き物

ゴーストパイプフィッシュの不思議

ダイビングをすると、水中でいろいろな生物との出会があります。
カミソリウオ科のファミリーのように、生涯、頭を斜め下に向けて生活している魚もいるんです。

英語ではカミソリウオ科に属する種類の魚を総称して『ゴーストパイプフィッシュ』と呼びます。
名前の由来通り、彼らは水中をフワフワ漂い、お気に入りの場所を見つけ定着したかと思うと、幽霊のように消えていくんです。なんとも、奇妙な生き物ですよね。

また、ゴーストパイプフィッシュは擬態する魚です!
お気に入りの場所を見つけると、周囲の環境に溶け込むように体の色や形を変えることが出来るんです!

そして、彼らの親戚にあたるパイプフィッシュの仲間内では珍しくメスが抱卵   
調べて行くうちに「まだ若いオスのカミソリウオはオスからメスに性転換する」という説も見つけました。
本当かな?

彼らは不思議でとても謎の多い生態魚ですね。 生態に関する諸説はまだまだ疑惑だらけで確証は得られません。どなたか日本人第一人者をご存じでしたらお知らせ願えると幸いです。

日本人ダイバーにはあまり人気が高い魚ではない気がします。。。
比較的写真撮影が難しい魚だから? 頻繁に観れる普通種だから?
カミソリウオならまだしも昔は主にフウライウオなんて名前だから?
なぜか私達は Ghost Pipefish と聞くとゾクゾクします。 いつかバシッと渾身の一枚を撮りたいです!!

こんな不思議で疑惑あふれる生態の持ち主達、カミソリウオ達の種類や生態を一緒に見て行きましょう!

カミソリウオ科5種類ご紹介!
目次

カミソリウオ科にはどんな魚がいるの?

カミソリウオ科は、たった一属で構成されている小さな家族です。
彼らの親戚(トゲウオ目)には、タツノオトシゴ、ヨウジウオ、ヘラヤガラ、ヘコアユなど特徴的で独特な体型を持つも魚達がいますね。

タツノオトシゴ, seahorse, バリ島シークレットベイ
タツノトシゴ
(Seahorse)
ヨウジウオ,seaweed pipefish,バリ島
ヨウジウオ
(Seaweed pipefish)
ヘラヤガラ,chinese trumpetfish, バリ島パダンバイ
ヘラヤガラ
(Chinese Trumpetfish)
ヘコアユ,Razorfish,バリ島シークレットベイ
ヘコアユ
(Razorfish)
  • 目(order):Gasterosteiformes/トゲウオ目 
  • 亜目(Sub-Order) : Syngnathoidei/ヨウジウオ亜目
  • 科(family):Solenostomidae /カミソリウオ科
  • 属(genus) : Solenostomus /カミソリウオ属
  • 種(Species): 6種類 or5種類

英語でカミソリウオ科の魚を検索すると、『カミソリウオ科は6種類に分類』と言う記事が結構でてきます。
確かに、6種全てに学名があります。
自分なりにそれぞれの特徴を調べ、バリ島で撮ったゴーストパイプフィッシュの写真を種類別に分類しようとすると、どうしてもSolenostomus armatus (Long tail ghost pipefish/ロングテール)の見分けが難しく、壁にぶちあたりました。

Long tail ghost pipefish(ロングテール)は『Robust ghost pipefish (カミソリウオ)と比べ、肛門の後ろにあるヒレ(尾柄・びへい)/(英:caudal peduncle)が細く長い』ようです。そうなると、ホソフウライウオとの区別が難しくなります。

そんなこんなで調べていくうちに、『Solenostomus leptosoma(Delicate ghost pipefish/ホソフウライウオ)はSolenostomus armatus (Long tail ghost pipefish)と同種とみなされた』という説明を見つけました。
他にも、その様な記事を見つけることが出来たので、多分そうでしょう。

だとすれば、

現在、英語圏ではカミソリウオ科の魚は6種類ではなく、5種類に分類されていると言うことですね?

間違えてたらゴメンなさい詳しい方がいたら教えてください
よろしくお願いします。

ちなみに、日本では①ニシキフウライウオ ②カミソリウオ ③ホソフウライウオの3種類に分類されてますね。

カミソリウオ科の魚、5種類全部ご紹介|学名、英名、和名含めます

カミソリウオ科、カミソリウオ属、ニシキフウライウオ, Harlequin ghost pipefish, Solenostomus paradoxus
Solenostomus paradoxus :
Harlequin ghost pipefish:ニシキフウライウオ
カミソリウオ科、カミソリウオ属、カミソリウオ, Robust ghost pipefish,
Solenostomus cyanopterus
Solenostomus cyanopterus:
Robust ghost pipefish: カミソリウオ
カミソリウオ科、カミソリウオ属、ホソフウライウオ, Delicate ghost pipefish, Solenostomus leptosoma
Solenostomus leptosoma:
Delicate ghost pipefish: ホソフウライウオ
カミソリウオ科、カミソリウオ属、ラフスナウト・ゴーストパイプフィッシュ,Rough snout ghost pipefish,Solenostomus paegnius
Solenostomus paegnius:
Rough snout ghost pipefish:
ラフスナウト・ゴーストパイプフィッシュ
Solenostomus armatus:
Long-tailed ghost pipefish or armored
ロングテイルゴーストパイプフィッシュ
カミソリウオ科、カミソリウオ属、Solenostomus halimeda. Halimeda ghost pipefish,ソレノストムス・ハリメダ,ゴーストパイプフィッシュ
Solenostomus halimeda:
Halimeda ghost pipefish:
ハリメダゴーストパイプフィッシュ

その他、

まだ学名が無く、正式に記載されていない種(Solenostomus SP)でベルベット・ゴーストパイプフィッシュ(Velvet Ghost Pipefish)がいます。

Hairy Ghost Pipefish ( ヘアリーゴーストパイプフィッシュ)はSolenostomuspaegnius/ラフスナウト・ゴーストパイプフィッシュの一種(変形)です。*注 検索時は ”Hairy Ghost Pipefish” で検索しましょう。”ヘアリーゴーストパイプフィッシュ” で検索すると勘違いでラフスナウト・ゴーストパイプフィッシュをヘアリーゴーストパイプフィシュと表示している場合を散見します。

彼らは周囲に合わせ、体の色や形を変えてる能力があるんで、今後も変形種が増えているのかな?

カミソリウオ科の変わった生態

多くの点で「カミソリウオ科」の魚はヨウジウオやタツノオトシゴと密接に関連しています。
同じトゲウオ目の魚で、親戚ですからね~。

ただ、大きく違った2点あるんです。

①「カミソリウオ科」には背びれが2つと大きな腹びれがありますが、ヨウジウオとタツノオトシゴには背びれが1つしかなく、腹ビレはありません。

②タツノオトシゴやヨウジウオはオスが卵を孵化させますが、カミソリウオ科はメスが卵を抱卵し、孵化させます

ニシキフウライウオのライフサイクル

例えば、ニシキフウライウオのオスは求愛ダンスを行いながらメスに近づき、メスの下側にある育児嚢(brood pouch)に受精させます。その後、メスは孵化するまで約14日~17日間、腹びれの中で抱卵(ほうらん)します。

カミソリウオ科、ニシキフウライウオのペア, a pair of Harlequin ghost pipefish, バリ島アメッド
ニシキフウライウオのペア(手前がメス)
カミソリウオ科、ニシキフウライウオの雌、卵を抱えてます,バリ島アメッド
ニシキフウライウオの雌、卵を抱えてます

手前の大きい方が雌(メス)です。雌は雄の2倍の大きさと言われてます。

メスのお腹の部分をよく見ると、沢山の卵を抱えているのが分かりますか? 
数日後には、卵にくっきりと目が見えてくるでしょう。
ニシキフウライウオは最大300~350個の卵を抱えると言われてます。

ハッチアウトの瞬間、見てみたいですね!

ゴーストパイプフィッシュの生活は海流に幼生が漂うことから始まります

赤ちゃんのニシキフウライウオは殆ど透明

彼らは生まれて間もない時から人生の大半を海中を漂い、海底での居場所を探します。
一旦、居場所を見つけたニシキフウライウオは、その環境に応じて体の色と形を変えていきます
すっかり周囲の環境に溶け込んだら、また新たな雄と雌の求愛が始まるです。

バリ島で見られる『カミソリウオ科の種類』

バリ島で見られる断トツ1位は「ニシキフウライウオ」です。
カミソリウオ科の種類の中でも、ひときわ目に付く存在ですね。
色のバリュエーションも豊富で、外国人ダイバーにも人気が高い種です。

バリ島の水中には彼らが好む色とりどりのウミシダ類ヤギ類ヒドロ虫の仲間が沢山生息するので、それに擬態した色とりどりの「ニシキフウライウオ」を見ることができます!

色違いでペアでいる場合もあります。

カミソリウオ科、ニシキフウライウオのペア、色違いでいます。
ニシキフウライウオのペア、色違い

こんな風に集団で1か所にかたまっている時もあるんです。

カミソリウオ科、ニシキフウライウオの子供達,一か所にかたまっている
ニシキフウライウオの子供達

カミソリウオホソフウライウオもバリ島のマクロポイントでよく見かけます。

カミソリウオ科、ホソフウライウオ, delicate ghost pipefish, thin ghost pipefish, solenostomus leptosoma
ホソフウライウオ
カミソリウオ科、ホソフウライウオ, delicate ghost pipefish, thin ghost pipefish, solenostomus leptosoma
ホソフウライウオ?

こちらは、カミソリウオ

カミソリウオ,robust ghost pipefish, solenostomus cyanopterus
カミソリウオ

ラフスナウト・ゴーストパイプフィッシュはバリ島でもレアな存在ですが、トランベンアメッド周辺のマクロポイント、PJで見かける時もあります。

カミソリウオ科、ラフスナウト・ゴーストパイプフィッシュ, Roughsnout ghost pipefish, Solenostomus paegnius
Solenostomus paegnius/Roughsnout ghost pipefish
ラフスナウト・ゴーストパイプフィッシュ

ハリメダゴーストパイプフィッシュ(Solenostomus halimeda)はハリメダと言う藻類の近くに生息する傾向があり、緑色のハリメダ海藻に擬態する特徴があります。

カミソリウオ科、ハリメダゴーストパイプフィッシュ、Solenostomus halimeda,Halimeda ghost pipefish,ソレノストムス・ハリメダ
ハリメダゴーストパイプフィッシュ

残念ながらバリ島ではレアです。

バリ島の水中世界は不思議な生物で溢れている

バリ島でダイビングをしていると、沢山の変わった水中生物達に出会います。

擬態といえば変身ダコのミミックオクトパスオスからメスに性転換するクマノミ成長と共に体の色を変えるハナヒゲウツボ
バリ島大物ダイビングで人気のマンボウもまだまだ不思議に満ちた生き物です。

水中世界には沢山の不思議が存在し、我々ダイバー達に新しい発見を与えてくれますね。
そして、全ての水中生物達に特徴があり、それらを知ることでダイビングの楽しみ方の輪が広がりますね。

次回、水中でゴーストパイプフィッシュを見たら、じっくり観察してみて下さい!
ハッチアウトの瞬間や、ニシキフウライウオの赤ちゃんが海中をさ漂ってる姿、見てみたですね~!

目次
閉じる