バリでダイビングがもっと楽しく、興味の幅も広がった!

ダイビング,下手くそなんです・・・

今回、3日間ダイビングに参加されたO氏。

O氏にとっては、10年振りのバリ島旅行。そして、初・バリでのダイビング!

アドバンスダイバーで、経験本数27本。

「まだ下手くそだけど、いろいろな事に挑戦してみたい!」とのことで、

バリ島到着前に、エンリッチド・エア(ナイトロックス)コースをe-ラーニングで終了させ、
バリでナイトロックスに挑戦。普通のエアで潜るのと、ナイトロックスで潜るのとの違いを体験してみたかったそうです。

初日はパダンバイへ行ってきました。(メンバーはO氏、もう一人のお客様、ガイドとインストラクターの4名)
★パダンバイでの様子はYoutubeにアップしてます。

ダイビングを楽しむ鍵は中性浮力

O氏初日のパダンバイ、1本目はビアス・トゥガル(Bias Tugel):水温29度、透明度10m弱、流れ少しあり(この日のブログ

ブリーフィング終了。

潜行!

O氏、フィートファースト(足から先に潜行するやり方)で潜行。潜行速度が速いのか、ウエイトが重すぎるのか、尻もちをついてしまう。

一度、潜行して体制が整えば、全く問題ナシ。

ブルーの中での安全停止も問題ナシ。

普通にダイビングを楽しむだけなら、潜行時の尻もち以外に全く問題なく見えました。

下手くそじゃ~ないです。

ただ、今回GoProを持参されたO氏、少しでも綺麗な写真をとるには、

どうしても、被写体に近づいた方が良い場合もあります。

砂地の上を低い姿勢で移動しようとすると、どうしても、フィンで砂を巻き上げてしまう

中性浮力をとりながら、上手く被写体に近づいていけない。

被写体に近づくとすると、体制を崩し、また砂を巻き上げてしまう。

砂地にいるハゼ類や、ハナヒゲウツボなど、被写体によっては、勢いよく近づくと砂の中に引っ込んでしまい、その後なかなか出てきてくれません。

O氏も今回それを、体験しました。

だからと言って、遠慮して上の方や、遠くの方から見ているだけでは、カメラを持参する意味がないですよね。

中性浮力はコツを掴むまで練習あるのみです

BCDに空気を出し入れするのと、呼吸のタイミング。

一度、感覚を体で覚えてしまえば、一生忘れることはありません。
自転車こぎの練習と同じです!

パダンバイ、2本目:ドロップオフ:水温29度、透明度15m弱、流れ無し

ウエイト量の調整(適正ウエイト)

フィートファーストで潜行した時、尻もちをつかないよう、中性浮力を意識しながらゆっくり潜行。
(BCDに空気を入れるタイミング!)

その後、体制を整える時、フィンでサンゴをキックしたり、砂を巻き上げたりしないよう、意識する

ちょっとしたアドバイスと練習で、O氏、1本目より上手く潜行できるようになりました。

2本目は流れも無かったので、なかなかの余裕でダイビングを楽しんで頂けました!

群れの写真を撮る時も、マクロ系の写真を撮る時も、あまり離れ過ぎていると、写真がぼやけてしまいます。

その場の環境が許せば、もう少し近づいてみましょう!

この課題を残し、O氏2日目に突入します。

中性浮力の課題を残しながら、ベテランダイバー達と合流

O氏、2日目はスラヤでダイビング。

ちなみに、トランベン周辺にあるスラヤはバリ島を代表するマクロポイントの1つ。

世界中からマクロ派/フォト派ダイバー達が大きなカメラを持って、水中マクロ写真を撮りに来るんです。

O氏はここで、ダイブサファリ中のベテラン・フォト派ダイバー組と合流。

O氏はエンリッチドエア(ナイトロックス)の説明を受け、ナイトロックスを初体験します。

上手く水中写真を撮るには、中性浮力のスキルが大切です。

今日の課題は、

●黒砂のスロープの上を砂を巻き上げないように泳ぐ。
●砂を巻き上げずに被写体に近づく。
●写真を撮った後も、砂を巻きあげずに移動する。

この3つのテクニックを説明し、実際、水中で練習。

頭で理解しても、どうしても体がついていかない。

みんなそうです。私もそうでした・・・

これは、意識して、潜り、慣れるしかないんです

ただ、潜り方のテクニックも知らず、意識もせずに潜っていては、いつまでも初心者ダイバーのままです。

まだ、ダイビングの経験本数30本のO氏にとっては、少しハードルが高く、直ぐに上手くなるのは難しいかもしれませんが、
大切なのは、意識して潜ること

よくフォト派ダイバー(特にマクロ派)の間で耳にするが、「砂を巻き上げるダイバーと一緒になりたくない」と言葉です。

この気持ちも良く分かります。

将来、こんな風に言われない為にも、また、自分自身が楽しむ為にも、
中性浮力とダイビング中(特に水中写真を撮る時)のマナーを意識しながら潜りたいですね。
そうする事で、自然と体で覚えていきます。

O氏、フリソデエビの写真、バッチリとれました!

ちなみに、O氏いわく、ナイトロックスと通常のエアの違いは良く分からなかった様です。

バリ島スラヤでマクロダイブ

ダイブサファリチームはトランベン周辺に残り、O氏はサヌールへ・・・

 

バリ島トランベンの帰り

トランベン方面からの帰り道に立ち寄る、絶景ポイント

バリ島のライステラス

とっても綺麗です!

3日目も中性浮力を意識しながらのダイビング

O氏、3日目は新メンバー二人も加わり、再びパダンバイへ。(この日のブログ
★この日の動画はYoutubeにアップしてます。

1本目:ジュプンは流れがありました。

O氏、課題だった潜行も上手くなってます。もう、尻もちはつきません。

「正面から被写体を撮る」この課題は、流れがあったので難しい。

1本目は流れに乗ってのダイビングとなりました。

水中写真が楽しくなってきた!

2本目:ブルーラグーンは全く流れ無し。気持ち良いダイビング!

クマノミ達が沢山います。 中性浮力をとりながら近づき、とっしり構え、じっくり撮る

O氏の写真を撮る姿もカッコよく決まってます!

ウミウシなどは、出来るだけ触角にピンが合うよう、後ろからではなく、前から撮る。

正面から写真が撮れるよう、自分が回り込んで(中性浮力をとりながら)、ウミウシの正面に行く。

その時、砂を巻き上げない

O氏、かなり意識しながら写真を撮っているのが、見ている側にも伝わってきました。

そして、一昨日前は、大きなカメを遠くの方から撮影していたO氏、今日は群れにぐっと近づき、綺麗に撮影してました!

とっても嬉しい進歩!

3日間でダイビングのスキルアップ

O氏いわく、この3日間の経験で、沢山の事を得たと言ってくれました。

①流れに乗ってのダイビング
②中性浮力を意識しながらのダイビング
③ベテランダイバー達と合流してのマクロダイビング 

などなど、 

O氏、水中写真も最終日は一段と腕が上がりました。

個人的にも、O氏が「この3日間で、ダイビングのスキルアップができた結果、ダイビングがもっと楽しくなり、興味の幅が広がった」と思ってくれたのが嬉しかったです。

これからも、いろいろな場所で、いろいろなタイプのダイビングを経験すると思いますが、思う存分楽しんで下さい!
そして、沢山写真を撮って下さいね。

またバリ島でお会いできる日を楽しみにしてます。