【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

パダンバイでカメと群れのダイビング

バリ島パダンバイ,カメ
目次

パダンバイでファンダイビング(令和5月1日)

パダンバイはバリ島南部リゾートから車で約1時間。

バリ島では珍しく、白砂のビーチがあり、初心者ダイバーの方かベテランダイバーまで楽しめるダイビングスポットです。
今日は「ダイビング苦手なんんです」って言うO氏と初めてお会いするT氏とパダンバイをエンジョイします!
1本目はビアス・トゥガル(Bias Tugel ), 2本目ドロップオフ(dorp off)でダイビング

★今日の笑顔溢れるダイビングの動画はこちら⇒YouTubeにアップしてます!

バリ島パダンバイの港

1本目ビアス・トゥガル(Bias Tugel)

透明度いまいち、流れも若干ありましたが、水中で数回カメに遭遇!

カメを見るたびに、ハッピーな気持ちになるね~! キンメモドキの群れの中に、タテジマキンチャクダイがいました!

群れに隠れて、顔が見えない(笑い) 浅瀬のサンゴの上を悠々うと泳ぐ、キンセンフエダイの群れ

もう少し、透明度が良ければな~。

バリ島のゴミ問題は深刻だな~。

バリ島ダイビング,ゴミ問題

みんなで、水中に浮いているゴミを拾いました。

ダイバー一人一人の心がけが、大きな結果をもたらすと信じてます!

ブルーラグーンビーチの前で休憩。

初めて会った同士とは思えないぐらい、意気投合!

バリ島ダイビング,パダンバイ

ダイビングの力ってすごいですね!また、友達の輪が広がりました!

2本目ドロップオフ(Drop Off)

2本目もドロップオフは流れもなく、まったりダイビングを楽しむことが出来ました!

真っ白な砂地にサンゴの根、透明度も良く、メッチャ気持ち良いダイビング!

魚まみれのウツボ・・・

アンナウミウシ

バリ島パダンバイ,アンナウミウシ

ブルーが綺麗! 真っ白な砂地から顔を出していたハゼ君

バリ島パダンバイ,ハゼ

エビと共存 なかなか前を向いてくれませんでした。

「まだまだ、ダイビング、下手なんです」な~んて、おっしゃってましたが、

O氏、GoPro片手に、カッコよく潜ってます!

T氏も光のシャワーを浴びながら、カッコよく潜ってます!

ムスジコショウダイ

バリ島パダンバイ,ムスジコショウダイ

群れてたら良かったのにね 最後はハナダイの群れ!

浅瀬がとっても綺麗です。

今日は朝からずっと、笑顔が溢れる日でした!
これからも、いろいろな場所でダイビングを楽しんで下さい!

そして、またバリ島で会いましょう!

パダンバイのダイビングスタイル

パダンバイに到着後は、ダイビングの用意ができるまでレストランで休憩。

パダンバイは

  • どのポイントも、ジュクンという木製ボートを利用して移動します。
  • 2ダイブの場合、1本目と2本目の間、ボートの上で休憩(水面休息)します。
  • 2ダイブの場合、ダイビング終了後、レストランでランチを食べます。
  • 3ダイブの場合はボートの上でランチを食べる場合もあります。
  • ボート(木製ボート・ジュクン)の大きさにより、水面でBCDを着る場合もあります。
  • どのポイントもジュクンで約10分ぐらいで近いです!
目次
閉じる