【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

「バディ・システム」意識してダイビングしてますか?

バディ・システム」はダイビングを安全に楽しむ為に欠かせないルール!

先日、PADIジャパンが「バディ・システム」をテーマでウエビナーを開催しました。

ダイビングは、一人で潜るのではなく「バディ・システム」のもと潜るのが基本。
ただ、上手く機能していないケースが多いんです。

ガイド付きダイビングがメインとなっている為、バディ・システムの重要性が軽視されているように思えます。

目次

バディシステムとは?

バディシステムとはバディと呼ばれるパートナーと一緒にダイビングをすることで、お互いに助け合って安全に潜るというシステムです。(PADI引用)

PADIオープン・ウォーター・ダイバーに認定されると、(バディ・システムの手順をしっかり守りながら)ガイドなしで(バディ同士)でダイビングをすることが出来ます。

  • バディと一緒にダイブプラン(潜水計画)をたてる
  • バディ・チェックをする(B.W.R.A.F)
  • エントリー、エギジット、潜水時間や深度制限について、お互いに注意する
  • トラブルが起きた場合に、お互いに助け合う
  • 水中では適正な距離で、サポートしあう

水中ガイドと一緒でも「バディ・システム」って大切なの?

実際、どれだけのダイバーの方がガイド無しでダイビングをしているのでしょうか? 
少なくとも、バリ島に来る日本人ダイバーの間では滅多に見ません。

だからと言って、バディシステムを無視してはいけない

「ガイド付きダイビング」をされているダイバーの中には、「水中に入ったら、ガイドについていけばいいや~」って考えの方もいます。 

多分、「バディ・システム」の重要性が分かっていないのでしょう。

ガイド付きダイビングでも「バディ・システム」を習慣づけよう!

「バディ・システム」は水中ガイドと一緒に潜る時も、どちらでも「安全にダイビングを楽しむ為に大切」です。

バディ・システムを機能させる為に出来ること

バディシステムを機能させるには、毎ダイブ「意識」し「習慣」づけることが大切です。

これはお客様側だけでなく、受け入れるショップ側にも共通して言えることです。

一人のガイドが数人のお客様を引率する場合、必ずお客様同士でバディを決めてからダイビングを開始します。
また、状況に応じ、全体を見るアシスタントが付きます。

この場合、

ご夫婦、カップル、ダイビング仲間と一緒に参加されている方は、参加者同士でバディを組む場合が多いです。
お互いを良く理解し、水中でも意識しながらダイビングをしている方が多いです。

お一人で参加する場合は、初めて会ったダイバーとバディを組みます。

ダイビング前、いきなり「あなたのバディはAさんです」とだけ言われても戸惑ってしまいますよね。
そんな時は、ダイビング前のコミュニケーションが大切になります。相手の経験値、エアーの消費量、ハンドシグナルの確認や、不安点などを確認しあるは良いですね。

バディシステムは、お互いの特性(特に弱点)を知り合ってこそ成立します。例えば、エア消費が早い人は、隠さず伝える事が大切です。

もし、ショップ側がダイビングを始める前にグループ内でバディを組まなかったり、説明がなかったら、必ず担当ガイド・インストラクターに確認しましょうこれはショップ側の怠慢です。

その上で、

参加者ダイバーの方々は、ガイドやインストラクターに全てを依存するのではなく、「バディ・システム」を意識し、習慣づけることが大切。より良いバディになる為のスキルを身に付けましょう! (※関連ブログ:より良いダイブバディになる為の5つの条件

バディ=もう一つの頭脳」

自分1人では解決出来ないことでも、そこにバックアップ頭脳がいれば、未然に防げる事故は沢山あるのではないでしょうか!

バディは常に近くにいるものです。

もう一度、「バディシステム」を見直し、習慣付けよう

ダイビングを始めたばかりの方も、ベテランダイバーの方も、もう一度「バディ・システム」を見直してみましょう!

  • ダビング前にお互いのバディ・チェックしてますか?B・W・R・A・F
  • ハンドシグナルは大丈夫ですか?(水中ではしゃべれません。ハンドシグナルが水中での共通語となります)
    (※PADIでは新しハンドシグナル「体調が悪い」が加わりました。ご存じのない方はこちらのブログをご参照下さい「必ず覚えておきたいハンドシグナル」)
  • 潜行中、お互いの位置を確認しあいながら潜行してますか?浮上中も同じです。
  • バディの直ぐ近くでダイビングをしてますか?
  • お互いのエアを確認しあってますか?

「バディ・システム」は自分自身の安全を守るだけなく、ダイビングの楽しさを共有する楽しみもあります。

オープン・ウォーター・ダイバーコースで学んだ「素晴らしいシステム」を習慣づけてくださいね!

目次
閉じる