【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

トランベンで水中写真SP

トランベン・バリ島・ムラスティ・melasti・ハゼ

トランベン泊、水中写真SPとミニダイブサファリツアー

トランベン周辺に宿泊し、デジタルPADI水中写真スペシャルティ・コースを兼ねたミニ・ダイブサファリ

今回ダイビングに参加してくれたのは、50代後半のご夫婦。「初めて水中写真」に挑戦です!

お客様いわく、「中性浮力に自身がついてきたので、水中写真を始めてみよう!」思ったみたいです。
「のんびり楽しみたい」というお客様のリクエストに応じ、ちょっと遅めにサヌールを出発。

目次

トランベンまでの道のり

宿泊先のサヌールからトランベンまで車で約2時間30分かかります。

トランベンの途中にあるワルン(食堂)に立ち寄って休憩。
先週はなかったクリスマスツリーが飾られてました。

トランベンのワルン・ローカルカフェ

道中、ライステラスを見ることもできます。

トランベン移動中の景色

PADIデジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・スペシャルティコース

中性浮力がとれるようになると、水中写真に挑戦したくなりますね。
このコースは初めて水中で写真を撮られる方におススメです。

こんなダイバーさんにおススメのコースです

  • コンデジを買ったけど、使い方が分からない。
  • 綺麗な写真を撮るコツが知りたい。

デジタル・アンダーウォータースペシャリティーコースでは
①カメラのセッティング、メインテナンス
②水中でのバランスのとり方
③水中での撮影方法
③データの取り込み方などを学びます

Melasti (ムラスティ)で水中写真の練習|被写体達

Melasti(ムラスティ)の水底は、黒砂のスロープ。
沢山のウミウシ、ハゼ、エビ、カニ類などや、ちょっと変わった魚達がいます。

砂地でじっくりと写真が撮れるので、マクロ派ダイバー、フォト派ダイバー達には人気のダイビングポイントです。

写真の練習にもバッチリ!

そこらじゅうにいるフトガヤミノウミウシで練習

トランベン・メラスティ・フトガヤミノウミウシ, タルミノウミウシ Trinchesia sp.18
タルミノウミウシ Trinchesia sp.18( (フトガヤミノウミウシ)

ウミウシは水中写真の練習をするのありがたい被写体。
タルミノウミウシ(フトガヤミノウミウシ)だけでも、大きいのから、小さいのまで沢山いました。
数匹束になっているのも見つけました。

ドーナツマツカサウミウシ

ダイバーに人気のドーナツマツカサウミウシシロガヤに着生しているため、写真を撮る時は注意が必要です。

トランベン・ムラスティ・ドーナツウミウシ
ドーナツマツカサウミウシ

ここで注意点③:トランベン周辺の海には(シロ)ガヤが沢山。
ほんの少し触れただけでも、痒くてたまらなくなります。

ベテランダイバーなら皆さんご存知かと思いますが、ガヤに触れたら大変ですよね。
ガヤに触れると、皮膚にブツブツができ、痒くなります。

オコゼとオラウータンクラブ

トランベン・ムラスティ・オコゼ
トランベン・ムラスティ・オラウータンクラブ
オラウータンクラブ


このオラウータンクラブは比較的大きかったので、練習にはびったりでした。
他にもちびっこのオラウータンクラブを数匹見かけました。

綺麗なホヤやヤギについたハゼで練習

トランベン・ムラスティ・ホヤとハゼ
トランベン・ムラスティ・ヤギについたハゼ

注意ポイント

① 焦らずセッティング

② サービスにカメラを浸ける場所があれば、ダイビング前にカメラを付けておこう!

③ 水中に入ったらもう一度、カメラのレンズ側を下に向け、ハウジング内に水が入ってないか確認!

④ 初めてデジカメをもって水中写真をする方は、中性浮力をしっかりとり、フィンで砂を巻き上げない事。

⑤ ダイビング後、使用したハウジング、ストロボ、ライト等(カメラ器材)はきっちり洗いましょう!
布で拭くこと!ハウジングに水滴の後が残らないようにしましょうね!

※ダイブサファリ中はナイトロックス/エンリッチドエア-の使用をおススメします!

明日への課題が沢山ありますが、とりあえずお疲れ様でした。

目次
閉じる