バリ島、マンボウシーズン|今年も見逃せない巨大マンボウとダイビング

bali nusa penida mola mola

この時期、マンボウはバリで見たいものNo1 !

バリ島には、世界屈指の「マンボウ・ダイビング」スポットがあり、
7月から10月にかけてのマンボウシーズンには、世界中から多くのダイバーがマンボウを見に訪れます。

目次

2023年は1月からマンボウ観測

今年(2023年)は例年より早く1月からマンボウを観測できました

マンボウ:2023年1月レンボンガン島マングローブ

こちらの動画は、1月8日にレンボンガン島のマングローブポイントで遭遇したマンボウです。
水深28メートル、水温23度でした。

通常、ヌサペニダ南部の水温が下るのは早くて5月末からです。

低層から湧き上がる湧昇流によりダイバーが観測可能な深度までマンボウが現れるのは7月~10月にかけて
特に、8月と9月です。

しかしながら、今年は1月からマンボウが観測されはじめました。
更に、3月中旬から末にかけて、数日間にわたり沢山のマンボウの観測が報告されました。

マンボウ2023年3月
マンボウ:2023年3月ヌサペニダ・クリスタルベイ

こちらは、3月24日ヌサペニダのクリスタルベイです。
深度30メートル、水温23度でした。

バリ島のマンボウ・ダイビング:お問い合わせの多い内容のまとめ

モラモラ(Mola Mola)ってなに?

「モラモラ/Mola Mola)」はマンボウの学名です。「モラ/Mola」と言う言葉はラテン語で「ひき石」という意味で、マンボウの独特な円盤状の体の形を表しています。

マンボウって魚ですか?

マンボウ(Mola Mola)はフグ目マンボウ科マンボウ属に分類される魚類です。
軟骨魚の中で最も重く、平均的なピックアップトラックより重い2300キロ以上のメスが記録されています。

マンボウの平均サイズは、長さ3.4メートル、体重は約997キロです。

 バリでマンボウが見られるシーズンは?

バリ島でマンボウが見られる確率が高いのは(年によって若干異なりますが)、湧昇(upwelling)が発生する7月~10月末頃。 

バリ島のどのダビングポイントでマンボウが見られますか?

バリ島でマンボウが現れる確率が高いダイビングポイントは、ヌサペニダ周辺、ギリ・テペコンミンパンです。ただ、一昨年前はトランベンの沈船ポイント(リバティーレック)でも見られました。

水温が低くないとマンボウは見れないの?

マンボウは通常、深場に住み、冷たい海を好む傾向があります。

我々ダイバーがバリ島でマンボウを見られるのは、湧昇流の影響で低層から上層に向かって冷たい水が湧き上がる時期です。

湧昇流によって、深い海に生息するマンボウが太陽の光を浴びるために表層に来る時に、我々ダイバーはその姿を見ることができます。

この時の水温は20℃を下回る場合もあれば、それ以上の場合もあります。

確率的に水温が低い時に出会える可能性が高い傾向にあります。

マンボウって深い場所でしか見れないの?

マンボウ達は水深30m付近、18m付近、運が良ければ水面近くまで上がって来る場合ももあります!

マンボウ好き必見のブログ

バリ島『マンボウダビング』のスタイルとスケジュール

バリでマンボウが現れる確率が高いダイビングポイントは、ヌサペニダ周辺、ギリテペコン、ミンパンです。

ヌサペニダ周辺でマンボウ狙いダイビングのスタイルとスケジュール
  • ヌサペニダまでの所要時間は、サヌールからスピードボートで50分です。
  • この時期は1日3本ダイビングを行います。2本のみ希望の場合は、ボートで待つことになります。
  • クリスタルベイを含め、1日3本のダイビングを行います。 (マンタポイントを含める事もできます)
  • ホテルピックアップ(サヌールの場合)は、水着を着用し、ロビーでお待ちください。ピックアップ時間は、7時30分~8時頃で、サヌールのホテルからボート乗り場までは車で約10分です。
  • ランチは、ボートで食べます。
  • ダイビング後、ホテル到着時間は3時~4時になります。
  • ダイビングボートは、人数によって他のダイバーと一緒に乗ることになりますが、貸し切るチャーター)こともできます。
  • 4名以上のグループで参加する場合は、貸し切り(チャーター)が快適でお得です。
ギリ・テペコン/ミンパンでマンボウ狙いダイビングのダイビングスタイルとスケジュール
  • ギリ・テペコン/ミンパンへはチャンディダサからボートで15分~20分前後。
  • 基本は1日2本。ご希望があれば3本も可能です。
  • ホテルピックアップ(サヌールの場合)は、7時~7時30分です。水着を着用し、ロビーでお待ちください。
  • サヌールのホテルからチャンディダサまで車で1時間かかります。、チャンディーダサに到着後、木製小型ボートに乗りポイントまで移動します。
  • ダイビング後のランチは、2本の場合はレストランで食事し、3本の場合はボートの上で食事をすることもあります。
  • ダイビング後、ホテル到着時間は4時~5時頃になります。

マンボウダイビングの注意点

巨大なマンボウが太陽の光を浴びながら、気持ち良さそうにクリーニングをしている光景は感動的ですよね。
しかし、この素敵なシーンを快適に見る為には備えと注意が必要です。

マンボウ狙いでダイビングに行く際は、水温が低くなることがある為、5mスーツやフードベストの着用をお勧めします。 

マンボウは水中を静かに泳ぎ、ダイバーのはく息やバブルを好まない傾向があります。
その為、水中ではマナーを守りダイビングを行いましょう!


目次