【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

バリでマンボウ狙いダイビング!

バリ島マンボウ,ダイビング
目次

バリ島はマンボウシーズン!

この時期のバリはやっぱりマンボウ狙いダイビング!

バリ島でマンボウに遭遇する可能性が高いのは7月末~10月/11月上旬のみ。
この時期は世界中からマンボウ狙いのダイバー達が集まってきます。

ヌサペニダ行きのダイビングボートはマンボウ狙いのダイバー達で埋め尽くされ、
3ダイブ中少なくとも1回、又は2回、マンボウの遭遇率の高いポイントへ向かいます。

マンボウは通常深場に住み、冷たい海を好むと言われてます。
ヌサペニダの南側はこの時期インド洋から冷たい海水がながれ込み、マンボウはそれを好んでやって来てくんです。
リクリエーショナルダイバーがマンボウに遭遇できるのは、マンボウが太陽の光を求め、浅場に来る時です。

マンボウがゆっくりと気持ちよさそうにハタタデダイ達(Longfin bannerfish)にクリーニングされている姿は感動もの。
ダイバー達はその姿を一目見に、バリ島に来ます。

★このブロで使用してるマンボウ、マンタの動画と写真は、今回3日間連続、プライベート(ガイドとワンツーマン)でマンボウ狙いダイビングに参加されたNさんが撮影したものです

マンボウ狙いダイブ初日!

バリ島サヌール,ヌサペニダへダイビングに行く準備中
ヌサペニダでマンボウダイビング
N氏とガイドのマデ、笑顔で出発

ヌサペニダへはサヌールのスマワンビーチからダイビング用のスピードボートで行きます。
一番遠いマンタポイントでボートで約50分。
途中、ボートがかなり揺れる場合がある為、酔い止め薬を飲んで行きます。

初日のハプニング!デジカメのメディアがフル

1本目:マンタポイントはマンタのオンパレード!
マンタが次から次へと来るのに、Nさん写真を撮ってない。
ガイドもマデも不思議に思ったらしい。
Oさん、水中で気付いたらしいです「GoProのメディアが一杯・フル状態」だったってこと。
ショック水温20度、マンタは沢山見れたけど、写真が取れず残念な結果。

2本目、3本目はマンボウ狙いでブルーコーナーでダイビング。
水温23度~25度。流れあり。マンボウとは遭遇出来ず。

マンボウ狙いダイビング2日目

バリ島サヌールの朝日

サヌールの朝日。早朝からタンクやダイビング器材がドンドン運ばれて来ます。

bali diving nusapenida

今日はGoProのメディアも確認済み。酔い止め薬も飲み、昨日のリベンジ!写真にビデオ、ガッツリ撮ります!

バリ島引き潮
バリ島サヌール,引き潮

かなりの引き潮で、タンクや器材をボートに運べない。
8時にビーチに到着したNさん、1時間待って歩いてボートまで向かいます。 こんな感じで、ずらずら皆で歩いてボートまで・・・

1本目:クリスタルベイ、水温19度、マンボウ現れず

2本目:マンタポイント、沢山のマンタに遭遇!そして、水深28mでマンボウGET!19度。冷たい。

ヌサペニダのマンタポイント
バリ島マンタポイント,ブラックマンタ
バリ島マンタポイントでマンタとダイビング

これでもか!ってぐらいマンタと遭遇!

マンタの次は『がっつりマンボウGET』しました!

やっぱり、迫力あるし、でっかい!メッチャ、水温低く、ブルブルだけど、興奮した~

3本目クリスタルベイ、水温20度。深場にマンボウがいたらしが、2本目でマンボウに遭遇したので、深場へは行かず。今日の最終ダイブはMAX25.9mまで。

バリ島マンボウとダイビング

ダイビングから戻り、ガイドのマデとメッチャ笑顔でマンボウ・サイン

マンボウ狙いダイビング3日目

マンボウ狙いダイビング最終日
昨日ほどではないが、今日もかなりの引き潮。
タンクや器材をボートに運ぶまで、ビーチで待機。

1本目からマンボウGET!

1本目マンタポイントへ行く予定が大波で、マンタポイントまで行けず。
急遽、クリスタルベイへ移動。水温20度。マンボウと遭遇!

2本目、ブルーコーナーの水温26度。水中はかなりの濁りでマンボウ出ず。

3本目、ヌサペニダの北側、癒し系のSDポイントでダイビング。水温26度。サンゴのパノラマの上をのんびりドリフトダイブを楽しました!

バリ島マンボウとダイビング

ダイビング後はガイドのマデとマンボウ・サイン!

3日間のマンボウダイビング、お疲れ様でした。
お写真と動画の提供、ありがとうございます!

目次
閉じる