【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

パダンバイで泳ぐカエルアンコウが見たい!

イロカエルアンコウ,バリ島パダンバイ桟橋下
目次

パダンバイは近場でサクッと楽しめるダイビングスポット!

嬉しいニュース!弊社のブログを見て、「泳ぐカエルアンコウが見たい」ってバリ島在住者の方からリクエストを頂きました。

こんな時期、本当にありがたいです。

パダンバイはバリ島東部に位置し、サヌールから車で約1時間ほどで行けます。
バリ島在住者で「サクッと、手軽にダイビングを楽しみたい!」って方には嬉しいダイビングスポットなんです。また、ダイビングポイントもバラエティー豊か!
今回行ったマクロポイント、ジェティ(桟橋下)もあれば、白砂の水底が美しいトロピカルなポイントもあり、体験ダイビングやビギナーダイバーの方でも楽しめます!

今日のメイン、泳ぐオオモンカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウ黒、バリ島パダンバイ

潜行して直ぐ、見つけました「泳ぐオオモンカエルアンコウ」

パダンバイのジェティで見た泳ぐオオモンカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウは桟橋の柱が好きなのかな?
前回も、砂地を泳ぎながら、柱に向かい、その周りを泳いでました。

イロカエルアンコウ,エスカ,バリ島パダンバイ

エスカを振り回しながら、砂地にどっしり構えるイロカエルアンコウ

イロカエルアンコウ,バリ島パダンバイ

砂地を這いつくばって歩き、泳ぎだしました!

桟橋下はフグ科やキンチャクダイ科がいっぱい!

フグ科

スジモヨウフグ,バリ島パダンバイ
スジモヨウフグ
ネズミフグ
ネズミフグ

尾びれをパット広げて泳ぐスジモヨウフグ(Narrow-lined puffer)
スジモヨウフグの尾びれって、広げるとこんなに大きいんですね。
とっても特徴的です!ネズミフグ(Spot-fin porcupinefish)、クリッとした目が可愛いですね!

ミナミハコフグの成魚
ミナミハコフグ(yellow boxfish)の成魚
サザナミフグ
サザナミフグ(white-spotted puffer)
ヒメキンチャクフグ,バリ島パダンバイ
ヒメキンチャクフグ(fingerprint toby)
ハリセンボン,バリ島パダンバイ

ハリセンボンは大量発生する時もありますよ

キンチャクダイ科もいろいろいます

サザナミヤッコ,バリ島パダンバイ
サザナミヤッコ(semicircle angelfish)
タテジマキンチャクダイ,バリ島パダンバイ
タテジマキンチャクダイ(emperor angelfish)
ワヌケヤッコ,バリ島パダンバイ
ワヌケヤッコ(bluering angelfish)

ワヌケヤッコはライトが足りず体の綺麗な色が十分に伝わらなくてすみません。

まだまだ沢山の水中生物達をじっくり観察

オニオコゼ,バリ島パダンバイ
オニオコゼ
カワハギ,バリ島パダンバイ
カワハギ
ヤッコエイ,バリ島パダンバイ
ヤッコエイ

バリ島でダイビング中に遭遇する有毒魚達「カサゴ目」
のブログはこちら・・オニオコゼも一種です

ミゾレチョウチョウウオ
ミゾレチョウチョウウオ(sunburst butterflyfish)

可愛いらしいミゾレチョウチョウウオ達。
桟橋下には色々な種類の生物達が生活してますね!

今日は見たかった「泳ぐカエルアンコウ」も見ることができたし、ミッション達成です!
パダンバイは近いので、またサクッとダイビングに行きましょう!

パダンバイ,ジェティ(桟橋下)での潜り方

パダンバイにあるマクロポイント、ジェティはチョット特殊なダイビングスポットです。
ちょっと薄暗い桟橋の下とその周りを潜るです。

ここで大切なのが、中性浮力
①フィンで砂を巻き上げないこと
②中層で安全停止ができること

この2点が大切になります!

目次
閉じる