【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

【人気GoProで水中自撮り】初めて挑戦してみた!

コブシメとgo proセルフィ―,バリ島パダンバイ
目次

GoPro片手にパダンバイへGo!

インストラクター二人ボッチでパダンバイへダイビング!
二人ボッチシリーズ第二弾です!
(第一弾はこちら

今回の目的は、PADIとGoProがタッグを組んで行っている「アンダーウォーター・セルフィ―・デー」に参加する為の動画を撮ること。締め切りが今日までだったので、慌ててパダンバイへ行ってきました。

狙いは賞金2000ドル!(笑い)

パダンバイを選んだ理由は、ジェティ(桟橋下)にいるツバメウオの群れを背景にセルフィ―を撮りたかったか。

最悪の透明度

パダンバイへ行ったものの、透明度がメッチャ悪い(泣く)
ツバメウオの群れも墨絵の様に見える。
太陽の光も差し込まないし、これでは全くダメ。
残念だけど、ツバメウオの群れをバックに撮るのは諦めました。

頭を切り替え「コブシメとのツーショットにチャレンジ」

ちなみに、先月24日に来た時はメッチャ綺麗だった
↓の画像をクリックして動画を見てね!
ツバメウオ、ヒメツバメウオの群れがスゴイ!
泳ぐカエルアンコウも現れるよ!

全く同じダイビングポイントでも、日によってコンディションも変わるし、だからダイビングって面白いね!

水中セルフィ―って意外と難しい

通常、GoProはお客様への貸し出し専門で、我々が海へ持って行くことは殆どないんです。
ましてや、セルフィ―は初挑戦!
(※GoProはかなり広角に撮れるので、ヌサペニダのマンタとかサンゴ礁を撮影したいお客様には人気があります)

結構あまく考えてましたね。
自分のバックに被写体を入れる時は良いのですが、上の動画のように、GoProと自分の間に被写体を入れてツーショットを撮るのは結構難しい。生き物相手なので、こちらの都合よく行かないのが現実です。

もう少し、長い自撮り棒が必要だったかもしれません。(残念)

オオモンカエルアンコウ,go proセルフィ―,バリ島パダンバイ

こちらは泳ぐオオモンカエルアンコウとツーショット
水中生物にストレスを与えてはいけないので、慎重に撮影します。
少しの間ですが、運よくGoProと自分の間にオオモンカエルアンコウが近づいてきてくれたので良かった。

中性浮力、大切ですね!

かっこいい動画は撮れませんでしたが、初めて水中でGoProセルフィ―に挑戦してみて良かったです。
これで、少しでも沢山の人達に海の美しさと、ダイビングの楽しさが伝われば嬉しいです!

水中カメラレンタル:
MAX DIVEでは、GoPro、コンパクトデジカメ、一眼レフカメラのレンタルを行ってます。
思い出の一枚!一緒に撮りに行きませんか!

目次
閉じる