【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

エンリッチド・エア講習!トランベンでマクロダイビング

セバエアネモネフィッシュの赤ちゃん,バリ島スラヤシークレット
目次

やっぱり、マクロはエンリッチド・エア(ナイトロックス)使用が良いね

マクロもワイドも大好き、フォト派ダイバーの方とトランベンへマクロダイビングへ行ってきました!

マクロ派・フォト派ダイバーに共通してるのは「じっくり粘って良い写真を撮りたい!
これは誰しもが思うこと。私だってそうしたい。

そんなマクロ派・フォト派ダイバーの強い味方が「エンリッチド・エア(ナイトロックス)です。
エンリッチド・エア(ナイトロックス)を使用することで、減圧不良限界が延長できます。
通常の空気より、より長く潜ることができるメリットがあるんです。

エンリッチド・エアの講習も兼ねトランベンでマクロダイビング

今回参加されたHさんは、バリ島到着前に、eラーニングでエンリッチド・エア(ナイトロックス)コースを完結されていたので、今日はトランベンのマクロポイントで実践です!

エンリッチド・エア,ナイトロックスの講習,バリ島ダイビング

アナライザーを使ってタンク内の酸素分圧をチェックします。

エンリッチド・エア,ナイトロックスの講習,バリ島ダイビング

確認したら、コンピューターをエンリッチド・エア32%にセットし、ダイビング開始でです。

1本目はマクロで人気ムラスティ

ウサギモウミウシ
ウサギモウミウシ,バリ島トランベン

ウサギモウミウシ( Costasiella Usagi  
全体でみると、こんな葉っぱの上にチョコッと乗ってます。
メチャメチャ小さく3ミリぐらい?!アップで見ると、とっても可愛い顔をしているんです。

クサイロモウミウシ

似たよなウミウシで、クサイロモウミウシ(Costasiella Paweli )

オダカホシゾラウミウシ,バリ島トランベンmelasti

オダカホシゾラウミウシ(Hypselodoris roo )
先週に続き、ソヨカゼイロウミウシは驚くほど沢山いました。
その他、ホリミノウミウシ属の一種。良い写真が撮れたかと思います

ワレカラ,skelton shrimp トランベン、melasti

ワレカラ(Skelton Shrimp)、綺麗なシチュエーションにいました

2本目からスラヤへ移動

朝からサヌールは雨でしたが、トランベンも雲行きが悪くなってきました。
二本目が終わったころには、雨がチラホラ降ってきました。
バリ島は雨季ですね。水中もウミウシ類や幼魚達が増えてきました!

浅場にツユベラの幼魚達を頻繁に見かけました。

トランベンのマクロポイント、スラヤで見たバサラカクレエビ
バサラカクレエビ(ambon crinoid shrimp)

ウミシダの色に合わせて生息する擬態の天才!バサラカクレエビ(Ambon Crinoid Shrimp)

コマチコシオリエビ, バリ島トランベン,スラヤ
コマチコシオリエビ(elegant squat lobster)

コマチコシオリエビ(Elegant squat lobster)こちらも擬態の天才です!
ウミシダの中にはハクセンコマチテッポウエビ(Snapping shrimp)もいました
こちらもまた宿主の色に合わせて体色を変化させるスゴイエビです。

ヘアリーゴーストパイプフィッシュ,バリ島トランベン、スラヤ
ヘアリーゴーストパイプフィッシュ(hairy ghost pipefish)
ゴーストパイプフィッシュの子供,バリ島トランベンseraya
赤ちゃん、ゴーストパイプフィッシュ(ghost pipefish)
セバエアネモネフィッシュ,バリ島トランベン
セバエアネモネフィッシュ(sebae clownfish)

ハタゴイイソギンチャクを住処とするセバエアネモネフィッシュ(Sebae Clownfish)
アラビアハタゴイイソギンチャクに住むクマノミは体のオレンジ色の部分が黒くなる現象があると聞くので、このイソギンチャクはアラビアハタゴイイソギンチャクで、セバエアネモネフィッシュは宿主の影響で体の色が黒いのでしょうか?全くの想像ですが・・・

同じイソギンチャクの中に赤ちゃんのセバエアネモネフィッシュもいました!メッチャ可愛い!↓の画像をクリックして動画を見てね!

コホシカニダマシの赤ちゃん,バリ島トランベン,スラヤ
赤ちゃん、コホシカニダマシ(porcelain anemone crab)
バリ島トランベン,スラヤ
オトヒメエビ(cleaner shrimp)

バイオレットボクサーシュリンプ(Violet Boxer Shrimp)もいましたよ!

ホシテンスの幼魚
ホシテンスの幼魚(peacock razorfish juvenile)

ホシテンスの幼魚は砂地を飛びヒラヒラ跳ねるように泳いでました
その他、砂地にカンナツノザヤウミウシ。サンゴ岩の奥に隠れて写真が撮りずらいイレズミハゼ。メタリックシュリンプゴビ―。大きなブッシュドノエルウミウシ。などなど。。

これから11月に入り、ウミウシや幼魚の数はもっと増えていきますよ!

エンリッチド・エア(ナイトロックス)で潜ったお客様の感想

今回、エンリッチド・エア(ナイトロックス)でダイビングした結果、「何時もより体が楽な気がした」とおっしゃってました。三本潜った後、これなら四本目も行けそう!とのコメント。

エンリッチド・エア(ナイトロックス)は数日間連続してダイビングをする方や、フォト派ダイバーにお勧めです。
全てのダイビングをエンリッチド・エアで潜らなくても、1本目、2本目は普通のエアーで3本目だけエンリッチド・エア(ナイトロックス)を使用するのも良いですね。

エンリッチド・エア(ナイトロックス)は利点ばかりでなく、欠点もあります。
安全第一!控えめなダイビングを心がけましょう!

目次
閉じる