トランベン水中写真SP3

デジタル水中写真スペシャリティーコース、最終日はムラスティでダイビング!

当初は、スラヤでピグミーシーホースの写真を撮る予定でいたのですが、

お客様のリクエストで、初日に潜って、少しでも慣れているダイビングポイントの方が良いと言うことで、再度ムラスティへGo !

バリ島トランベン・ムラスティ

この時期(雨季)のバリは水温が高いから、水中はポカポカの29度!

透明度も比較的良かったので、最終日は自由に写真をとります。

水中はこんな感じ

バリ島トランベン・ムラスティ・ナガサキスズメダイ
バリ島トランベン・オトヒメエビ

ナガサキスズメダイとオトヒメエビ

バリ島トランベン・ムラスティ・イソギンチャクモエビ
バリ島トランベン・ムラスティ・フラベリーナ

イソギンチャクモエビとフラベリーナウミウシ

レンタルして頂いたコンデジにマクロレンズを付けての撮影。

「マクロレンズを付けるとピントをピントが合わないよ~」

って意見。

バリ島トランベン・ホリミノウミウシsp
バリ島トランベン・ムラスティ・ベラ

ホリミノウミウシの種類とべラ

ダイビングも水中写真も中性浮力は大切なスキル

今回のお二人はダイビングスキルに問題がなく、中性浮力もバッチリなので、初めからとっても安定して写真がとれました。

水中で中性浮力が上手くとれないと、写真どころか、砂を巻きあげて被写体が見えなくなったり、他のダイバーに迷惑をかけたり、フィンで水中生物を蹴っ飛ばしてしまったりなんて最悪なケースもあります。

中性浮力のスキルを磨き、環境に優しいダイバーになってこそ、ダイビングも水中写真もさらに楽しくなります!

いたわりの気持ちをもって写真を撮りましょうね!

それにしても、カメラを持って海に入ると、時間が過ぎるのが早い。

この2泊3日のミニ・ダイブサファリも楽しくってあっという間に終了。

これからのダイビングがとっても楽しみですね。

いろいろな場所でダイビングを楽しみ、沢山素敵な写真を撮って下さい。

※MAX DIVEはナイトロックス/エンリッチドエア-使用でのダイビングをおススメしてます!

Facebook, インスタグラムYouTubeのフォローもお願いします!

※今回のムラスティでのダイビングの様子はYouTubeにアップしてます!