バリ島ヌサペニダで念願のマンタとダイビング

ヌサペニダで夢が叶ったダイビング

今日はヌサペニダでマンタ、ウミガメとサンゴ礁の2ダイブ!

参加してくれたのは、KさんとHさん。

Kさんはオープン・ウォーターダイバーで、お友達のHさんは体験ダイビング。

とってもチャーミングなお二人です。

実は、このお二人、「マンタを見るのが夢なんです」って参加してしてくれました。

今日のダイビングの様子はMAX DIVEのYouTubeにアップしてます。お二人の笑顔がとっても可愛いです!是非ご覧ください。

バリ島ダイビング,ヌサペニダのブリーフィング

朝7時15分にヌサドュアのアヤナホテルにお迎えに行き、サヌールビーチに到着したのが、8時チョット前。

サヌールビーチに到着したら、ダイビングの申込書に記入し、今日のダイビングの説明を聞きます。

オープンウォーターダイバーでまだ経験本数10本未満のKさん。

今日、初めて体験ダイビングに挑戦するHさん。

「マンタが見たい!」ってことだけで、緊張無し。

それもそのはず、お二人ともプロのスポーツ女子。

海にも慣れてるんですね。

準備が来たら、ボートに乗ります

とっても可愛い笑顔!

バリ島ダイビング,ヌサペニダ

まずは小さなボートに乗り、スピードボートに乗り換えます。

バリ島ダイビング,ヌサペニダに行くボートの中

スピードボートに乗り込み、いざマンタポイントへ出発です!

マンタポイントまではスピードボートで約50分

二人とも、ちゃんと酔い止め薬を飲みました!

完璧!

バリ島ダイビング,ヌサペニダのボート

今日は大きな揺れもなく、とっても快適そう!

もう既にリラックス状態!

南国リゾートをエンジョイしてる感がいっぱい!

ヌサペニダ:マンタポイント

初めてバックロールエントリーに挑戦する、オープンウォーターダイバーのKさん

インストラクターから説明を聞きます。

初バックロールエントリー!

BCDに空気を入れ、マスクをおさえ、ゲージ等をしっかり持ち、お尻をじりじりと船のへりに移動させたら、下にダイバーがいない事を確認し、自然な感じでぼ後ろ向きでエントリーします。

エントリーしたら、OKサイン!

体験ダイビングのHさんは、水面でBCDを着用します。

それでは、Kさん、Hさん、それぞれのガイドに付いて、マンタを堪能!

バリ島ダイビング,ヌサペニダのマンタポイント

透明度はいまいち、水温25度、若干の流れあり

エントリーすると、やってきました念願のマンタ

 

バリ島ヌダペニダ,マンタポイント

ドンドン、マンタが来る!

 

バリ島ヌサペニダ,マンタと体験ダイビング

体験ダイビングのHさんも、しっかりマンタ見れたね!

ブラックマンタは迫力ある!

マンタに会えて、メッチャ満足!

バリ島ヌサペニダのマンタポイント

満弁の笑顔!

Kさんは、経験本数こそまだ少ないですが、とっても勉強熱心なダイバーさん。
ダイビング中もきちんと中性浮力を意識していて、とっても関心しました!

Hさんは、初めての体験ダイビングとは思えないぐらい、海慣れしてる!

こんな人達もいるんですね。少し驚きました。

バリ島ヌサペニダで体験ダイビング

ヌサペニダ:SDポイント

2本目はSDでダイビング。

水温28度。流れ無し。快適なダイビング!

Hさん、水面でガイドさんにBCDを着せてもらってます。

そんな時も笑顔で余裕のピースサイン

可愛い!

マンタポイントとは打って変わって、2本目はサンゴ礁でのダイビング!

 

エントリーして直ぐに現れたのが、ウミガメ!

バリ島ヌサペニダでウミガメとダイビング

ウミガメとのダイビングもエンジョイ!

バリ島ヌサペニダ,トランペットフィッシュ

トランペットフィッシュの群れ

バリ島ダイビング,ヌサペニダのソフトコーラルとハナダイの森

とっても綺麗なソフトコーラルの森

そして、ハナダイとスズメダイの群れ。

うっとりします

バリ島ダイビング,ヌサペニダのキンセンフエダイの群れ

キンセンフエダイの群れ

バリ島ダイビング,ヌサペニダ,カクレクマノミ

カクレクマノミ

薄紫色のイソギンチャクの中にいました

辺り一面の珊瑚

イスズミの群れ

バリ島ヌサペニダでのダイビング終了

ダイビング、お疲れ様でした!

シャワーを浴びて、着替えたら

みんなでランチを食べながらログ付け

バリ島ダイビング

楽しい時間ってアッと今に過ぎる

バリ島ダイビング

今日も思い出に残る、ダイビング日となりました!

またバリ島でお会いしましょう!

良かったら、MAX DIVEのフェイスブックインスタグラムツイッターのフォローお願いします!
YouTubeには、バリ島各地のダイビングスポットでの様子をアップしてます!

ヌサペニダでのダイビングの流れ

ヌサペニダでのダイビングの流れを紹介します

①朝、弊社のドライバーが宿泊先のホテルへお迎えに行きます。
(時間はホテルの場所によって異なります)
今回のお二人はヌサドュアのアヤナホテルに宿泊されていた為、朝7時にロビーにお迎えに行きました。
水着を着用し、タオル、日焼け止め、着替えだけ持ってロビーでお待ち下さい。

②サヌールのスマワンビーチに到着
ダイビングの参加申込書に記入し、簡単なブリーフィング(ダイビングの説明)を聞きます。
後は、ボートの準備が出来るまでのんびり

③ボートに乗り込みます
マンタポイント(一番遠い)まではスピードボートで約45分~50分
途中、ボートが揺れる場合があるので、乗り物酔いをする方は必ず出発前に酔い止め薬を飲んで下さい。

④2ダイブの場合は、ダイビング終了後、サヌールのビーチでランチを食べます。
3ダイブの場合は、ボートの上でランチ。

⑤2ダイブの場合はサヌールのビーチでランチを食べながらログ付け
3ダイブの場合は、サヌールのビーチに戻ってからログ付けします

⑥弊社のドライバーがホテルまでお送りいたします

乾季は水温が低くなります、インナーをお持ちの方は持参して下さい。