【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

バリ島はマクロの宝庫!ムラスティでマックダイブ

サザナミフグの幼魚,white spotted puffer fish juvenile,バリ島melasti
目次

この季節のバリ島は『マックダイブ』が楽しい!

今日は昨日に続き、ムラスティ(Melasti)でダイビング!
MAX DIVEのインストラクター二人ぼっちバディダイビング

バリ島どしゃ降りの雨

今朝は、サヌールからトランベンへ向かう途中がどしゃ降りの雨。
バリ島は乾季から雨季に季節が変わる時期ですね。
空気も湿っぽくなってきてます。

今日はインストラクター2人で1ダイブの予定なので、じっくり楽しみたいのでナイトロックスで潜ります!

ちなみに、数日間続けてダイビングを楽しむ方や、フォト派ダイバーの方にはナイトロックス使用をお勧めしてます。

私自身、バリ島以外(プライベート)でダイビングする時はナイトロックスを使用してますよ。
バリ島でもトランベンやアメッド周辺にあるマックダイビング(マクロ)ポイントに来ると、ナイトロックスのタンクばかりです。 特に、欧米人ダイバー達は必ずって言えるほど、ナイトロックスで潜ってますね。

そして、水中ではバディ同士、お互いのことを考えながらダイビングを楽しまなくちゃです!
バディシステムは安全にダイビングを行う為のルールでもありますが、「一緒に見た水中世界の感動を直ぐにシェアーできる」っていう嬉しさもありますよね~

バリ島マクロポイント,ムラスティ,melasti
ムラスティ

早朝降ってた雨が嘘のよう。
トランベン周辺は晴天!太陽ガンガンです!
水中は昨日ほど流れもなく、まったり。
マクロ派、フォト派にとって、流れは最大の敵と言っても過言でないですからね。

ムラスティで見たもの集サザナミフグの幼魚が可愛い

サザナミフグの幼魚

サザナミフグの幼魚,white spotted puffer fish juvenile,バリ島melasti
サザナミフグの幼魚(white spotted pufferfish juvenile)

今日、最高の出会いは「サザナミフグの幼魚
どんだけ小さいんだ~!多分1センチぐらいかな?
サザナミフグは幼魚の時は黒っぽい色をしてるんです。
特徴はお腹にあるサザナミの様な白い模様。

サザナミフグの幼魚,white spotted puffer fish juvenile,バリ島ムラスティ
サザナミフグの幼魚(white spotted pufferfish juvenile)

こちらはアップした写真
とっても可愛い顔してますね。

インスタグラムに可愛い動画アップしてます!

サザナミフグ,white spotted puffer
サザナミフグの成魚

こちらはサザナミフグの成魚。幼魚が大人になると、↑の写真のようななるんです。
大人になってもお腹の部分にサザ波模様はありますが、見た目は別人ですよね

モヨウフブの幼魚も大人になると変身します

モヨウフグの幼魚、Starry puffer juvenile
モヨウフブの幼魚(starry puffer juvenile)

ちなにみ、↑の写真は「モヨウフグ」の幼魚
去年、アメッドのマクロポイントで撮った写真です。
なんとなくサザナミフグの幼魚と似てますが、お腹の部分にさざ波模様はありせんね。

サザナミフグの幼魚、動画で見るととっても可愛いんで
インスタグラムにアップした動画を見てね!

モヨウフグ
モヨウフグの成魚

モヨウフグの幼魚が大人になると、↑の写真のように変身します。大変身します。

他にも、よく見る生物達が沢山

ワレカラ,skeleton shrimp, バリ島ムラスティ
ワレカラ(skeleton shrimp)
ワレカラが大量にいた
ワレカラ(skeleton shrimp)

とっても綺麗な色のウミエラにいたので、写真を撮ってみました。
下向きになってしまっているのが残念。

1つの葉っぱに大量発生もしてました。
ワレカラ好きではないですが、なぜか目についてしまう

カンナツノザヤウミウシ, Thecacera sp1, バリ島ムラスティ
カンナツノザヤウミウシ(thecacera sp1)

カンナツノザヤウミウシ
昨日も見ましたが、今日は砂地を這ってました

じっくりバディダイブ終了

バリ島マクロポイント、シデム
シデム

一本じっくり潜った後は、近くにあるシデム(Sidem)へ移動。
ここもまた、バリ島で人気のマクロポイント(マックダイブイング)です!
バリ島在住のフランス人ダイバーさんと合流。
ご夫婦でフォト派ダイバー!良いですね。

ランチ

二人ぼっちのダイビング終了!
ランチを食べて、サヌールへ戻ります。

サヌールからトランベンまで片道2時間30
一本だけ潜って帰るのは少しもったいない気がしました。

また機会があったら二人ぼっちでダイビングへ行ってきます。

目次
閉じる