【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

バリ島、憧れのヌサペニダでダイビング!イルカにも遭遇

目次

一度はヌサペニダでダイビングがしたかった~!

ヌサペニダの美しいサンゴのパノラマの上でダイビングをしてみたい。
昨年、MAX DIVEでオープン・ウォーターとアドバンスまで取得したDさん、今回は『絶対ヌサペニダでダイビングがしたい!』とリクエストを頂きました。

Dさんと一緒に参加してくれたお友達のKさんはアドバンスダイバーで経験本数100本。ただ、5年のブランクがある為、水中ではプライベート(ガイドとワンツーマン)でダイビングを楽しんで頂きました

この時期のヌサペニダはマンボウシーズン真っ最中。
ほとんどのダイビングボートは3ダイブ中最低一回はマンボウの遭遇率の高いポイントへ行きます。

マンボウの遭遇率が高いポイントは水温が低く、流れを伴う場合もあります。また、深く潜ることもあるので、それなりのダイビングスキルが必要なんんです。

※経験本数がある方でも、長いブランクがあると緊張するものです。ストレスや不安を感じる方は、安全にダイビングを楽しんで頂く為にも、ガイドとワンツーマンで潜るプライベートダイビングをおススメします。

今日のダイビング動画。MAX DIVEのYouTubeにアップしてます!
↓の画像をくりっくして動画も見てね!
サンゴのパノラマ、沢山のカメ達。水中は癒しが一杯でとっても綺麗です!

ヌサペニダへ行く準備

バリ島ダイビング,ヌサペニダへ行く準備
バリ島ダイビング,ブリーフィング

早朝のサヌール、スマワンビーチ(Semawang Beach)。
次から次へとスキューバタンクや器材が運ばれてきます。
ボートの準備ができる間、ウィットスーツを腰まで着用し、ダイビングの説明事項を聞きます。

バリ島ヌサペニダでダイビング
バリ,ヌサペニダでダイビング

ヌサペニダ出発前にガイドのマデ、インストラクターの光男さんと記念撮影!

バリ島サヌール,スマワンビーチ

今日もかなり潮が引いていたので、テクテク歩いてボートまで向かいます!

ヌサペニダ,癒しのSDポイントでダイビング

バリ島,ヌサペニダ,カメ

1本目、波が高く、マンタポイントまで行くことができず。
マンタは断念し、癒しのSDポイントでダイビング!
SDポイントはペニダ島の北側にあり、この時期(乾季)でも水温が高く、サンゴがとっても綺麗なポイントです。

まさに、今回のリクエストに叶うダイビングスポット!
水温27度、心地よい流れに乗ってのドリフトダイブ!

潜行して直ぐ、カメに遭遇!

この時期、ペニダ島の南側(マンタポイント等)はインド洋から冷たい海水が流れ込み、水温がかなり低くなります(20度を下回る時もある)。

バリ島ヌサペニダ、カメとダイビング
ヌサペニダ,SDポイント

次から次へとウミガメに遭遇!
ブランクがある為、緊張気味だったKさん。
ダイビングのコツを思い出したかな?

バリ島ダイビング,カクレクマノミ
カクレクマノミ
バリ島ヌサペニダ,ハナダイの群れ
流れに乗ってまったりダイビング
ヌサペニダSDポイントでまったりドリフトダイブ
サンゴのパノラマ
バリ島,ヌサペニダ,SDポイントでダイビング
ウミガメ三昧

Dさん、そうそう、こんなサンゴのパノラマが見たかったんです!
水中で「きれい~~~!」って叫びたくなりました!

やっぱりダイビングって楽しいよね!
お二人とも、SDポイントがお気に入りになったようです。

2本目クリスタルベイ

2本目は流れ!

ガイドのマデとDさんは30m弱までマンボウを探しに行きましたが、残念ながら遭遇できず。

水温19度。

バリ島ヌサペニダ,群れハタタデ
ムレハタタデダイ(bannerfish)の群れ
ヌサペニダのクリスタルベイで遭遇したウミガメ
タイマイ

マンボウに遭遇できなかったけど、このムレハタタテダイ (school of bannerfish)はとっても美しかった!
変な格好でモリモリ食事中のタイマイにも遭遇。
ちなみに、今日はヌサペニダでマンボウに遭遇したダイバーはいなかったようです。

ちなみにテペコンに現れたそうです。

あっちにマンボウが現れたか・・・
テペコン、隠れマンボウポイントって言われているんだよね

ダイビング終了後、突然、イルカの群れが現れた!

「イルカだよ~」

ボートの上からバッチリ見る事ができました。

うれしい!
いやいや、今日もとっても楽しい一日でした!
ありがとう!


目次
閉じる