【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

バリ島ヌサペニダでマンタとダイビング

バリ島ヌサペニダ,マンタポイント
目次

一年振りで潜るヌサペニダ

毎年この時期にバリ島にお越しになるベテランダイバーさん。
バリ島でヌサペニダは外したくないダイビングスポットらしく、大のお気に入り。

リクエストに応じ、今年も昨年と同じガイド(ダイブマスター)とワンツーマンでのダイビング

今回のダイビングの目的は「マンタの写真とビデオを撮ること!」

ガイドとも久々の再会

バリ島ダイビング,ヌサペニダ


それでは、ボートに乗り込んで、行ってきます!

1本目のマンタポイントは水温低め。

5mのウエットスーツの下にインナーを着て寒さをしのぎます。
マンタはブラックマンタを含め、しっかりゲット!
目的は達成!良い写真とビデオも撮れたかと思います。

2本目のクリスタルベイも水温低い!

3本目のマングローブ(サケナン)はポカポカ。快適にダイビングを楽しんで頂きました。

バリ島ダイビング,ヌサペニダ

今日も一日お疲れ様でした!

ここでチョット、マンタポイントのご紹介!

ヌサペニダ周辺には約20のダイビングスポットがあります。
その中でも、マンタポイントは絶大な人気があります。

ちなみに、ヌサペニダのヌサは「島」と言う意味で、日本語でペニダ島とも呼ばれてます。

マンタポイントは、ペニダ島の南東側に位置し、サヌールからスピードボートで約50分です。

ペニダ島の南東側は波の影響を受けやすく、うねりを伴う場合も多々あります。
乗船前に必ず酔い止め薬を飲むことをおススメしてます。

たまにですが、高波の影響でマンタポイントに行けない場合もあります。

また、他のペニダ島周辺のダイビングスポットと比べ、プランクトンの影響で透明度は低いです。

乾季に入ると水温が下ります。水温20度まで落ちる時もあるので、インナー等(防寒対策)をおススメします。

マンタポイントでは通年マンタを見ることが出来ます。体験ダイビングやシュノーケリングでもマンタを見ることは可能です。ただ、波が高い日、うねりが強い日もありますので、ある程度のスキルと注意は必要です。

安全にダイビングを楽しむ為、ご自分のスキルにあったポイントを選び、水中ではルールを守りましょう!

目次
閉じる