バリでレスキューダイバーになった!

バリ島でレスキュー・ダイバーコースに挑戦

今回、レスキュー・ダイバーコースにチャレンジしたのは、ベテランダイバーのHさん。

「これからダイビングを続けて行く上で、もう一歩踏み切ったダイビングのスキルを磨きたい!」

という理由からレスキュー・ダイバーコースに参加してくれました。

ダイビングに慣れ、水中で自由自在に動けるようになると、ダイビングがより一層楽しいものになりますよね。

そこで、今回のHさんのように、一度立ち止まり、「ダイビングとトラブル」について意識を高めることがとっても大切になります。

ダイビングは楽しいですが、自然相手のレジャーであり、ときとして予想外のアクシンデン トに遭遇する場合もあります。

ほんのささいなことがきっかけで、大きなトラブルにつながるケースも多いです。

トラブルが起きても冷静に対処できる知識を備える事。また、 トラブルを未然に防ぐ能力を身につける事は、ダイバーにとって大切なことです。

レスキュー・ダイバーコースの参加条件と流れ

レスキュー・ダイバーコースは12歳以上で、PADIアドバンス・ダイバー(又はアドベンチャー・ダイバーでナビゲーション・ダイブを行ったダイバー)かつ、EFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)プログラムの修了者なら誰でも参加できるコースです。★EFRはレスキュー・ダイバーコースと一緒に終了することができる

今回Hさんは、事前にレスキューダイバーマニュアルを読み学習して頂き、バリ島では3日間でレスキュー・ダイバーコース+EFRを行いました。

1日目:クラスルームでビデオを見た後、事前に学習して頂いたナレッジリビューの確認と最終テスト。その後EFR
2日目:プールでレスキュー練習
3日目:海でシナリオレスキュー

レスキュー・ダイバーコース1日目

初日はレスキュー・ダイバーコースのビデオを見たあと、学科の復習をし、ファイナルテスト。

Hさん、日本でしっかり勉強してきました。学科の復習もファイナルテストもなんなりと終了。

EFRコースでは、心停止など生命にかかわる緊急時のケア(一次ケア)と、生命にかかわらないケガや病気のケア(二次ケア)について学び、現実的なシナリオを作り、練習。

バリ島EFRコース
バリ島EFRコース,AED自動体外式除細動器の使い方

「一次ケア」では、主にCPR(心肺蘇生法)を中心にコースが展開され、人形を使ってCPRの練習。
また、AEDのデモ機を使用し、シミレーションをしながら、AEDの使用方法なども練習。

バリ島EFRコース

減圧障害のファーストエイドで有効な、酸素供給機の設定方法や、酸素供給の仕方を練習。

「二次ケア」では、ケガや病気の対応であるファーストエイド(応急手当)を学び、練習。
傷口の手当や、三角巾の使い方なども練習します。

初日終了したのは午後7時を過ぎ、かなり長い時間クラスルームで頑張りました!

レスキュー・ダイバーコース2日目

2日目はプールで講習

朝8時、プールに到着。

今日はマスターする課題が山盛りです!

それにしても、プールの水が冷たい。寒い。太陽も顔をだしてくれない・・・

プールではセルフ・レスキュースキル(●足のつりを治す ●水面に出たらオーラルでBCDを膨らませるかウエイトを捨てて浮力を確保する ● 気道のコントロールをする ●バックアップ空気源を使用する。など・・・)の復習。

その後、以下10項目の課題をじっくり練習。

  1. 疲労ダイバーのアシスト
  2. パニックダイバーのレスキュー
  3. ボートの上や浜から水面でトラブルを起こしている人の救助のシミレーション
  4. 水中でトラブル(疲労ダイバー、パニックダイバー、エア切れなど・・・)に遭遇しているダイバーのアシスト
  5. 行方不明ダイバーの捜索
  6. 水中で反応がないダイバーを浮上させる
  7. 水面で反応がないダイバーのアシスト。. 効果的なレスキュー呼吸をしながら、ダイバーを曳行し、器材(事故者と救助者)を取り外す方法をデモンストレーションする。
  8. 反応のないダイバーのエキジット
  9.  ファーストエイドと酸素供給。
  10. 水面で反応のない(呼吸していない)ダイバーに浜/ボートから対応

↑の10項目に加え、今日は水中でシグナル・フロートの上げ方もプールでじっくり練習しました。

通常のファンダイブではダイビングガイドがシグナルフロートを上げますが、水中でシグナルフロートの上げ方をマスターするのはとても大切です!

エア切れダイバーにバックアップ空気源(オクトパス)を渡すスキルは何度も練習。だって、オクトパスを逆に渡してしまうんだもん

パニックダイバーのアシスト方法の練習は、パニックダイバー役がかなり大胆にパニックダイバーを演じてくれたので、ここで一気に体がポカポカになった。

始めは冷たく感じたプールの水も、コースが進むにつれ、冷たさも感じなくなってきました。

朝8時から始まり、全部終了したのは4時。

かなりじっくり1つ1つのスキルトレーニングをする事ができました!

バリ島パダンバイビーチ

レスキューコース3日目

3日目はパダンバイでレスキューシナリオ練習

今日のパダンバイはコンディション最高!

1本目はダイビングスポット「ジュプン」で練習

水温27度。波無し、流れ無し、透明度15mオーバー

昨日のプールは何だったんだ!って思えるぐらい水中はポカポカ

Hさん、良かった!

まずは、①行方不明になったダイバーを捜索し、水面に引き上げる ②反応がなく、意識のないダイバーを水面でのレスキュー呼吸、しながら曳行、器材の取り外しをする。③パニックダイバーのアシスト。④疲労ダイバーのアシスト ⑤意識のないダイバーを安全に浮上させる、などなど・・・昨日プールで行ったスキルを様々なシナリオをシミレーションしながら練習していきます。

Hさん、どのスキルもびっくりするぐらいスムーズ。

ただ、焦りからか? またオクトパスを逆に渡してしまう・・・

疲労ダイバーアシストの練習や、水面でレスキュー呼吸しながらの曳行と器材外しはかなり息が上がってしましたね。今日は全く波が無かったから良かったけど、これで波や流れがあったらもっと大変で、体力も使いますよ!

時間はかかりましたが、じっくりとほぼ全てのスキル完了!

2本目はダイビングスポット「ビアストゥガル」

水温27度、流れ無し、透明度15オーバー

レスキュー・コース最後は、より実践的な練習。

ファンダイビング型式をとり、その中でダイバーのトラブルを発見し、アシストします。

事前にシナリオを伝える事なく、Hさんは水中で突然疲労ダイバーに遭遇したり足をつったダイバーに遭遇したりエア切れダイバーに遭遇したり し、その都度、適切な対応をしていきます。

いつ何が起こるか分からないシナリオの中、しっかり対応出来ました!

今回はエア切れダイバーにオクトパスを逆に渡すこともなく、100発100中完璧でした!

これでHさん、かなり自身がついたのではないでしょうか

バリ島でレスキューダイバーコース

祝・レスキューダイバー

Hさん、3日間、本当にお疲れ様でした!

レスキューダイバー!おめでとうございます!

★良かったら、MAX DIVEのフェイスブックインスタグラムツイッターのフォローお願いします!
YouTubeには、バリ島各地のダイビングスポットでの様子をアップしてます!