ダイビング中に遭遇する有毒魚達「カサゴ目」

毒を持つ脊椎動物の50%以上が「魚類」だって知ってましたか?

海洋魚のほぼ1200種に毒があり、有毒脊椎動物の3分の2を占めているんです。

サメやエイなどを含む、軟骨魚綱(なんこつぎょこう)のアカエイは尾の内側に長くて、協力な毒棘(トゲ)を持つことで知られていますね。

一般的に「海洋魚」と言われいる条鰭魚類(じょうきるい)はどうでしょう?

ダイバーになじみの深い、カサゴ目/亜科の魚達を見てみよう!

彼らは、背びれ、腹びれ、尾びれの棘(トゲ)になどに毒を持つ魚なんです。


生物分類学的階級

図鑑をみると、目、科、属、種、など、生物を分類し階級付けしていますよね。

これは、「生物分類学的階級」言い、1600年代に形づくられ,18世紀にスウェーデンの博物学者リンネ(Carolus Linnaeus)によって作られました。

ちなみに、我々人間は

「界:Kingdom」
動物界

「門:Phylum」
脊索動物門(Chordata)

「鋼:Class」
哺乳綱(Mammalia)
 

「目:Order」
サル目

亜目:Sub-Order
直鼻猿亜目(Haplorhini) ちょくびあもく

「科:Family
ヒト科

亜科:Sub-Family
ヒト亜科 (Homininae)

「属:Genus」
ヒト属 (Genus Homo) 

「種: Species」
ヒト(Homo sapience)


魚類の分類:カサゴ目フサカサゴ科

「開:Kingdom」
動物界

「門:Phylum」
脊索動物門(Chordata) Vertebrate    

「亜門:Sub-Phylum」
脊椎動物亜門(せきつい動物)

「鋼:Class」
哺乳綱(Mammalia)、
鳥綱(Aves)、
両生綱(爬虫類を含む)(Amphibia)、
魚綱(Pisces)
昆虫綱(Insecta)
蠕虫綱(Vermes)

「区:Division」
軟骨魚綱 
条鰭魚類 (Actinopterygii)

「目:Order」
カサゴ目 Scorpaeniformes

「亜目:Sub-Order」
カサゴ亜目 (Scorpaenoidei/Scorpaeniformes)
セミホウボウ亜目
コチ亜目
ギンダラ亜目
アイナメ亜目
ノルマニクテュス亜目
カジカ亜目

「科:Family」
フサカサゴ科 Scorpaenidae
イボオコゼ科
メバル科
オニオコゼ科 (オニオコゼ亜科)
ハオコゼ科 

「亜科:Sub-Family」
(カサゴ科の亜科)

シロカサゴ亜科
ヒレナガカサゴ亜科
メバル亜科
ハチ亜科
ハオコゼ亜科
オニオコゼ亜科
ヒメキチジ亜科
フサカサゴ亜科

「属: Genus」
(フカカサゴ亜科下の属)
ノコギリカサゴ属
ヒメヤマノカミ属
エボシカサゴ属
ハナカサゴ属
カクレカサゴ属
ハタタテカサゴ属
マツバラカサゴ属
セトミノカサゴ属
ネッタイフサカサゴ属
ヒオドシ属
ツノカサゴ属
ミノカサゴ属
ボロカサゴ属 
フサカサゴ属
イソカサゴ属
オニカサゴ属
マダラフサカサゴ属
ハダカハオコゼ属
フンドウカサゴ属
クマカサゴ属

【オニオコゼ】
目:
カサゴ (Scorpaeniformes)

亜目:
カサゴ亜目 (scorpaenoidei/Scorpaeniformes)

科:
フサカサゴ科(scorpaenidae)

亜科:
オニオコゼ亜科(synanceiidae)

属:
ヒメオコゼ属 (minous)
オニオコゼ属:(Inimicus)種:(オニオコゼ、ヒメオニオコゼ、Inimicus filamentosus)
オニダルマオコゼ属 (Synanceia)種: (ツノダルマオコゼ、オニダルマオコゼ)

ダルマオコゼ属:Erosa

ミノカサゴ属の仲間:優雅なヒレに毒

ハナミノカサゴ

フカカサゴ科ミノカサゴ属

ダイビング中によく見かけるミノカサゴ。

「目」カサゴ目→「亜目」カサゴ→「科」フサカサゴ「亜科」フカカサゴ→「属ミノカサゴ→「種」ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、ネッタイミノカサゴ、キリン等

カサゴと言ったら、この「ミノカサゴ属」の仲間達を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
胸ビレを大きく開き、フワフワ泳ぐ姿はとっても優雅ですよね。
英語ではライオンフィッシュ(Lion fish)といわれ、欧米人ダイバーの間でとっても人気が高いです。

彼らを優雅に見せる「背ビレ」「腹ビレ」「尾ビレ」こそが危険
背ビレ、胸ビレ、尾ビレ部分に毒棘があり、危険なヤツなんです。

バリ島でほとんどのダイビングスポットで遭遇します。
中でも最も頻繁に見られるのは、ミノカサゴハナミノカサゴネッタイミノカサゴなどです。

上記、写真は「ハナミノカサゴ」です。
ミノカサゴとそっくりですが、「尾びれこまかい斑紋がある」のがハナミノカサゴで、ないのがミノカサゴです。

オニカサゴ属の仲間:そっくりさんが多い

バリ島オニオコゼ

フサカサゴ科オニカサゴ属

「食べると美味しい」食卓の高級魚たちも、背ビレに毒棘をもち、危険なヤツです。

「目」カサゴ→「亜目」カサゴ→「科」フサカサゴ「亜科」フカカサゴ→「属」オニカサゴ→「種」サツマカサゴ,ニライカサゴ,オニカサゴ等

背ビレ部分に毒を持ってます。

バリでよく見かけるのが「ニライカサゴ

ニライカサゴ

オニダルマオコゼ属のツノダルマオコゼにそっくりです。
前者は英名でFalse stone fish, 後者はTrue stone fishと呼ばれています。
偽オニダルマと本当のオニダルマって事でしょうか?

ハダハカオコゼ:擬態に毒棘・・・

ハダカハオコゼ

フサカサゴ科ハダカハオコゼ属

「目」カサゴ→「亜目」カサゴ→「科」フサカサゴ「亜科」フサカサゴ「属」→ハダカハオコゼ→「種」ハダカハオコゼ( Leaf scorpionfish)

大きな背ビレが特徴。ここに毒棘が潜んでいるんです
バリ島では珍しくなく、いろいろなダイビングスポットで見られます。ハダカハオコゼ黒

周囲の環境に合わせ擬態するので、白、ピンク、黒などのハダカハオコゼをよく見かます。
脱皮する魚として知られ、体の表皮が1枚ずつ剥がれるように落ちるんです。ボロカサゴもそうですね。

ツマジロオコゼ:背ビレに毒棘

バリ島 ツマジロオコゼ Cockatoo waspfish

ハオコゼ科ツマジロオコゼ属

「目」カサゴ→「亜目」カサゴ→「科」ハオコゼ「亜科」ハオコゼ→「属」→ツマジロオコゼ→「種」ツマジロオコゼ(Cockatoo waspfish)

バリでは特にマクロポイントで見かけます。
砂地を枯葉が揺れるように、ユラユラしてます。遠くから見ると、「葉っぱ」と間違えてしまうこともしばしばありあす。

おとなしそうに見えるけど、背ビレの棘に毒があるんです。

アゴヒゲオコゼ:ピョコタンにも毒棘が・・・

アゴヒゲオコゼ

ハオコゼ科アゴヒゲオコゼ

「目」カサゴ→「亜目」カサゴ→「科」ハオコゼ「亜科」ハオコゼ→「属」→アゴヒゲオコゼ→「種」アゴヒゲオコゼ(Bearded roguefish)

ピョンピョン飛ぶので、ダイバーの間では「ピョコタン」とも言われえます。
バリでは結構レア

とっても愛くるしい顔ですが、この子の背ビレに毒棘があります。

バリ島 ボロカサゴ weedy scorpionfish, rhinopias frondosa

フサカサゴ科ボロカサゴ

ボロカサゴはダイバー(特にフォト派・マクロ派)ダイバーの憧れ!
英語だとこの属を、Rhinopias (リノピアス)と呼び、現地ガイドは「リノピアス」って呼んでます。

「目」カサゴ→「亜目」カサゴ→「科」フサカサゴ「亜科」フカカサゴ→「属」ボロカサゴ→「種」ボロカサゴ(Weedy scorpionfish),ホウセキカサゴ(Paddle-flap scorpionfish),レーシースコーピオンフィッシュ(Lacey scorpionfish) 等

彼らもまた、背ビレに毒棘が持つんです。

ボロカサゴ属

バリ島でもそう頻繁には遭遇しないので、水中で出会うと「テンション」が上がってしまいますね。

オニオコゼの仲間達:かなりグロテスク

「目」カサゴ目→「亜目」カサゴ亜目→「科」フサカサゴ(オニオコゼ)→「亜科」オニオコゼ→「属」→オニオコゼ、ヒメオコゼ、オニダルマオコゼ、ダルマオコゼ→「種」各種がいる。

背ビレの棘条に毒腺があり、強力な神経毒が分泌される。
ほとんどの場合、砂地に体を埋もれさせたり、岩に擬態したりしている。

オニオコゼ属(Inimicus

  • オニオコゼ Inimicus japonicus (Devil stinger)、
  • ヒメオニオコゼInimicus didactylus (Demon Stinger)

ヒメオコゼ属(minous)

オニダルマオコゼ属(synanceia) : Stone fish

  • オニダルマオコゼ synanceia verrucosa (reef stonefish)
  • ツノダルマオコゼ  synanceia horrida (true stonefish)
  • synanceia nana

オニダルマオコゼ属は、ツノダルマオコゼ、オニダルマオコゼなどがいます。

あるく魚?

オニオコゼ属(オニオコゼ、ヒメオニオコゼなど)は↓こんな風に胸ビレの「遊離軟条」を使って水底を歩くんです。
背ビレに強力な毒棘があります。

こちらのかなりグロテスクなヒメオニカサゴ

オニダルマオコゼ:最強の猛毒魚

バリ島 オニダルマオコゼ, reef stonefish, synonceia verrucosa

フサカサゴ科(オニダルマ)オニダルマオコゼ属

「目」カサゴ→「亜目」カサゴ→「科」フサカサゴ(オニオコゼ)→「亜科」オニオコゼ「属」→オニダルマオコゼ「種」オニダルマオコゼ(Reef stonefish)

背ビレの棘(トゲ)にと~っても強い毒をもってます。
砂に埋もれているか、動かずじ~っとしている。
ヒメオコゼやオニオコゼのように、遊離軟条を使って水底を移動している姿を見たことはありません。
無いんだと思います。

綺麗な魚達にも毒はある

バリでのダイビングでよく見かける「フサカサゴ科」で「毒棘」をもってる魚達をまとめました。
優雅に泳ぐ「ミノカサゴ」にも、可愛らしい「ツマジロオコゼ」や「ハダカハオコゼ」にも「毒棘」があります。

水中にはまだまだ気を付けなければいけない魚達が生息してます。
いろいろ覚えて、ダイビングを楽しみましょう!

 

参考: