パダンバイでマクロダイビング

パダンバイはマクロの宝庫です

パダンバイでマクロダイビング。 少し前まで海の中の色がグリーンだったパダンバイのジェティーポイントも今日は透明度が回復してきてました!パダンバイでマクロダイビング。

何時もの以上にゴンズイとハリセンボン達がウジャウジャいましたよ~。ゴンズイ、今日もいました。あれは幼魚達です。ゴンズイ特有の集合フェロモンをガンガン出して超でかいゴンズイ玉を作ってました!でっかいタコ!ワンダイブで何回遭遇したかな?今回もジェティーでのダイビングも『超じっくりダイビング』なのでじっくりとタコの動きや色の変化なんかを観察する事が出来てかなり面白かった。

白っぽいハダハカオコゼ(Leaf fish)。パイプフィッシュ(Pipefish)もハリセンボン達に負けずと劣らず沢山いました。

本日2本目はブルーラグーンでマクロ探しのダビング。ジェティーとは対照的でこちらは真っ白な砂地。

何時もの場所にいたオラウータンクラブ。2ひき一緒にいましたよ。大好きなハナビラクマノミ。英名もPink anemone fishなんで可愛い。スリバチカイメンの凹んだ部分を探すと、いたいたピンクスクワットロブスター。何時も英名で‘Pink squat lobster`って呼んでるけど和名だとサクラコシオリエビって言います。今回は一つのスリバチカイメンの凹みの中に3びき見つけましたよ。

こちらの凹みには、タレクチウミタケハゼ(Barrel sponge goby)もいました。 カエルアンコウ(Frogfish)下向いてしまってるよ。

最後にウミウシの中でかなり好きなサキシマミノウミウシ(Flabellina Nudibranch)がいあした。でも、写真を撮るにはチョット難しいポジション。それに、体も揺れちゃうし・・

内心、魚達に「もっとこっち向いてよ!」とか「動かないで!」とか言えたらなぁ~なんて思うけど、ここは水中世界。我々ダイバーは魚達の住処にお邪魔させてもらってるわけですからね。大きな体のダイバーが大きなカメラをもって近づいていったらビックリして隠れたくなるのも当然の事ですよね。

今回も安全にダイビングを楽しむ事が出来ました。

ダイビング終了後に毎回思うけど、ダイビングって本当に良い。みんな同じ興味を持って来るから初めて会った人達とも直ぐに打ち解けることが出来るし、友達の輪がドンドン膨らむ。今回のメンバーの1人が言ってたけど「ダイビングしてると陸上での嫌な事も忘れられる」って。私も同感です。海に癒され、魚達に癒され、仲間達に癒され、気持ちもリフレッシュできて『明日からまたガンバロー』

leaf-fish-padangbai-jetty
orangutan-crab-padangbai
pink-anemonefish
goby

パダンバイのダイビングの魅力!

●バリの南部リゾートから1時間30分弱で近い

●ジェティーのような黒砂のマック・ダイビング(Muck Diving)ポイントもあれば、ブルーラグーンのような真っ白な砂地のポイントもある

●休憩中のシュノーケリングも楽しいです!

●のんびりダイビングを楽しんでも4時頃までにはリゾートに帰れる。