ヌサペニダでファンダイブ

マンタとサンゴ礁の上でファンダイブ!

ヌサペニダと言えば、通年見る事の出来るマンタと美しサンゴ礁

今日は、マンタポイントとサンゴ礁の美しいPEDでダイビングを楽しみます!

朝、出発前のサヌールビーチ。

今日も沢山のダイバーです!

ビーチでおしゃべりしながら待ってると、ボートの準備が出来ました!

みんなでボートに乗り込みます。

ヌサペニダのマンタポイントまではサヌールビーチからスピードボートで約1時間。

途中、揺れることもあるので、酔い止めをバッチリ飲んでおきました!

マンタが泳ぐ姿はとってもカッコいい

マンタは何度みても、新鮮。

次から次えとくるマンタの雄大な姿に見とれちゃいますね~。

PEDポイントではカメやヤガラの群れに遭遇。

そして、なんと言っても、美しいサンゴ礁魚達の群れ

竜宮城にいるような気分になります!

 

この小さな写真の中だけでも、アデヤッコ、タテジマキンチャクダイ、ハタタデダイ、モンガラカワハギetc

とカラフルな魚達が詰まってます。

実際、水底には、辺り一面に広がるサンゴ礁の上をドリフトダイブで楽しみます・・・

スゴイよね。

 

どこまでも広がるエダサンゴの上に群れるイサキ類の魚達。

こちらはスズメダイの群れ。

今日は沢山の魚の群れに囲まれながらのダイビングで、本当に楽しかった!

今日のダイビングの様子はMAX DIVEのYouTubeチャンネルにアップしてます!

MAX DIVEのFacebook, インスタグラムのフォローもお願いします!

ヌサペニダでのダイビング

ヌサペニダはバリ島南西に浮かぶ島。

Wikipediaによると、ヌサペニダの面積は約202.8k㎡, お隣のレンボンガン島は8k㎡。

石垣島の面積が222.5k㎡なので、それより少し小さいぐらいです。

ヌサペニダまではサヌールビーチからスピードボートで約1時間弱。

この島は、もともとサンゴ礁と石灰岩からできているんです。

ヌサペニダは東南アジアのコーラル・トライアングル・ゾーン(サンゴ礁三角地帯)内にあり、サンゴ礁の素晴らしさはもちろん、魚影がとっても濃いんです。

また、海洋保護地区にも指定されています。

今回ダイビングをしたPEDポイントは、ヌサペニダのPED村の前にあります。

PED村にはバリヒンドゥー教徒にとって、とても大切な大きな寺院があります。

病気や怪我などから身を守ってもらう為、この近辺のバリ人達は、年に一度はここで礼拝をおこなうみたいです。

ヌサペニダはまだまだ発展途上の島ではありますが、島とその周辺の海の美しさは軍を抜いてます。

是非一度、ヌサペニダの素晴らしいサンゴ礁と魚の群れを見てみませんか?