PADI 新・ハンドシグナル「体調が悪い」

覚えよう!新しハンドシグナル「体調が悪い」

PADI講習に新しいハンドシグナルが追加されました!「体調が悪い!I don't feel well !

前回のブログ必ず覚えておきたいハンドシグナルでも触れましたが、ここでもう一度ご紹介します!

「体調が悪い時はダイビングを控えるのは鉄則」

もし、ダイビング中に「体調が悪くなったり、異変を感じたら、我慢せずに素早くバディ、インストラクターやダイブガイドに伝えましょう。その為の大切なハンドシグナルです

新PADI ハンドシグナル 体調が悪い

ハンドシグナルの使い方:

 手のひらを自分自身に向けた状態で頭から胴体まで「体の前面で円を描きます」 
これは、(器材ではなく)自分自身の何かがおかしい、または体調不良であることを意味します。

ダイビング中に「体調が悪くなった」時の例(シナリオ)

ダイビング中に体調が悪くなったら

①まず、「異常あり/何か変」のサインをだし、

ダイビング ハンドシグナル 異常あり,何か変

②次に、「体調が悪い」のサイン

新PADI ダイビング ハンドシグナル 体調が悪い

③そして、「浮上」のサイン
ダイビングを中止し、浮上します

ダイビング浮上サイン

この3つが組み合わせになります。

ハンドシグナルは水中での共通語!

ダイビングを安全に楽しむ為にも、バディ同士、ブリーフィング時に必ず「ハンドシグナル」の確認が大切
「ハンドシグナル」がうる覚えになってしまってる方は是非、こちらのブログを見て復習してみて下さい!

※ブログのカタゴリー「ダイビング上達のコツ」では、これからダイビングを始める方、既にC-カードは持ってるけど不安がある方向けに「ダイビングを楽しむ為のコツ」を紹介してます

 

MAX DIVEバリへのお問い合わせ
インスタグラム
ツイッター
フェイスブック
YouTube

シェアー