【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

エビとウツボの意外な関係|お互い助け合って生きてます

海のギャング肉食系のウツボと小さなエビ
彼らの間には意外な関係があるんです。

先日、オープン・ウォーター・ダイバーさんとトランベンへ行ってきました。

そこで見たのが、ウツボの口の中や体にまとわりつく小さなエビ

ウツボをお掃除するアカシマシラヒゲエビ

このエビ何してるんですか?

ウツボの体に付いてる寄生虫お掃除しているんだよ。

ダイビングをすると、水中生物達の意外な関係を目にします。

アカシマシラヒゲエビとウツボもその一つ。

目次

エビとウツボの相利共生関係

アカシマシラヒゲエビ(クリーナーシュリンプ)はウツボの体に付いた寄生虫食べながらお掃除しているんです。ウツボの口の中や歯の隙間に残った食べかすまでも食べて、綺麗にするんです。

ウツボの口の中をお掃除する「アカシマシラヒゲエビ」
ウツボの口の中をお掃除する「アカシマシラヒゲエビ」

アカシマシラヒゲエビとウツボのような関係を「相利共生」と言います。

相利共生とは、異なる種の2つの生物が強力しあい、それぞれが関係の恩恵を受けること。
(英語では、Symbiotic relationship/Mutualistic  relationship)

  • ウツボは体に付いた寄生虫をお掃除してもらうことで、健康維持!
  • アカシマシラヒゲエビはお掃除しながら食事ができる!
    そして、ウツボと一緒にいることで、天敵から身を守ることもできる。

海洋生物達はお互い助け合いながら生きているんですね

クマノミとイソギンチャクの関係もそうだね

水中世界って不思議がいっぱい。

ダイバーになって、お魚達をじっくり観察して見ませんか?

今回のダイビングポイントと撮影ログ

バリ島トランベン,コーラルガーデンポイントでダイビング
バリ島トランベン

ポイント名:バリ島トランベン,コーラルガーデンポイント付近
水温:28度
深度:10メートル

トランベンのコーラルガーデンポイント付近は魚影が濃く、オープン・ウォーター・ダイバーの方でも十分に楽しめるポイントです。浅場には、沢山のクマノミ達、ハナヒゲウツボ、ハタタデダイの群れ、チョウチョウウオたちがいますよ。

目次
閉じる