メガネスズメダイとクロメガネスズメダイの見分け方

似てるけど、ちょっと違うスズメダイ

小さくって可愛い、でも気が強いのが「スズメダイ
体験ダイビングでも良く見かけますよね。

青が綺麗で、珊瑚の上を群れているデバスズメダイは、見ているだけどホノボノしますよね。
ミツボシクロスズメダイ達も見た目は可愛い。

色鮮やかなスズメダイ達が群れてる姿はとっても綺麗ですが単独でいる姿は何とも言えない迫力があります。

 

スズメダイ科には300以上の種類が属しているから、中には似たようなのもいるんです。

1つの例が「メガネスズメダイ」と「クロメガネスズメダイ
似たような見た目と名前だけど、ちょっと違うんですよ。

メガネスズメダイ

メガネスズメダイ

メガネスズメダイとクロメガネスズメダイの違い

「メガネスズメダイ」と「クロメガネスズメダイ」の違い、分かりましたか?

一番の見分け方は、「尾鰭(オビレ)の付け根部分に白いライン」です。

よ~く見ると、「メガネスズメダイ」は白いラインがあって、「クロメガネスズメダイ」には無い。

両方とも幼魚の時が一番きれいで、成魚になると地味な色に変わります。

次回、ダイビングで遭遇したら、尾鰭の部分を見てみてください!

 

 

シェアー