【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

ゴロンタロと言えばサルバトール・ダリ海綿だよね! (Gorontalo diving trip)

honeycomb dali sponge
目次

ゴロンタロは見どころ漫才の海

何時ものように朝7時30分、ランチェがホテルに向かえに来てくれました。そしてダイビングへGO!

1本目:ダイブサイト:Jinn Caves、最大深度27.7M, ダイブタイム56分、流なし、透明度GOOD

2本目:ダイブサイト:Honeycomb East、最大深度25.6M, ダイブタイム53分、流なし、透明度GOOD

3本目:ダイブサイト:Swirling Steps、最大深度26.8M, ダイブタイム61分、流なし、透明度GOOD

ゴロンタロのダイビングの見どころは!

  • ゴロンタロでしか見れないスポンジ。その名も「サルバドール・ダリ」Salvador dali songe
  • 巨大なサンゴ
  • 壮大なウォール
  • 水中の色。「ゴロンタロブルー」
  • 地形と光
  • マクロも面白い

ゴロンタロと言ったら世界中でここにしか生存しない「サルバドール・ダリスポンジ(Salvador dali songe)

ここでしか見る事が出来ない海綿(スポジ)でその模様に特徴があります。
みなさん良い写真がとれたかな?

サルバドール・ダリスポンジは残骸絶壁のウォールからなだらかな場所まで様々なところにあります。
まだ小さいものから大きいものまで大きさも様々。
大きくなりすぎると重くて支えられないらしく、倒れちゃってるのも見つけました。

有名水中カメラマンもゴロンタロでこのサルバドール・ダリスポンジの撮影をしたみたいです。
近くでみると本当に迫力があります。

サンゴが生き生きとしてます!素晴らしいキャベツサンゴ。流れな~しのまったりダイビング。吸い込まれそうな壮大なウォール!とにかくリラックスして水中を楽しめるのもゴロンタロの良さ。明日からまたエンジン全開で潜ります!

目次
閉じる