ゴロンタロ最終日はゴロンタロの海について語る (Gorontalo dive trip)

ゴロンタロでのダイビング、語りきれないない楽しさ

昨日でゴロンタロでのダイビングが終了し、今日は終日リラックス。

迷わずマッサージに行きショッピングモール内にあるJ-COでコーヒータイム!ショッピングモールで可愛い店員さん達を発見。日本のコスプレみたいでみんな可愛い~~!

gorontalo-girls

ゴロンタロも初めて来た6年前と比べるとどんどん変わってます。まず、ビールが飲めるレストランが増えたこと(それでも4件)、今年も一軒増えてました。2年前にイタリアンレストランがオープン、昨年ハイパーマートとショッピングモールがオープン、ちょっぴりお洒落なカフェもオープンっしてました。 ゆっくりだけど年々変化してる。庶民の足となってるベントール、無くならないでほしいな!

最後の晩はディナーを食べながら皆でゴロンタロでのダイビングを振り返ります。

私、隊長、リピーターの方々が言う事は「ゴロンタロって不思議な場所なんだよね~。1回目より、2回目。2回目より3回目・・・・毎回来るたびに印象が変わる!」それって何でなんだろうね?素朴な疑問が飛び交う中、隊長が一言「みんなのダイビングスキルが上がってきてるので、初めて来た時(潜った時)には気づかなかった事や見えなかったものが見えてきたんじゃないかな~?」、「みんなドンドン違いが分かるダイバーに成長してる!って事だよ~。。。。。」なんてお褒めの言葉を頂き、「うん、なるほどね~」って私も納得。

今回ゴロンタロで400本ダイブを達成したJさんも「初めて潜った時は壮大なウォールを目の前にして少し怖くも思えたけど、今では大のウォールダイブ(ドロップオフ)好きになったよ~」って言ってました。ゴロンタロには特別なヤギ(Sea fan)が水深40M付近にあり、それを見に行くにはディープダイバースペシャリティーが必要になります。Kさんいわく「初めて来た時はみんなと一緒に40Mにあるヤギを見に行けなかったけど、今回はディープダイブ・スペシャリティーライセンスを取得したので見に行けた!」って感動してました。ゴロンタロに来るたびに40M付近にあるヤギを見に行ってるリピーターさんは「何処までも深いウォールを背に深場に行くにしたがって変化していく海の色と音・・・。これを感じるのがたまらない!」って・・・・。

サルバドール・ダリスポンジ(Salvador dal sponge)、サンゴ、地形と海に差し込む光り、何処までも深いウォール・・・・これらを語ったら何日あっても足りないかも?ゴロンタロの海って魅力的で毎ダイブ色々な顔を見せて我々を楽しませてくれます。

今回の私の反省点は「久々に使用するカメラは陸上だけでなく水中でもチェックしていくこと!」。何故かワイドレンズ(フィッシュアイ)が水中で作動しなかった・・・陸上ではOKなのに何故か水中だとシャッターが切れない・・・あんなに大きなカメラを持っていって使えないとは!超悲しかったなぁ~・・・・・。

ランチェさん(Rantje)の写真。サルバドール・ダリスポンジ(Salvador Dali sponge)と記念撮影!

た会う日まで「ゴロンタロ!」& ありがとうみんな!ゴロンタロの海、次はどんな感動を我々に与えてくれるのかな?次のツアーは来年の4月!

ゴロンタロの海は穏やかで透明度も良いです。初心者の方から上従者の方まで誰でもダイビングを楽しむ事が出来ます。シュノーケリングも楽しいしレベル高いです!

ゴロンタロと言うと「ワイド撮影」という印象がありますが、マクロも十分楽しめます。

安全面に対しても十二分に気配りが行き届いてます。まったり・のんびり・ストレスフリーでダイビングを楽しみたい方にお勧めです!