【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

トランベンで沈船ダイビング!|初めてのバリ島ダイビングで外せないポイント

バリ島トランベン、沈船リバティ号でダイビング

はじめてバリ島でダイビングする方には外せないのが、トランベンにある「リバティ・レック」ポイント。

全長約120mのリバティ号が、ビーチからわずか30m先水深5㎡から横たわっているんです。

世界で一番手軽に「沈船ダイビング」が楽しめるポイントです。

1963年に沈んだ全長120mのリバティ号。
船の形は崩れているものの、ここに住みつく魚の種類と量は半端ないです。

目次

今日の「沈船リバティ号」でのダイビングの様子(動画)

MAX DIVEのYoutubeチャンネルはこちら

沈船の周りをグルグル|1ダイブで全部は見切れない

リバティレック2ダイブする場合、1本目と2本目、違ったルートでダイビングをします。

バリ島トランベンの沈船リバティレックの中をグルグル探検


沈船の周りをグルグル探検。
ライトを照らし穴の中を覗いたり、沈船の骨組みを見たり、ハンドルを見たり、冒険心にかられます。

バリ島トランベンの沈船リバティレックのハンドル部分
バリ島トランベン「リバティレック」ハンドル

沈船の周りには、沢山の魚達がすんでます。

バリ島トランベンの沈船ポイント「リバティレック」で見たムスジコショウダイ
バリ島トランベン、ムスジコショウダイ

ハダハカオコゼ、サクラコシオリエビ(ピンクスクワットロブスター)、カクレクマノミ、セジロクマノミ、ハナビラクマノミ、カンムリブダイ、ササムロの群れ、キンセンイシモチの群れ、ツバメウオ、ガーデンイール、コクテンフグ、モヨウフグ、タテジマキンチャクダイ、ワヌケヤッコ、ムスジコショウダイ、アヤコショウダイ、ヤマブキスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、フジタリュウグウスズメダイ、ハナダイなどなど・・・

魚影の濃さに感動してくれました!

沈船「リバティレック」ビーチダイビングでの注意点

リバティレックポイント(沈船リバティ号)でのダイビングは、基本ビーチエントリーです。

ビーチからエントリーする場合、(基本)陸上でダイビング器材を背負い、フィンを持ってトコトコ歩きながら海に入ります。 腰ぐらいまで入ったら、フィンを付けます。

バリ島トランベン、リバティレック(沈船)ポイント

はじめてダイビングを器材を背負って歩く方は、かなり重く感じるでしょう。
そして、足場が悪いゴロタ石の上を歩くため、転ばないよう注意が必要です。

今日のように、水面が穏やかな日は楽です。
ただ、波が高い日はエントリーとエギジットの際、特に注意が必要となりいます。

脚力が弱い方や、波が高い日はガッチリサポートするのでご心配なく。

トランベン沈船リバティレックでファンダイビング
バリ島トランベン「沈船リバティレック」ポイント
目次
閉じる