【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

トランベンでマクロ、じっくり観察&しっかり撮影!

バリ島フリソデエビ
目次

トランベン周辺でマクロダイビング

今日はトランベン周辺でマクロダイビング!

トランベン周辺にはバリを代表する面白いマクロスポットが多々あります。
代表的なのが、スラヤムラスティシデム。
黒砂の上を這いつくばってダイビングをする「マック・ダイブ」
マクロから米粒ぐらいの超マクロまで、黒砂の上には沢山の水中生物達が存在するんです。

ベテランダイバーとじっくりマクロ撮影の日

今日は、マックダイブ挑戦2回目のベテランダイバーさんと、カメラ片手にムラスティへ行ってきました!

「まだ見たことのないウミウシや生物を中心にじっくり観察し、しっかり写真をとりたい」
とのリクエストにお答えします! 今日のダイビングスポット、トランベン周辺にあるムラスティまではサヌール(バリ島南部リゾート)から車で2時30分

「17時までにサヌールに戻りたい」というリクエストの為、早朝6時30分にサヌールのホテルを出発。
車の中では、今日、見る予定のウミウシや魚達を写真を見ながら説明。

アッと言う間に到着!

アグン山
アグン山

ダイビングスポットの目の前からアグン山がくっきりと見えました!
今日は、ナイトロックス使用で粘りました!
今日は水温27度。
浅場はうねりがあり、イマイチの透明度。
水深10mより深場は穏やかで良かった。

ムラスティでマクロダイブ:水中はこんな感じでした

うねりの中で見た「フリソデエビ」

フリソデエビが流されて飛ばされたのが、岩からジャンプしているように見えました。

ウサギモウミウシ
クサイロモウミウシ
ミナミアオモウミウシ
カンナツノザヤウミウシ
カラスキセワタ(ウミウシ)
ホリミノウミウシの一種
カエルアンコウ
ウミウテングの赤ちゃん

なかなか正面を向いてくれませんでした(メチャメチャ小さい)

イレズミウミヘビ
ワレカラ

ゲストさん、「ずっと米粒みたに超小さいのばかり写真にとっていたから、最後にフリソデエビを見た時、デカイ!って思った~」って笑顔!これらの写真以外に、ゲストさんは素晴らしい写真を沢山とってました!

「水中生物をじっくり観察し、しっかり写真を撮る!」

今日はとっても良いテーマでした!
またよろしくお願いします!

目次
閉じる