【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

バリ島トランベンの沈船でファンダイブ&講習

目次

トランベンに沈む沈船リバティー号でダイビング!

今日は、「沈船ダイビングがしたい」というリクエストを頂き、トランベンのリバティーポイントへ行ってきました! ファンダイビングで参加チームと、オープン・ウォーター・ダイバーコース最終日のMさんも一緒です。

バリ島南部リゾート(サヌール)からトランベンまでは車で約2時間30分。ヌサドゥア方面からだとプラス約1時間弱かかる場合もあります。バリ島って結構広いんです。

ヌサドゥア泊のお客様は朝7時にお迎え、サヌールの方々は7時45分にお迎え、全員集合したところで出発です!

トランベンに近づくにつれ、車中からの風景はドンドン変わり、海や、ライステラスなどの美しい景色を見る事ができます。そして、天気が良ければバリ島で一番高いアグン山もくっきり見られます。

トランベンのリバティー号ってどんな船なの?

まず始めに、全員で今日ダイビングを楽しむリバティー号についての説明を聞きます。

バリ島トランベン,ダイビング前のブリーフィング

トランベンのリバティーレックは、ビーチからエントリーでき、浅い場所から沈船を見る事が出来る為、「世界で一番簡単な沈船ポイント」としても有名です。

リバティー号は、アメリカの貨物船で、第1次世界大戦頃に製造されました。
1942年、第2次世界大戦中、ロンボック海峡で日本軍の潜水艦に魚雷され、トランベンの浜辺に座礁されました。
その後、1963年、アグン山の大規模な噴火により流れでた溶岩がリバティー号を水底へと押し流したのです。
全長120メートルあるリバティー号は、トランべのビーチからわずか25mぐらいの沖合にあり、水深5m~30mの所に横たわってます。
50年以上の歳月がたち、現在、はっきりとした船の形は見る事は出来ませんが、沈船の中や周りは沢山の生物達の住みかとなってます。

じっくり沈船2ダイブ!

トランベンの沈船リバティーポイント

各自、グループに分かれてブリーフィングを聞いたら、いざダイビングです!
写真のように、ビーチからエントリーします。

今日は波があまりなく、比較的楽にエントリーできました!全員カメラ片手にLets GO !

注意点(リバティー号ポイント/沈船ポイント)はゴロタ石の上を歩く為、フルフィットフィンより普通のストラップフィンをおススメします。また、波が高い場合、タイミングを見てエントリーするので、担当ガイド/インストラクターの指示に従いエントリーします。

今日のトランベン,沈船(リバティー号ポイント)でのダイビングの様子

バリ島トランベン、リバティーレック,ムスジコショウダイ
ムスジコショウダイ達がお出迎え
バリ島トランベン,リバティーレック、ウコンハネガイ
ウコンハネガイ

ピカピカ光る「ウコンハネガイ」英名はElectric Clam またの名を、Disco Clam (ディスコ)なんて面白いね!

ムカデウミウシの一種、プテラエオリディアが痛みたいです。

バリ島トランベン、gopro片手にリバティーレックでファンダイビング

GoProはかなり広角な写真や動画がとれるので、沈船ポイントにはぴったりですね!

ササムロのmむむれ群れ
バリ島トランベン,ご夫婦でファンダイビング

リバティー号はソフトコーラルに覆われ、沢山の魚が住んでます。探せばマクロも楽しいです。

バリ島トランベン,アカフチリュウグウウミウシ
アカフチリュウグウウミウシ

ベルベットの様なボディが美しいです!

バリ島トランベンの沈船・リバティー号でファンダイビング

ファンダイビングチーム、お疲れ様!
ワイドもマクロも沢山の写真を撮ることが出来ましたね~!

バリ島ライステラスで記念撮影

今日がオープン・ウォーター・ダイバーコースの最終日だったMさん。
祝・オープンウォーターダイバーです!おめでとうございます。
これから、いろいろな場所でダイビングを楽しんで下さい!

目次
閉じる