バリ島の伝統を感じる瞬間「ポトンギギ」

ダイビング仲間のお子様3人の「ポトンギギ」儀式に招待されました

「ポトンギギ」ってどんな儀式なの?いろいろ調べてみるとバリ島ヒンドゥー教の人達は生まれてから死ぬまでの間に行うとても大切な儀式です。

キラキラした豪華な伝統的な衣装を着、伝統的なお化粧?をし、1人1人ベッドに横たわり尖った歯を削ります。でも何で尖った歯を削るの?それに何の意味があるの?って不思議に思いました。バリ・ヒンドゥー教では「尖った歯を削ることによって悪の部分(欲望等)をそぎ落とす」と信じられてます。そうする事により始めて人間になるとかで・・。人によれば「日本の成人式」みたいだと説明してます。

友人の奥様いわく「もし、子供達が将来外国人若しくはバリヒンドゥー教徒以外の人と結婚した場合、ポトンギギの儀式を受けられなくなるかも知れない」と言う思いから今日の日が来るのを心待ちしていたそうです。

今回ポトンギギの儀式を見る事が出来てとても良かったです。宗教・文化は違っても 「何かを信じ、またそれを持続させていく事」はとても大切で美しい姿だと思いました。

ご招待いただきありがとうございました。