バリ島パダンバイ,マクロが面白い

パダンバイ,近場でマクロダイブ

バリ島にはいくつものマクロダイブを楽しめるダイビングスポットがあります。

マクロで有名なのが、トランベン周辺にあるスラヤ、メラスティ、シデム。

少し足を延ばせる方は、PJシークレットベイもおススメのマクロポイントで、チョット変わった水中生物達を見る事ができます。

ただパダンバイの良いところは、近い!

バリ島南部リゾート(サヌール)から、パダンバイまでは車で約1時間。

トランベンまでは約2時~22時間30分かかります。

また、パダンバイはどのダイブサイトも木製ボート(ジュプン)で10分程度の場所にあり、ダイビングポイントも近いです。

今日はそんなパダンバイでフォト派ダイバー達とマクロ三昧のダイビングを楽しんで来ました。

まずはお目当てのピグミーシーホース

先日水温がかなり低かった(21度)為、防寒対策バッチリで潜行。

なんと水温28度。

予想に反して水中は暖かい。って言うか、着すぎで暑かった~。

パダンバイのコンディションは変わりやすい

水温が高いのは有りがたい!

ただ、水中は流れありうねりあり

水温以外は、マクロ派ダイバー(特にフォト派ダイバー)にとって悪条件のオンパレード。

そんな中で、頑張って、ピグミーをじっくり観察

とっても可愛かったですよ!

これはモエビの一種だろうか?

ここまできたら、スーパーマクロの世界。

 

ヒオドシユビウミウシ

流れでユラユラ・・・

ヒオドシユビウミウシ

ペアもいました

この小さなウミウシも、流れの中、しっかりシダにへばりついてました

バリ島パダンバイ,シンデレラウミウシ

シンデレラウミウシ

とっても存在感があります!

バリ島パダンバイ,サキシマミノウミウシ

サキシマミノウミウシ

こちらも小さい

バリ島パダンバイ,モンジャウミウシ・glossodoris cincta

モンジャウミウシ/glossodoris cincta

ホウズキフシエラガイ

何ミリあるんだろう?

バリ島パダンバイ,ウミタケハゼ

ウミタケハゼ

ソフトコーラルにくっついてます。

とっても愛くるしい目をしてて可愛いです!

ピンクスクワットロブスター

スリバチカイメンのヒダの奥に隠れてますね

バリ島パダンバイ,マルガザミ

マルガザミ

英名はHarlequin swimmer crab (Lissocarcinus laevis)

イソギンチャクを住みかにするこのカニ。

英名がすごいね。

 

パダンバイを満喫!

今日のパダンバイ流れうねりのダブルパンチで写真を撮るのは大変でした

でも、水中では沢山のマクロ生物を見る事ができて、満足

パダンバイはマクロ系ダイバー、フォト派ダイバーは勿論。

体験ダイビングや初心者ダイバーの方から楽しめるポイントです。

水中には、小さな沈船や大仏像があったり、カメ、群れ、サメなども見る事が出来ます。

カメラ片手にパダンバイでダイビングを楽しんでみませんか?

良かったら、MAX DIVEのフェイスブックインスタグラムツイッターのフォローお願いします!
YouTubeには、バリ島各地のダイビングスポットでの様子をアップしてます!