バリ島パダンバイでファンダイビング

ベテランダイバーさんとパダンバイを満喫

今日はダイビング歴30年以上のベテランダイバーさんとパダンバイへ行ってきました!

サヌールからパダンバイまでは車で約1時間。

いろいろなダイビングスポットでの経験があり、カメラはフィルム時代からハウジング(F801) とニコノスVを使いこなしていたゲストさん。

車の中では、ゲストさんの世界各地でのダイビングや水中写真にまつわる面白いお話で盛り上がり、

アッと言う間

ビックリするほど早くパダンバイに到着しました。

バリ島パダンバイのビーチ

早朝から少し雨が降っていましたが、ダイビングに行く頃には太陽が現れてくれました!

今日のパダンバイ、清々しい。

今日のパダンバイ:ファンダイビングの様子

ブルーラグーンジュプンで2ダイブ

バリ島パダンバイ,ブルーラグーン

ブルーラグーン

1本目はパダンバイで人気のブルーラグーン。

真っ白な砂地のスロープ。
砂地の上や、サンゴの根、岩の周りにウミウシ、クマノミ、エビカニ類、ハゼ類、小さな魚達の群れが見られます。

今日は透明度抜群!20mは超えているのでは?

パダンバイは水温が変わりやすい。

なんと、水温21度

写真で紹介する以外に、小さな小さなヘアリーシュリンプもいました!
ロングクロウシュリンプ、オトヒメエビ、サラサエビは一か所にまとまってうじゃうじゃ・・

イソギンチャクの中には、小さなクマノミとイソギンチャクエビが共存。
沢山のイソギンチャクモエビ(通称セクシーシュリンプ)。

まだ幼魚で黒くて小さなハナヒゲウツなどなど・・・

 

潜行して直ぐ、とっても小さなピカチューウミウシを見つけました。

バリ島パダンバイ,ガラスハゼ

ソフトコーラルにいたガラスハゼ

ムカデウミウシ

ハナビラクマノミ

バリ島パダンバイ,サラサエビ

サラサエビ
一か所に沢山かたまっていました

バリ島パダンバイ,チョウチョウコショウダイの幼魚

チョウチョウコショウダイの幼魚

バリ島パダンバイ,ヘラヤガラ

ヘラヤガラ
トランペットの様に長いので、英語ではトランペットフィッシュと言います。

写真で紹介する以外に、小さな小さなヘアリーシュリンプもいました!
ロングクロウシュリンプオトヒメエビサラサエビと同じ場所ににまとまってうじゃうじゃ・・

イソギンチャクの中には、小さなクマノミイソギンチャクエビが共存。
沢山のイソギンチャクモエビ(通称セクシーシュリンプ)。

ジュプン

休憩後、2本目はジュプン

透明度も抜群
ただ、水温22度と低い

ジュプンは砂地のスロープ。水深16m~18mぐらいに小さな船が沈んでます。
ブッタの石造があったり、潜水艦に遭遇したり、面白いダイビングポイント。

バリ島パダンバイ,マダライロウミウシ

マダライロウミウシ
今回、この様なペアを数回見つけました。

その近くに、黒くれ小さなハナヒゲウツボの幼魚が元気良く、砂地から顔を出してました!

こんな感じに船が横たわってます

バリ島パダンバイ,アオスジテンジクダイ

船の中はアオスジテンジクダイの群れ

バリ島パダンバイ

こんなグロテスクなのが、船を住みかにしてました

バリ島パダンバイ,カサゴ

ゴージャスなカサゴ
ライオンフィッシュ

バリ島パダンバイ,ツマジロオコゼ

小さなツマジロオコゼ

ニシキフウライウオ(ゴーストパイプフィッシュ)
こちらも小さかったです

バリ島パダンバイ,ヤッコエイ

ヤッコエイがビューンと砂地から飛び出してきた

バリ島パダンバイ,ハコフグ

ハコフグ、キュートだね

綺麗なテーブルサンゴの上に群がるスズメダイ達を堪能し、

安全停止

水温が低く、少しブルブルしたけど、とっても楽しいダイビングでした!

バリ島パダンバイでダイビング

パダンバイの海をバックにビックスマイル

★良かったら、MAX DIVEのフェイスブックインスタグラムツイッターのフォローお願いします!
YouTubeには、バリ島各地のダイビングスポットでの様子をアップしてます!