バリのお正月 オゴオゴとニュピ

オゴオゴの翌日はニュピ

明日(3月21日土曜日)はバリヒンズー教の新年「ニュピ(Nyepi)」です。日本でいうお正月。

そして今日はニュピ前日の「オゴオゴ(Ogoh Ogoh)」です。バリ中がお祭りムードです。バリの人は各村ごとに数週間前から大きな鬼の人形(日本のねぶたみたい)をつくり、オゴオゴ当日はこの大きな人形をかついで町を練り歩きます(パレードみたいです)。今日は町のあちらこちらで大きなお供え物がみられ、バリ人の家の前には何時もと無く大きなお供え物が置かれてます。オゴオゴに向けてもう通行止めになってる場所も多々あります。スーパーは買出し客で大賑わいです。バリの人はこの大きな鬼の人形を作り→パレードし→最後に燃やす事で悪の神を祀り善と悪のバランスをとるとの事です。オゴオゴは夜中まで続き悪を追い出しニュピ(新年)を迎えます。


バリ島に来た当初は「外出できない&電気も使えない」なんてありえない!なんて不自由な日なんだ」なんて思いニュピの数日前からバリを脱出してましたが、ここ数年は「こんな日が年に一度あっても良いのではないか」って思います。バリヒンズー教の考え全てを受け入れる事は出来ませんが、尊重はします。ニュピの日の夜はバリ中の空がプラネタリュウムみたいですよ。「ニュピ」は、「静寂の日/サイレントデイ」とも呼ばれ1日中室内で瞑想し精神的な浄化をする日です。バリヒンズー教ではニュピの日には「火や電気を使わない」、「外出しない」、「仕事をしない」、「食事をしない」と決められていて、こうする事でバリヒンズー教の人達は欲望を捨て、静寂な時の中で悪霊が去るのを瞑想して待つと言われてます。ニュピの日の夜は真っ暗で今まで体験した事がない世界です。そして明日はニュピ。