【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

パダンバイでカメとダイビング

バリ島パダンバイで見たウミガメ
目次

ウミガメに会いたくて、パダンバイでファンダイビング

ウミガメはやっぱり可愛いね
今日はオープン・ウォーターダイバーさん達とパダンバイでウミガメとダイビング!
『経験本数10本ぐらいだから大丈夫かな?』って少し心配していましたが、落ち着いてダイビングを楽しめました~!

そして、ウミガメを見てテンションもウキウキ度もアップUP!

1本目:ビアス・トゥガル(Bias Tugel)、2本目:ジュプン(Jepun)

流れもなく、水温28度!ただ、透明度は10mぐらいでチョット残念。
この時期(雨季)のバリは水温は上昇、ただ、透明度は少し落ちるんです。

それでも、真っ青の空、太陽サンサンで暑い!

バリ島ダイビング,パダンバイ

ビアス・トゥガル(Bias Tugel)と言えば、このキンセンフエダイの群れ!

padang bali bali

サンゴ礁の上をこの黄色のキンセンフエダイ達が群れてます! そして、ウミガメ!

パダンバイで見たウミガメ

今日のパダンバイ、ウミガメの遭遇率が高い! 2本目のジュプンにもウミガメ!

バリ島パダンバイのカメ

今日は4回ウミガメに遭遇!ラッキーでしたね!

うれしい! ジュプンにいるサメ、

バリ島パダンバイで見たサメ

今日もいつもの場所にいてくれました。

サザナミヤッコ

パダンバイのジュプンに沈む小さな沈船の中は群れだらけ・・・そこで、ひと際目立っていたのがサザナミヤッコ
色が強烈に綺麗!

今日は見たかったウミガメ達に沢山遭遇する事が出来て、大満足のファンダイビングになりました!

バリ島パダンバイでのダイビング・・・・

バリ島のパダンバイ体験ダイビング初心者ダイバーの方から楽しめるダイビングスポットです。

南部リゾート、クタ周辺、サヌールからも比較的近く、車で約1時間。
ロンボック島やトラワンガン島へ行くフェリー乗り場もあります。

パダンバイはどのポイントも木製ボート(ジュクン)で約10分。
ダイビングスポットごとに違った特徴があり、水中で様々な体験ができます。

また、ダイビングの休憩中にシュノーケルを楽しむこともできます!
パダンバイでダイビング、シュノーケルを楽しんでみませんか?

目次
閉じる