【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

トランベンでギンガメの群れ

バリ島ダイビングトランベン:ギンガメトルネード
目次

初・TG5」・「初マクロダイビング」スラヤで待っていた大ボーナス

今日はダイビング女子さんと2人でトランベンでのんびりダイビング。

参加前のメールで、

「TG5を買ったけど、いまいち、まだ使い方に不安があるんです」・・・

とおっしゃっていたので、今日は水中写真の練習も兼ねて、ゆっくり&じっくりスラヤで3ダイブです

サヌールからトランベンまでは車で約2時間。
今日、初めてお会いしたとは思えないぐらい会話がはずむはずむ!

マクロダイブ(マックダイビング(Muck diving))は初めてということで、ウキウキ度もMAX!

バリ島ダイビング:スラヤビーチ

あっという間にスラヤに到着。
トランベン付近にあるスラヤはバリ島を代表するマクロ(マックダイビング)・ポイント
マクロ派フォト派ダイバー達に超人気のダイビングサイトなんです。

今日のスラヤでのダイビングの様子はMAX DIVEYouTubeにアップしてます!

まずはピグミーシーホースがいる水深27mあたりに直行!

ダイビング女子さん、初・ピグミーです!ゲストさんが写真を撮ってるようす。

一生懸命、ピグミーの写真を撮ってます。
(ゲストさんの写真を後で確認したら、ピグミーのシッポがクルリとヤギに絡まっているところまでシッカリ写真がとれてました!)TG5の顕微鏡モード、スゴイ!

バリ島ダイビング:スラヤ:クチナシイロウミウシ
クシナシイロウミウシ
ソヨカゼイロウミウシ

黒砂の上にカラフルなウミウシ達。スラヤにはウミウシが沢山います!

バリ島ダイビング:スラヤ:ハーレクインシュリンプ:フリソデエビ
フリソデエビ
バリ島ダイビング:スラヤ:フリソデエビ
フリソデエビ

バリ島のスラヤと言えば、フリソデエビ。

タテジマキンチャクダイの幼魚
タテジマキンチャクダイの幼魚

普段は伊豆をホームグランドにしているダイバー女子。タテジマキンチャクダイの幼魚を見て「可愛い!」って

バリ島ダイビング:スラヤ:レンゲウミウシ
レンゲウミウシ
バリ島スラヤ:ヒラムシ

ゲストさん:「買ったばかりのカメラ、水中写真もほぼ初めてなので不安なんです・・・」

なんて言ってたのがウソみたい。

バリ島ダイビング:スラヤ

写真をとる姿もカッコ良いよ!

バリ島ダイビング:スラヤ:オラウータンクラブ
オラウータンクラブ
カノコウロコウミウシ
カノコウロコウミウシ

オラウータンクラブかなり見にくい写真ですが、カノコウロコウミウシ。

ヘコアユ
アカホシカニダマシ
バリ島スラヤ:イレズミウミヘビ
イレズミウミヘビ
デコレータークラブ

こんな風にガイドとワンツーマンで水中写真を思う存分楽しんで頂きました!

もう、ここまで来たら「買ったばかりのカメラだし、使い方に不安がある」・・・なんて、
当初言っていた言葉はどこかへ吹っ飛んでしまいました~!良かったです!

写真撮りすぎたのか!?
最後の最後に見た黄色で小さななカエルアンコウの写真は撮れなかった~。残念。

そして今回は浅場でギンガメアジのトルネードに遭遇!

マクロダイビングの予定で砂地を這いずりまわっていたら、目の前に「ギンガメアジのトルネード」、そして遠くに「バラクーダ」大ボーナス・ダイビング!

バリ島ダイビング:トランベンのギンガメトルネード

目の前でみるギンガメアジのトルネードは迫力満点!
超ラッキー! そして、バラクーダも!

バリ島ダイビング:スラヤ

2本目が終わった頃から大雨+雷と天候は悪かったけど、
水中はとっても楽しかったです。

目次
閉じる