トランベンで講習&ファン

今日はトランベン沈船ポイント(リバティーレック)でオープン・ウォーター・ダイバーコース海洋実習と、ファンダイブ。

オープン・ウォーター・ダイバーコースはジャカルタから参加された仲良し親子。そして、ベテランダイバー達はファンダイビング!

今日で2018年も最後

みんなで楽しもう!

バリ島ダイビング:タコのサテ2

バリ島南部リゾート、サヌールからトランベンまでは車でで約2時間~2時間30分。

途中、ちょっと寄り道して、バリ島でも珍しタコのサテを頬張っちゃいました!

炭火で焼いたタコとピリ辛ソースの愛称が絶妙で、

癖になる味。

バリ島ダイビング:トランベンビーチ

トランベンのビーチ。

良かった~!海は穏やか、波は無し!

トランベンはボートダイビングもありますが、基本ビーチからエントリーする場合が多いので、

波があるとエントリーするのが大変な場合があるんです。

水温は28度、波なし、流れなし、透明度も15m~。今日は最高のコンディション

ブリーフィング

ダイビングする前のブリーフィングはとっても大切。しっかり聞いて、理解してからダイビングを行いましょうね!

オープン・ウォーター・ダイバー講習チーム、行ってらっしゃい!

初めて潜るバリ島の海はどんな感じかな?

落ち着いて、しっかり、ダイビングの基本スキルを身につけましょうね!

バリ島トランベン:アカハチハゼ
バリ島ダイビング:トランベン:ゴーストパイプフィッシュ

ベテランダイバーチームも沈船(リバティー)ポイントへGo!

直ぐ目についたのがアカハチハゼ。黒砂の上にこの色だから、とっても目立ってました。

そして、直ぐ近くにゴーストパイプフィッシュ。直ぐ横に小さいのもいましたよ~。

ウコンハネガイ。

英名でエレクトリック・クラム(Electric clam)。電流が走るようにピカピカひかるから、電気の貝?

これは動画で見た方が良いね!

アカフチリュウグウウミウシとセグロリュウグウウミウシ

バリ島トランベン:沈船ポイント

約60年間もトランベンの海に沈んでいる沈船(リバティー号)は、沢山の魚達の住みかになってます!

大きなスポンジの奥の方にひっそりいたピンク色のハダハカオコゼ。

バリ島トランベン:ロクセンヤッコ

悠々と泳いでいたツバメウオとロクセンヤッコ

堂々としてる!

バリ島トランベン:リバーティーレックでみたカメ

目の前に大きなカメ。

勢いよく砂地から泳いで来て、メチャメチャ近づいてきた。

カメに追突されるかと思った~

近くで写真をとっていた外人ダイバーさんもビックリ。 私の方を見て、ガッツポースのサインをしてくれました。

バリ島トランベン:フリーダイビング

ちょっと後ろを振り返ったらフリーダイバーが潜ってました。

カッコいい!

トランベンの沈船ポイントはフリーダイビングを楽しんでいる人もいるんです。

余談ですが、トランベンの沈船(リバティー号)ポイントは、世界で一番簡単に沈船ダイビングを楽しめるポイントとして知られてます。

シュノーケリングでも、体験ダイビングでも、フリーダイビングでも、ベテランも初心者ダイバーの方も、それぞれのレベルに合わせ、ちょっとミステリヤスな沈船ダイビングを経験する事ができるんです。

だから、人気があるんですね!

沈船の中も覗いてみよう!

バリ島トランベン:キンセンフエダイ

トランベンの沈船(リバティー号)ポイントで定番中の定番、

コショウダイとフエダイ

バリ島トランベンでダイビング

オープン・ウォーターダイバーコースの海洋実習初日だった仲良し親子チームも、

ファンダイビングチームも、トランベンの沈船(リバティー号)でのダイビングを満期しました!

今日のトランベン沈船(リバティー号)ポイントでのファンダイビングの様子はMAX DIVEのYouTubeチャンネルにアップしてます!ご覧ください!

良かったら、MAX DIVEのインスタグラムフェイスブックのフォローも宜しくお願いします!

2018年ありがとう&2019年もよろしくお願いします!

2018年の終わりのカウントダウンが始まりました!

今年も沢山の方々に支えられ、とても有意義な年になりました。

本当にありがとうございました!

2019年も皆様が安全で楽しいダイビングを楽しめるよう、随時初心を忘れず、バリ島でMAX頑張ります!

よろしくお願いします!