【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

バリ島パダンバイでファンダイブ

目次

初心者ダイバーにもおススメ,パダンバイでダイビング

パダンバイでファンダイブ!

サヌールから車で一時間弱。
パダンバイの港周辺以外は渋滞無し!

ただ、今日もパダンバイの港周辺は工事とロンボック島行きのバックパッカー達でごった返し。

毎日こんなに沢山のバックパッカー達がロンボック島、トラワンガン島などへ行ったら、現地は人で溢れかえっているんじゃないかな?

これは余談ですが、十年以上前のトラワンガン島は大きなホテルが一件しかなく、本当し素朴で静かな島だった。
ただ、今はホテル、レストラン、お土産物屋が沢山でき、パーティーアイランド化しているとかで?!

パダンバイの港、ストリートはこんな感じ。

人ごみを避けてとった写真(笑)

我々はジュクン(木製ボート)に乗ってダイビングポイントまで向かいます。

今朝はチョットだけ水面がチャプチャプしてる・・・

流れを避けて、1本目ジュプン、2本目はブルーラグーンでダイビング

今日の動画はMAX DIVEのYoutubeにアップしてます!
ジュプンに沈む小さな沈船、特に印象的だったコブシメ達も登場します。是非、見て下さい!

今日印象的だったのがコブシメの雄&雌

パダンバイのコブシメ
コブシメ

コブシメが3匹ゆらゆらしてました。コブシメは一夫一妻。
ペアでいるの見かけることもありますよね。でも、3匹一緒にいるって、2匹はペアで1匹はライバルか?
なんて事考えながらじっくり観察させてもらいました。あまり、近づくと色を変えて逃げちゃうからね・・・

次に印象的だったのがハダハカオコゼ

バリ島ダイビング,ハダカハオコゼ
ハダカハオコ

2ダイブで何匹みたか?よく見ると、白色のハダハカオコゼがペアでいます。
一か所に4匹もいました!

そしてダイバーみんなのアイドル「カクレクマノミ」

パダンバイのカクレクマノミ
カクレクマノミ

この写真では上手く伝わりませんが、イソギンチャクの色がパープルぽくって凄く綺麗なんです!
今日は流れの影響で大きく揺れているイソギンチャクの上を一生懸命泳いでいた感じ・・・
パダンバイではカクレクマノミ、クマノミ、ハナビラクマノミ、セジロクマノミ etc etc
沢山の種類のクマノミを見る事ができます!

最後にパダンバイと言えば・・・アカヒメジの群れ

アカヒメジの群れ

キンセンフエダイの群、コショウダイの群、沢山のカラフルな魚達・・・
この2ダイブで見たもの全部伝えたい
今日も「水中で笑顔が溢れるダイビングでした!」

2ダイブ後、今日のランチはサンドイッチとナシチャンプル

ナシチャンプルはインドネシアを代表する食べ物
バリ島に来たら是非味わってみて下さい!
個人的に、ここのナシチャンプルは盛り付け方も綺麗だし、美味しいし、大好きです

パダンバイのご紹介

パダンバイはバリの東部に位置し、南部リゾート(サヌール)から車で約一時間です。

ロンボック島、ギリ・トラワンガン島へ行くフェリーの発着所としても有名で、パダンバイの港はダイバーとロンボック行きのバックパッカー達で何時も賑わってます。

全てのダイビングポイントはジュクンという木製ボートで約15分以内の場所にあります。
パダンバイはバリ島では珍しい白砂。

代表的なポイント、ジュプンとブルーラグーンは体験ダイビング、初心者ダイバーの方から楽しむことができいます

サンゴの根の周りには沢山のトロピカルなお魚がいます。ハナダイ系、スズメダイ系、アカヒメアジ、コショウダイの群、クマノミ、カメ、カエルアンコウ、キンチャクダイ、ハダハカオコゼ、ピンクスクワットロブスター、ハナヒゲウツボ、などなど、マクロ系も楽しめます

初心者ダイバーの方でも浅場でフォトジェニックな写真を撮ることができますよ。

パダンバイ・ファンダイビング:大まかなスケジュール

  • ホテルピックアップ:サヌールの場合7時30分、スミニャック7時
  • 2ダイブ終了後、レストランでランチを食べ、ホテルまでお送りします。
  • 4時前にはホテルに到着することができるので、アフターダイブを楽しむ時間もありますよ

基本2ダイブ(オプションで3ダイブも可能)

目次
閉じる