【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

バリにマンボウシーズンがやってきました!

バリ島ダイビング マンボウ
目次

バリ島マンボウシーズン到来です

バリ島ヌサペニダでマンボウダイビング

この時期のバリと言えば「マンボウ」と言っても過言ではない。今から秋にかけてのバリは、マンボウを見る為に世界中からダイバー達が沢山集まってきます。

それだけ、バリ島の巨大マンボウは迫力満点!

通常マンボウは我々リクリエーショナルダイバーでは見る事の出来ない深場にいます。

でも、この時期になるとマンボウが流れや水温の変化によって、我々でも見られる深度まで上がって来てくれるのです。

リーフ付近で気持ちよさそうにクリーニングされているマンボウや、太陽の光を気持ちよさそうに浴びているマンボウの姿を、ダイバーだったら一度は見てみたいと思いますよね!

今年のマンボウシーズン,始まったの?

今年は少し早いね。5月ぐらいからマンボウがちらっと現れ始め、徐々にマンボウの遭遇率が高まってきてます。今から10月中旬頃まではバリで「マンボウダイビング」を楽しむことが出来ます!

バリ島のマンボウダイビングと言えば、ヌサペニダ、レンボンガン島、チュニンガン周辺でのダイビングが有名ですが、マンボウダイビングの穴場とも言えるギリ・テペコンミンパンでのマンボウ狙いダイビングもお勧めです!

ヌサペニダ・レンボンガン島周辺と比較し、ダイバーの数も少ないので、マンボウに遭遇すればじっくりとマンボウを観察することができますよ!

マンボウダイビングの注意点がしりたい

バリ島マンボウダイビングの注意点

水温が低い

ご存知の方も多いかと思いますが、この時期(乾季4月末頃~10月)、どのダイブサイトも水温が下がります
マンボウの遭遇率が高いと言われているクリスタルも水温が20度以下に下がる場合もあります。
寒さに備えてダイビングに参加することを推奨します

巨大マンボウを目の前にしたら寒さも吹っ飛ぶかもしれませんが、水中でブルブル震えるのは楽しくないですよね

ボートが揺れる

この時期は風が強い時もあり、ヌサペニダ・レンボンガン島周辺へ行くまでボートが揺れることが多いです。 
船酔いになってしまってはせっかくのダイビングも楽しめません。ご心配の方はダイビング前に酔い止を飲むことを推奨します。

カレント(流れ)と深場でのダイビング

ヌサペニダのクリスタルポイントはカレント(流れ)がある場合もあります。 
マンボウダイビングでは水深30m付近まで潜る場合もあります。
基本的にアドバンスダイバー又はアドベンチャーダイバーでディープダイブの保有者以上の参加となります。

水中でグループからはぐれないようにする

この時期は特に、水中には同じ目的をもつダイバー達が沢山います。
夢中になりすぎて、自分のガイド、バディ-、グループを見失わないようにしましょう

ガイドの支持に従う

マンボウダイビングに限らず、これは基本ですね

マンボウとダイビングする時のマナーを教えて下さい!

マンボウダイビングのNG行為
巨大マンボウを目の前にしたら、誰でも興奮しますよね。
でも、①ダイバー自信の為、②水中生物の為に、水中ではマナーをしっかり守り、責任をもったダイビングを行いましょう!

マンボウを追わない、囲まない

マンボウ(それ以外でも)はダイバーのレギュレーターからでるバブルや、多くの人に囲まれたりすることを好みません。マンボウを追いかけたり、囲ったりするのはNGです。

マンボウとの距離間を考える

マンボウがリーフ付近に現れ、クリーニングされている時は比較的ゆっくりとマンボウを見る事が出来ます。ただ、クリーニング中のマンボウはリラックスしてあまり周囲に注意を払いません。マンボウとの距離間を考えて観察しましょう。 ダイバー自ら思いっきりマンボウに近づき、リラックスしているマンボウの邪魔をするのはNGです。

フラッシュは控える

気持ちよさそうにクリーニングしている姿は絶好のシャッターシャンス。でも、あまりにも近い距離で沢山のダイバー達のフラッシュを浴びているマンボウの姿なんか想像したくないですよね。

私もマンボウダイビングに参加できるのかな?

バリ島でマンボウダイビングを最大限楽しむ為に

マンボウダイビングの参加は基本的にアドバンスダイバー以上が条件です
とってもラッキーにマンボウが浅場に来た時に偶然遭遇する場合もあります、基本的にマンボウ狙いのダイビングは、オープン・ウォーター・ダイバーでは行くことの出来ない深場(30m付近)へ行く場合もあるからです。また、カレント(流れ)が発生する場合もあるので、ある程度の経験が必要となります。

オープン・ウォーター・ダイバーで他のダイバーと同じダイビングポイントで潜る事は可能ですが、その場合はグループとは別にガイドと一緒に18mまでの深度でダイビングを行うことになります。

オープン・ウォーター・ダイバーの方で、マンボウ狙いのダイビングに参加を希望する場合は、事前にアドバンスド・オープン・ウォーターのライセンスを取得するか、アドベンチャーダイバーコースでディープダイブを取得することを推奨します。 その方がダイビングが断然楽しくなります!

今年の夏休み、バリ島でマンボウとダイビングを楽しんでみませんか?
グループ割、学割、KITAS割引などなど、お得なプランをご用意してます。お問い合わせ下さい

目次
閉じる