ダイビング、体で覚えこもう!

ダイビング、オープン・ウォーター・ダイバーコースで学んだ知識とスキルを忘れない為に出来ること

アドヴァンスド・オープン・ウォーター

ダイビング、体で覚えこんでしまおう!

よく『オープン・ウォーター・ダイバーのライセンスは持ってはいるけど、その後まったくダイビングをしていないので、全部忘れてしまったかもしれない・・・』と言う残念な声を聞きます。そして、ファンダイビング参加前にリフレッシュコースに参加される方もいます。

せっかく時間とお金をかけて習得したオープン・ウォーター・ダイバーコースの内容を忘れてしまったらもったいないです。

話はずれますが、趣味でサルサダンスを習っていた事があります。週に一度のペースで約一年間習っていなのですが、なかなか上達しませんでした。毎クラス、前回習ったステップを忘れてしまいクラスの半分は復習で終わってしまい、全く前へ進めないでいました。

そんな時、友達に「一度集中してレッスンを受け、体で覚えてしまった方が良いよ』って言われ、半信半疑で週に一度のレッスンを週三回に増やし、夜もサルサの先生につきレッスンを兼ねて踊りに行きました。 約一カ月半続けた結果、なんと驚くほど上達しました。 今はレッスンから離れ二年以上経ちますが、たまにサルサを踊りに行ってもすんなり踊れます。はじめは少し戸惑っても、数分後には驚くほど自動的に動いてます。「一度体で覚えてしまったスキルはそう簡単には忘れない」って本当です。

ダイビングスキルの上達にも共通した点があると思います。

オープン・ウォーターダイバーコースで学んだスキルを忘れない為にも、①時間をあけずにファンダイビングに参加するか、状況にもよりますが、②続けてアドヴァンスド・ウォープン・ウォーター・ダイバー(若しくはアドベンチャー・ダイバー)コースに参加し、新しい知識とスキルを身につけながら確実にダイビングの感覚を体に叩き込む方法です。

ポイントは、オープン・ウォーター・ダイバー・コースで習得した知識とスキルを忘れないうち体に叩き込み、ダイビングを体で覚える事です。一度体で覚えた事はそう簡単には忘れません。

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーコースに参加する利点

ディープダイビング PADI アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースに参加するのにアドヴァンス(高度)なスキルは必要ありません。オープン・ウォーター・ダイバーから参加できます。

アドヴァンスド・オープンウォーター・ダイバーコースはオープン・ウォーターダイバー・コースで学んだダイビングの基礎知識とスキルを元にダイビングの幅を広げられる楽しいコースです。

『ダイビングに慣れ、且つスキルを向上させる』という点ではオープン・ウォーター・ダイバーになってから時間があいてしまうより、状況にもよりますが、間をあけずにアドヴァンスド・オープン・ウォーターダイバーコースに参加されるのは良いことだと思います。

「ダイビングの感覚を体で覚える」。一度体で覚えた感覚(中性浮力、呼吸法、などなど・・・)は簡単には忘れる事はなく、ダイビングを続けて行く上で将来的にプラスになります。

また、アドヴァンスド・オープン・ウォーター・コースでダイビングの幅を広げることにより、その先のファンダイビングがより一層楽しいものになります。

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーコースは数あるアドベンチャーダイビングの中から5種類(アドベンチャーダイバーは3種類)のアドベンチャーを選択します。そのうち、①ナビゲーションと②ディープダイブ(水深30Mまで)のトレーニングは必修となります。

 

② アドヴァンスド・オープン・ウォーターコース必修、ナビゲーションスキルを磨く!

オープン・ウォーター・ダイバーコースでも基本的なナビゲーションは練習しますが、このコースではより現実的なシチュエーションに基づき、より正確にナビゲーションが出来るように練習を重ねます。

ナビゲーションは視界の悪い時やナイトダイビングでは重要なスキルであり、ダイビングを安全に楽しむ為にとても役立ちます

 

③アドヴァンスド・オープン・ウォーター必修、ディープ・ダイビングで水深18Mより深い海を満喫!

通常海外の有名ダイビングポイント(インドネシアの場合、バリ島、マナド、コモド、ラジャアンパット等々)でファンダイビングに参加する場合、アドヴァンスド・オープン・ウォーターダイバーのライセンスを求められる場合が多いです。その1つの理由として、18Mより深場に見どころがあり、通常のファンダイビングで18Mより深場へ行くからです。

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーコースで中性浮力の取り方、ナビゲーション、そして最大深度30mのダイビングを楽しむ知識とスキルを身につける事により、いろいろはダイビングポイントでダイビングを楽しむ事が出来るようになります。世界中ほとんどの海でのファンダイビングに参加する事が可能になると言っても過言ではありません。

バリ島でのダイビングに関して言うと、オープン・ウォーター・ダイバーのライセンス(最大深度18m)でも一部のポイントを除けばダイビングを満喫できます。 その場合、弊社では他のダイバーとは別のグループに入って頂くか、同じグループで参加しても別のダイブマスター(ガイド)と浅場で潜るように設定しております。ただ、せっかくバリに来たのなら出来るだけ沢山の海洋生物を見たり、日常では味わえないダイビングの世界を思う存分楽しみたいですよね!

※弊社は正規PADI5スターショップとして、ダイビングの経験本数や経験に関わらず、オープン・ウォーター・ダイバーの方を他のダイバーと一緒に水深18mより深場へお連れする事はありません。

バリで人気、アドヴァンスド・オープン・ウォーターダイバーコース

浮力コントロールアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーコースでは、必修の①ナビゲーションと②ディープダイブ(水深30Mまで)に加え、その他3つ(アドベンチャー・ダイバーは1つ)興味のあるアドベンチャーダイブを自由に選択する事ができます。

どのアドベンチャーを選択しようか迷っている方は①浮力コントロール②エンリッチド・エア・ダイバー③レック大びいんぐを推奨します。水中生物に関心がある方は『魚の見分け方』も楽しいです。

 

④浮力のコントロールをマスター

オープン・ウォーター・ダイバーコースで習得した浮力コントロールの知識とスキルを活用し、水中でもっと自由に効率よくダイビングを楽しんでみたいと思いませんか?

浮力のコントロールのスキルをマスターするには個人差があります。直ぐに感覚をつかんでしまう人とそうでない人がいます。 

大切なのは、適正ウエイトを付け、正しい呼吸、姿勢で毎ダイブ、意識しながらダイビングをし『浮力コントロールの取り方のコツをつかんでしまうことです』。頭では分かっていても、そうなかなか上手くいかないですよね。

ただ、浮力コントロールのコツさえマスターしてしまえば、水中で自由に効率良くダイビングが出来るようになるので、水中でのエア-の消費量も減り、ダイビングの楽しさが倍増するのは間違いないです。

 

⑤ レックダイビング (沈船ダイビング)

バリ島には世界中のダイバーを魅了する沈船ポイントがあります。通常、沈船ポイントというと深場でのダイビングを想像しますが、バリ島、トランベンの沈船ポイントは浅瀬から深場まで楽しめ、アドヴァンスド・オープンウォーターダイバーの講習(沈船ダイビング)には絶好のポイントです。

世界的に有名なトランベンの沈船ポイントでレックダイビングのテクニックを取得してみませんか?!

 

⑥エンリッチド・エア-ダイビング

ここ数年、バリ島でもエンリッチド・エア-でのダイビングを希望するダイバーの方が増えています。

将来、ダイブサファリやダイブクルーズに参加してみたい方にはとても有効です。

通常ダイビングで使用しているシリンダー内の空気は酸素21%、窒素78%、その他のガス1%で構成されております。

エンリッチド・エアー を使用した場合、シリンダー内の酸素密度を32%も若しくは36%に設定する為、その分体内に溜まる窒素のスピードを遅らせる事が出来ます。

 その為、1日に数本数日続けて潜られる方や、じっくりと魚の観察をしたり、水中写真を撮りたいダイバーの方に向いてます。

 ※エンリッチド・エア-(ナイトロックス)を使用するにはその使用方法をしっかりと理解した上でなければなりません。

ダイビングを生涯の趣味へ・・・

バリ ビーチダイビングはとっても楽しいリクリエーションです。また、健康であれば年齢も問いません。

もし、オープン・ウォーターダイバーコースに参加し、『ダイビングが楽しい!』と思えたら、是非、その感覚を忘れないうちに続けて下さい。アドヴァンスド・オープン・ウォーターダイバーコース終了後、『ダイビングが単なるレジャーの一つから生涯の趣味に変わった』という方は大勢います。

せっかく始めたダイビング、オープン・ウォーター・ダイバーデビュー後も続けて楽しみの輪を広げて行きましょう!

Please follow and like us: