テペコン

テペコン で大物と美しいサンゴ礁でのダイビング

tepekong schools-of-sweetlips

テペコン は豊かなサンゴ礁と直角にそびえ立つウォール、大物、群とダイナミック且つエキサイティングなポイント。地形も楽しめ、7月~10月にはマンボーも観測されています。

ケーション: バリ島の東部。クタから車で約1時間30分、サヌールから1時間、ヌサドゥアから1時間50分

ギリ・テペコン(Gili Tepekong)
ギリ・テペコンはアムック・ベイ近郊に位置します。バリ島の他のダイブサイトと違い、ロンボック海峡から直接流れが入りるため、時間帯や潮目によっては中級以上の経験者が対象となります。

潮目と条件が許せば、小さな洞窟を通り抜けウォール側で壮大な景色を堪能し、 サンゴ礁へと戻ります。 美しいサンゴ礁、バラクーダ、ホワイトチップリーフシャーク、コショウダイの群れを見ることができます。 ウミガメに出会ったら浅場へ戻り、小さなトンネルをくぐり抜けます。潮どおりが良く、通常透明度は15-30mあります。

テペコンにはキャニオンと呼ばれる上級者限定ポイントもあり、大物やマンボー、ブールシャークの遭遇率の高いポイントでもありますが、コンディションが急変する場合もあります。キャニオンでダイビングをされる際は、経験豊富なダイビングガイドと潜るようにしましょう!

通常の2ダイブの内、無理して2ダイブともテペコンで終えるよりも近隣のギリ・ミンパンと1ダイブづつ潜るのことをご提案します。

●ダイビングタイプ:ウォール、コーラルリーフ ●深度:10~25m  ●レベル:中級者~ ●透明度:15~30M ●流れ:適度~速い流れ ●アクセス:ボート ●水温26~30度 ●見られる魚:ホワイトチップリーフシャーク、ブールシャーク、カンムリブダイ、バラクーダ、エイ、コショウダイ、ナポレオン、カメ、ハタ、マンボー ●ベストシーズン:年間を通して