【当店の新型コロナ感染対策はこちらをご覧ください】:::当面、1日に受け入れ可能なお客様は2組のみになります

トランベン沈船ポイントでダイビング

tulamben-liberty-wreck
目次

トランベンのリバティーレックで一年振りにダイビング

昨年MAX Diveでアドバンス・ダイバー+ディープダイバーになったSさん。一年ぶりの再会です!

サヌールのホテルから出発して約2時間。トランベン沈船ポイント前に到着。わー、海のコンディション良いです!ダイバーチームもシュノーケリングチームも気分が高まります!

Sさん、一年ぶりのダイビング、でも、器材のセッティング忘れてません!

トランベンに来るたびに関心します。このタンク運びの女性。「技あり!」たくましいです!

ブリーフィングとセッティングが終わったらダイビング!

1本目:トランベン・沈船ポイント最大深度24.1M、44分、28度

2本目:トランベン・沈船ポイント 最大深度32M、46分、28度

今回はダイビングチームとシュノーケリングチームに分かれた為水中写真がありませんが、波なし、透明度も良好で最高のコンディション!(基本的にメインガイドはカメラを持って海には入りません)

今日もトランベン・沈船ポイントは大人気です!水中には沢山のダイバーさんがいました。でも、水深25Mを超えるとダイバーの数の減り、30M付近では静けさの中でのダイビング。ディープ・ダイバー(スペシャルティ)のライセンスを持っているSさん、水深32Mまで潜りバリ島トランベンに沈む沈船リバティー号を満喫しました!

波なし、透明度も良好!こんな日はシュノーケリングも最高でした!ビーチから25Mぐらいの場所から沈船リバティー号が横たわっています。今日みたいなコンディションの日はシュノーケリングでも十分ミステリアスな沈船の風陰気を味わう事が出来ました。沢山の魚達と大きなチンアナゴ達もバッチリ見る事が出来大満足!

目次
閉じる