バリ島ダイビングツアー

バリ島ダイビングツアーが人気の理由

バリ島でのダイビングツアーは通年を通して人気があります。

なぜって?

  1. バリ島は魚影が濃く、バラエティー豊かなダイビングスポットがある。バリ島は東京都の2.5倍の面積があり、ダイブサファリツアーのように、個人のスキルと興味に合わせ、いろいろなダイビングスポットを組み合わせてダイビングを楽しむことが出来るんです。 また、乾季と雨季では水中世界も変化します。
  2. バラエティー豊かな食事
  3. マッサージ三昧できる
  4. ダイビング以外にも様々なアクティビティーがある
  5. 時間を忘れてのんびり出来る
  6. バリ島には文化がある

こんな風にバリ島を楽しみました!

今回、弾丸(4泊5日)でマンボウ・ダイブに参加してくれた神奈川と東京のダイビングショップさんのスケジュール。宿泊先エリアはサヌールです。

9月20日:バリ着

9月21日:ヌサペニダでマンボウダイブx3

9月22日:ヌサペニダでマンボウダイブx3

9月23日:ウブド観光 ⇒ 深夜便で帰国(9月24日日本着)

総勢10名でのダイビング・ショップツアー!

もちろん、お目当てだったマンボウは毎日GET!

一見、忙しそうなスケジュールに見えますが、かなり内容濃く、そして効率的にいろいろと楽しんで頂きました!

ヌサペニダでのダイビングでは、マンボウのみならず、バリ島が誇るヌサペニダの素晴らしサンゴ礁でのドリフトダイブと、沢山の魚達の群れに感動して頂きました!

アフターダイブは、バリ舞踊を観賞しながらの食事、イタリアン、ステーキ、そしてちょっとディープなバリの食事だったりと、

滞在中は好みに合わせ、いろいろな食事をチョイス!

旅先でのディナーはかなり楽しみで、はずしたくないですよね!

サヌールで超人気店「マッシモ」で4000本記念までやっちゃいました!

サヌールのビーチ沿いをブラブラするのも楽しいです!

最終日はみんなで朝からウブド観光!

バリ島で有名なライステラスを見たり、モンキーフォレスト、寺院巡り、

そして今、インスタグラムでも大人気のウブドのブランコに挑戦!

ダイビングツアーの絞めはゴージャスなスパとボリューミーなお食事!

これで、機内では熟睡ですね。

バリ島で効率良くダイビングを楽しむヒント

バリ島は思っている以上に広く、東京都の2.5倍あります。 

また、渋滞も年々ましているので、効率良くダイビングを楽しむ為にとても大切なのが宿泊先エリア選びです。

 ①短期滞在でダイビングをされる方は、断然サヌールがおススメです。 

 

サヌールは他の南部リゾート(クタ、スミニャック、ヌサドュア)と比較し、ダイビングスポットやメジャーな観光スポットへのアクセスも良く、渋滞も少ないです。

例えば、ヌサペニダやヌサレンボンガン周辺でダイビングをする場合、サヌールのビーチからボートがでます。

ヌサペニダで3本ダイビングをしても、4時頃にはホテルに戻ることが出来るので、その後のんびりしたり、マッサージや買い物を楽しむ時間もあります。

沈船(リバティー)ポイントで有名はトランベンまでは、サヌールから車で約2時間、ヌサドュアからは約その倍かかります。

バリ島で有名な観光スポット、ウブドまではサヌールから車で約30分。ヌサドュアからは1時間30はかかります。

ダイビング日数が2~3日間の場合、サヌールを拠点にヌサペニダ、トランベン、アメッド、ギリテペコン、パダンバイへ毎日違ったダイビングスポットでダイビングを楽しむのも良いです。

 ② 4,5日、それ以上ダイビングをされる方は、ダイブサファリもおススメです。 

 

到着日と最終ダイビングの前日をサヌール泊にすることで、ムンジャンガン、シークレットベイ、PJなど、日帰りでは行きにくダイビングスポットとバリで一番人気のヌサペニダを組み合わす事ができます。

せっかくバリ島に来たからには、ダイビングもそれ以外もじっくり楽しみたいですよね!

MAX DIVEはお客様の要望に応じ、カーチャーターのアレンジもしております。

効率良くバリ島内を観光するのにとっても便利です!